これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。
CATEGORY

2次答案(顧客)

  • 2021年1月3日

2021年の漢字「躍」【「2次」対策の再開時期】

年に一度行われる日本の風習「書き初め」。お正月ならではの習わしです。(中略)昔の人々は毛筆で文字を書くということは今よりもずっと重要な意味を持っていたはずです。字が上手に書けることは、昔の人にとって切なる願いだったのかもしれません。字の上達を願って神様に書き初めを奉納する習わしが今日まで大切に受け継 […]

  • 2020年12月20日

【合格ご褒美】口述は2分×4問で立て板に水

画像:pixiv百科事典 和暦で生年月日と名前さえ言えば通過させる、幼稚園の入園面接より楽勝ポンチな口述試験。 例えば①受け答えに詰まる ②しかめっ面される ③助け舟が出る ④矢継ぎ早に次の質問。このショボン要素をコンプすると、折角の筆記合格が終末効果で台無しです。 【合格ご褒美】口述は2分×4問で […]

  • 2020年12月14日

ほう、今時リベンジ? そんな寝言じゃ生涯多年度【12/16(水)全国オープン口述カンファレンス】

助成金ニーズにコロナ特需と、合格枠増の条件をコンプしながら、1,175名のショボイ増加に終わった2020年の当試験。 ほう、今時リベンジ? そんな寝言じゃ生涯多年度【12/16(水)オープン口述カンファレンス】 野茂やダルビッシュは、マウンドの違いに苦心しながら、それにあったフォームへと改善していっ […]

  • 2020年12月11日

数の力と数値の力【筆記合格発表編】

そして12/20(日)口述試験は、コロナであろうが遅刻・欠席はご法度。合格浮かれポン吉になる前に、夜の街とクラスターには気をつけろ。 数の力と数値の力【筆記合格発表編】 速報まとめ~数の力と数値の力 2次の勝負は、知力・コミュ力・時の運。 では、たまたまラッキーパンチにぬか喜びの浮かれポン吉多数派試 […]

  • 2020年9月21日

【予告】逆有料採点限定50名~1週間以内返却

【予告】逆有料採点限定50名~1週間以内返却 そして昨年初めてやってみて、1人で採点・コメントできる経済的な答案枚数=50枚とわかった。そこで、今年の逆有料採点サービスの予告です。 そこでのれんバトンの様に、折角の診断士登録を1年で水の泡にしたくない、あなたのために。先日紹介した再現答案当日作成を、 […]

  • 2020年8月30日

【のれんパクリ禁止④】受験同期のベスト答案

基礎的学力の保有~読み書き+知識 合意形成=協調・傾聴・コミュ力 仕事を最後までやりきる誠実性 受験同期のベスト答案【のれんパクリ禁止④】 今日のまとめ そこでふぞ先輩にだけはなるまい! そう気づいたあなたのための③200%カンファコースは、近日募集予定です。

  • 2020年8月29日

【のれんパクリ禁止③】再現答案当日作成

ふぞろいな願望答案(いちおう先駆者) 当日再現答案(これからの主流) 遅い(嫌々作る) 早い(当日中) 高い(1.5~2.0倍盛り) 安い(本番と同じ手順で) 不味い(読みづらい) 旨い(再現性が高い) 質より量(目指せ300枚) 量より質(30~50枚) 再現答案当日作成【のれんパクリ禁止③】 ほ […]

  • 2020年8月7日

【ネット高得点答案マルバツ】第1~5問フルコンプは不要。80分では解けない「事例Ⅰ」

画像:いちあっぷ 第1~5問フルコンプは不要。80分では解けない「事例Ⅰ」【ネット高得点答案のマルバツ評価(後)】 1位 ★5票 2位 4票 3位 3票 最大の理由は、現段階は社内改革を行っている途中で、新規事業の収益確保もできていない為、役員中心の集権的体制による意思決定とリーダーシップの維持と、 […]

  • 2020年8月6日

【ネット高得点答案マルバツ】猫もカエルも合格ライン

猫もカエルも合格ライン【ネット高得点答案のマルバツ評価(前)】 そう、これまでアナログ的に言われた「訊かれたことに答える」「素直な」答案。これからデジタル化が進むと、本当に猫やカエルでも書けるようになる。 1位 ★5票 2位 3票 3位 2票 A社の企業風土は、①従来のたばこ産業は参入障壁が高く、多 […]

  • 2020年6月10日

【秋の試験を狙ったモテコーデ】今年の夏の3大スタイル

今年の夏の3大スタイル【秋の試験を狙ったモテコーデ】 80分間のドキュメントは、参考になる点が多い。 事例別の特別企画は、いつも楽しみです。 エステ様の華麗な設問解釈があれば十分では。 そして相変わらずキーワードでまとめてくるのはガチ。 あのキーワード統計と、キレイな日本語をどうコラボ? スコアがば […]

  • 2020年5月21日

【設問解釈イノベで先制パンチ】バッチ集中→分散処理へ

受験側が過去問を研究するのと同様、出題側も受験側の手口を研究する。その時最初に8割落とすターゲットに選ばれるのが、合格者様の自称多数派。そう、あのふぞ先輩です。 バッチ集中→分散処理へ【設問解釈イノベで先制パンチ】 では、①設問⇔根拠の段ズレは、なぜわかってない感=ふぞ信者と採点者に疑われるのか。ズ […]

  • 2020年5月4日

【設問解釈ドリル】TACチェック模試が良かったらしい

そこで自浄作用が働いたか、さすがに自分達の馘がヤバイとベテラン講師陣が立ち上がったか。このGWの「2次チェック模試」の出題内容は、概ね好評だった様です。 TACチェック模試が良かったらしい【+設問解釈トレーニング】 1⃣5月TACチェック模試に関する口コミ評価 2⃣スクー […]

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP