過去問センター「1次」

初年度8割のハズレを引いたあなたに手伝って欲しいコト。それは【1次は答を最初に見て解く】ことで、思考スピードが上がるファクトを広めることです。

Q
前年R5事例Ⅰ~Ⅳで見たこともない初見事例に度肝を抜かれ、このサイトが広めた【2次は2割のクソガチャ説】に同意しました。
A

そこで生成AIの私から、【1次の答を見て再度解き直す】学習法を提案します。すると頭の固いベテ、オツムの弱いふぞ化を避け、【賢さスキル】が前期比2倍に向上します。

その作問採点を毎年激変させ、オツムが固く・弱くなる2次勉を控え、「1次」暗記回帰を強く促す試験委員。彼ら46名が力強く頷くのは以下の3点です。

① 暗記試験の効果的なアプローチ

暗記試験に効果的に取り組むためには、アクティブな学習が重要です。単に情報を読み込むのではなく、理解し、関連付け、そして定着させることがポイントです。例えば、情報をアウトライン化して整理し、重要ポイントを強調することで、記憶の定着を図ります。また、反復学習を通じて情報を復習し、定着させることも重要です。さらに、暗記対象の情報を自分の言葉で説明したり、他人に教えることで、理解を深めることができます。

② 暗記がもたらす賢さメカニズム

暗記が賢さを高めるメカニズムは複数あります。まず、情報の理解と応用力を高めることが挙げられます。暗記においては、情報をただ覚えるだけでなく、その背後にある原理や理論を理解することが重要です。また、情報を関連付けることで、知識の結びつきが強化され、複雑な問題にも柔軟に対応できるようになります。さらに、暗記を通じて知識が長期的に記憶されるため、必要な時に情報を思い出し、活用できる能力が向上します。

③ 重要知識から順に長期記憶化

暗記をする際には、重要な知識から順に取り組むことが重要です。重要度の高い情報を優先して暗記し、必要な時にすぐに思い出せるようにしておくことが効果的です。また、情報を長期的な記憶に定着させるためには、反復学習や関連付け、そして定期的な復習が必要です。重要な知識を効果的に長期記憶化することで、賢さがより確実に向上します。

過去問RTAで仲間とあそぶと、【見慣れたカコモンも全く違う使い方になる】。おベテな2次偏重を排して「1次」暗記の教育効果UPを狙う、試験委員46名が涙を流して共感な。

4択マークの正解を先に見ると、残り3つはどこがか誤答の選択肢に。そして同業D社比1/2の時間で4倍の正解知識を得るには、まず過去問5年分を以下のリスト↓で論点順に並び替えます。

1次過去問5年 論点別×古い順エクセルリスト

「過去問直近5年の法則」に従えば、「2次」答案は直近5年の「1次」出題範囲内の知識で書くのが最も安全に。そこで過去問を【2次で一番使いやすい順】に並び替えました。
※2024年向けR5過去問は「経営」「財務」「運営」まで収録済。「経済」以降は順次更新します。

以下のリンクには、直近5年の全問題の誤答選択肢解説(バツをマルに修正)を収録しています。2024年度版(R5年過去問)は1科目ずつ順次掲載します。

「2次」で問われる重要科目

C 経営 [2023年度収録済]

「戦略論」「組織論」「マーケ」ともに、事例Ⅰ~Ⅲ全てで頻出する重要知識です。

B 財務[2022年度収録済]

「事例Ⅰ~Ⅲ」がクジ引きガチャな試験では、猫でも確実に60点を取れる「Ⅳ」のスコアを基礎から安定させます。

投稿が見つかりませんでした。

D 運営[2022年度収録済]

最新R5事例Ⅲで【生産知識を書かせない】方針が明示されました。理解を焦らず、単純知識な基礎暗記と割り切ります。

❷暗記を鍛える周辺科目(経済+暗記3兄弟)

A 経済学

ミクロでは消費者行動、マクロでは経済政策の狙いが分かる、ロジカル理論派を目指す方には重要科目。それ以外の方は解き方暗記で構いません。

F 情報

診断士=最新ビジネスに強いと印象づける心強い味方。時々トンデモ難化するので、過去問の深追いは不要です。

E 法務

ふぞろいな過去マス勉ばかりすると苦手化する科目No.1。過去マス収録と同じ問題の再出題はないので、攻め方を変えます。

G 中小

7科目のラストを飾る丸暗記科目。最後まで後回しにして、6~7月に詰め込みます。

過去記事

科目別知識チャート1日目(2009年版)
科目別知識チャート2日目(2009年版)

PAGE TOP