これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。
CATEGORY

1次Plan:学習計画

  • 2021年1月6日

【学習経験者限定】第1回全国公開200%フォーラム~デジタルシフトを始めよう

そこで、今年10月に再度くじを引かされる羽目になったあなたなら、ここで発想を大転換します。 最新のくじ引き結果を見ると明らかに初学優遇で、「2次」過去問の答えを覚えるベテ型努力をするほど結果が出ない。 【学習経験者限定】第1回全国公開200%フォーラム~デジタルシフトを始めよう 参加受付は当日のみの […]

  • 2021年1月2日

ロジカルとデジタル、そしてラディカル【七福神で開運招福】

仮にも難関国家資格ながら、80分で解けない事例とインチキ採点により「運ゲー」がめでたく確定した当試験。そこで今年は、東洋古来の「運」を味方につけない手はありません。 そして、七福神がカバーしないご利益がないのと同様、「1次」7科目の知識の幅は国内最強に。今年もラッキーナンバーは7で決まりです。 ロジ […]

  • 2020年4月19日

【初学+経験者】今一番知りたいQ&A

「皿回し」な奴らに負けんじゃねーぞ そう、5,000人にマストな最新キーワード統計に、ほぼ無給のボランティアで只今格闘中のふぞ先輩。でもその姿にみんなが憧れる割には、アンチが半分も。 そこで原則カコの合格体験自慢しかできない、ふぞ先輩が苦手なイマの現状分析からスタートです。 ふぞ先輩が決して書けない […]

  • 2020年4月7日

【7月「1次」試験の実施可否】不確実性にデシジョンツリー

画像:ILLUST DAYS 連日の「1次」対策良記事にほほぅと感心しながら、果たして7月の「1次」試験実施はあるかとウムム・・、なあなたのために。 不確実性にデシジョンツリー【7月「1次」試験の実施可否】 1⃣デシジョンツリーおさらい 2⃣今年の診断士試験の実施可否をケ […]

  • 2019年11月30日

過去問・予習で・INPUT【2020年合格目標・通学生向け】

【事務連絡】~札幌・仙台のコミュニティメンバー急募本日締切の【受験同期コミュニティ】申込が札幌地区3名、仙台地区2名となり、目標の4名まであと一息です。診断士へのニーズが地方にこそある流れをここで決めよう。積極ご参加をお待ちしております。 近年の試験の難化、「2次」での知識重視、独学合格率の上昇を背 […]

  • 2019年7月3日

科目合格の狙い目とリスケジュール

そもそも合格実力者をわざと落として喜ぶ「2次」試験で、誰かに教わる必勝法なんて、ある訳がない。すると先週末のTAC模試で思ったより結果が今イチ。そんな方にもチャンスが到来なのです。 この時期スクール、サークルに相談すると、全員が今年の「1次」7科目通過をオススメ。もちろん「1次」合格ならそれで良いけ […]

  • 2019年3月4日

【春爛漫のテキスト選び】スタディング標準説でアドバンテージ

【春爛漫のテキスト選び】スタディング標準説でアドバンテージ スタ☆プラにスタ☆ディング。2つの「スタ」への支持が強まると、「あれ俺が選んだテキストはこれで良かった?」 つい不安になってしまうもの。 そこでスタディング⇔自分の選んだテキストのメリ・デメを、4つのコースに分けて紹介します。おや、これは春 […]

  • 2019年2月14日

【みんなが欲しかった】低価格戦略からミライ予想

低価格はしょせん低価格。 メリットと同じ数だけデメリット。 そこそこな難関資格である当試験。4巻セット10,000円強のコスパにつられ、つい購入すると? 易しいテキスト⇔小難しい過去問の差に愕然。過去問の一部知識は非掲載。結局やり直しで非効率。でしょ?そこで来年はTAC通学クラスにいらっしゃい。 ほ […]

  • 2019年2月12日

【(TAC新作)みんなが欲しかった】4巻セット10,000円ちょいで「1次」合格?

低価格を叩くには低価格。ついにTACが本気を出した? 診断士といえば難関資格。講義週2コマ&週25hのストイック学習がマストで、それでたまたま合格20%!そんな通学スタイルが陳腐化し、スタディング(旧:通勤講座)や超速短時間合格に支持が移ると、ついにあのTACが本気を出した? TAC通学 295,0 […]

  • 2019年2月5日

【暗記→リサーチ→要するに】一発合格まとめシート(後編)でミニマム暗記

東に究極の短時間で受かる方がいれば、西に百戦錬磨で確実通過を果たす方もいる。つまり従来タイプの「合格法」を狙い撃ち合格者を多様化させる味をしめた出題側と、そこに気づいて「自分なりの工夫」がカギだと知った受験側。 すると教える側の勝手な都合で区切られた、スト生⇔経験者、通学⇔独学といった古びたスタイル […]

  • 2018年11月5日

【地方・独学者のテキスト選び】やはりTACが業界標準。+αするならこれを買え。

少しでも偉そうなことをブログに書くと、ネットの集中砲火や競合同士の足の引っ張り合い。難関試験の割には「合格サロン」「もたれあい」「ソーシャル資格」と揶揄される。そんな資格の評価を一変させたのが、ここ2年の出題姿勢や「2次」採点基準の進化です。 選ばれる付加価値を磨くには、経営を刷新し時流の先を読む。 […]

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP