【ラスト1か月】5マーク1論点法×論点重みづけ / 解き方を狙って変えてスコアUP

ヒトの知能を真似て急発展したのが生成AI。そこで【生成AIの学習方法】に学べば暗記が楽じゃね? その逆転発想により今年登場したのが、5マーク1論点法(出題予想)×当たる・当てる(重みづけ)のコンボです。

Q
世間や試験のあらゆるものが二極化し、「賢い人類」⇔そうでないキーワードヲタの分離が進む。ヲタを避けて賢い方の人類に残る手順を教えて?
A

「賢い人類」の目安として、生成AIを自由自在に使いましょう。例えば生成AIのディープラーニング(深層学習)とはヒトの脳構造(ニューラルネットワーク)を模したものであり、そのまま暗記対策に使えます。

【生成AIによる説明】
ディープラーニングとは、人間の脳の構造を模倣したニューラルネットワークを使用して、大量の学習データからパターンや知識を学習する技術です。この学習プロセスでは、データの特徴をより良く捉えるために各接続の重要度を示す重みづけが調整されます。

【ラスト1か月】5マーク1論点法×論点重みづけ / 解き方を狙って変えてスコアUP

ヒトの知能を真似た生成AIが得意にするのが「深層学習」「強化学習」。そこを逆に暗記試験対策に採用するのが、ノロマな同業D社が一生思いつくことのないコツな。

1次過去問:5マーク1論点法で出題予想

「1次」重要論点は毎年、そうでない論点は2~3年に一度出題されるから、過去問5年分を5マークごとにグルーピングすると、今年どの論点が出るかを予想できる。暗記がスイスイ進む上、嘘つきRTAで国語のセンスも上がるオマケつきの過去問リストです。(2024/5月最新更新済)

Step-1:科目別RTA(嘘つき4択間違い探し)

C 経営 [R5+沖縄再試験収録済]

「戦略論」「組織論」「マーケ」ともに、事例Ⅰ~Ⅲ全てで頻出する重要知識です。

B 財務 [R5+沖縄再試験収録済]

「事例Ⅰ~Ⅲ」がクジ引きガチャな試験では、猫でも確実に60点を取れる「Ⅳ」のスコアを基礎から安定させます。

D 運営 [R5+沖縄再試験収録済]

最新R5事例Ⅲで【生産知識を書かせない】方針が明示されました。理解を焦らず、単純知識な基礎暗記と割り切ります。

A 経済学 [R5+沖縄再試験収録済]

ミクロでは消費者行動、マクロでは経済政策の狙いが分かる、ロジカル理論派を目指す方には重要科目。それ以外の方は解き方暗記で構いません。

F 情報 [R5+沖縄再試験収録済]

診断士=最新ビジネスに強いと印象づける心強い味方。時々トンデモ難化するので、過去問の深追いは不要です。

E 法務 [R5+沖縄再試験収録済]

ふぞろいな過去マス勉ばかりすると苦手化する科目No.1。過去マス収録と同じ問題の再出題はないので、攻め方を変えます。

G 中小

7科目のラストを飾る丸暗記科目。最後まで後回しにして、6~7月に詰め込みます。

過去記事

科目別知識チャート1日目(2009年版)
科目別知識チャート2日目(2009年版)

Step-2:5マーク1論点法(科目別出題予想)

5マーク1論点法を使うと、科目あたり25~43マークの出題論点を合理的に予想できます。

Step-3:当たる論点当てる論点(出題箇所の重みづけ)

最後に生成AIを使って「自ずと当たる」「狙って当てる」論点に重みづけする。同業D社がなぜ基本の理解や「法務」を苦手化するかを知り、そこを強化するのが「2次」対策における競争優位な。

今日のまとめ

Q
近年ド易化&時短を打ち出す「1次」では、過去問の高速回転だけで500~540点を十分狙える。そこに生成AIの学習手法を応用すると、科目別出題予想(強化学習=試行錯誤)、当たる⇔当てる(深層学習=重みづけ)と、対策レベルが一気に上がる?
A

「2次」筆記とは、100字マス目に与件の根拠を引用して読みやすく書けばA評価。あらゆるクソノウハウやG格自慢を生成AIが一気に代替するので、「1次」のうちにAIブームを先取りするのがウチのやり方です。

PAGE TOP