【Ⅳ第4問】うほっ、ファイナンスにはハコ+グラフ

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。

情報過多の社会では、一目でわかるデザイン思考で、くっだらないほどウケやすい。超クソ真面目な学習動画で今日も朝から爽快です。

超★良問 H25第14問 CAPM(総合問題) ABランクとは
当試験において一般に学習領域またぎ(クロスオーバー)は良問とされるが、①BOX図で解くWACC ②グラフで解くCAPM(β値)を1問でカバー。これさえあればテキスト要らずとされる超良問に。(100字)
以下のデータからA社の加重平均資本コストを計算した場合、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
有利子負債額:4億円
株式時価総額:8億円
負債利子率:4%
法人税率:40%
A社のベータ(β)値:1.5
安全利子率:3%
市場ポートフォリオの期待収益率:8%。
×ア 5.8%
×イ 6.7%
○ウ 7.8%
×エ 8.3%
当問を解こうとすると自己資本コストが見当たらず、CAPMから10.5%と弾く。あとはお馴染み加重平均です。

ビジュアル解法的には、企業財務論(WACC)ではハコを描き、証券投資論(CAPM、β値)ではグラフを使う。H25第14問で、その違いが一目瞭然に。

加重平均その①(WACC)

参考問題 H28第14問 WACC (1)(2) ABランク
AB
×ア運用形態時価
×イ運用形態簿価
○ウ資本構成時価
×エ資本構成簿価
×オ調達源泉簿価
ファイナンスの世界は「時価」が全て。簿価の出番はありません。
CD
○ア節税効果1-限界税率
×イ節税効果限界税率
×ウレバレッジ効果1-限界税率
×エレバレッジ効果1+限界税率
×オレバレッジ効果限界税率
間違える方が難しいサービス問題です。
加重平均資本コスト(WACC)の計算手順に関する次の記述について、下記の設問に答えよ。
加重平均資本コストは、株主資本-自己資本/コストと他人資本コストを、その【A】に応じて加重平均することで求められる。加重平均に用いるのは、理論的にはそれぞれの【B】である。
また、他人資本コストには【C】を考慮する必要がある。具体的には、他人資本コストに【D】を乗じることで、【C 】を考慮した他人資本コストを求める。
(設問1)
記述中の空欄AおよびBにあてはまる語句の組み合わせとして最も適切なものはどれか。
(設問2)
記述中の空欄CおよびDにあてはまる語句の組み合わせとして最も適切なもの
はどれか。
H29第24問 WACC Aランク
負債と純資産の構成が2:1の企業がある。この企業の税引前負債資本コストが3%(税率は40%)、株主資本コストが12%であるときの加重平均資本コストとして、最も適切なものはどれか。
○ア 5.2%
×イ 5.8%
×ウ 6.0%
×エ 9.0%
当問を当てない人はいません。次。
R1第21問 WACC Aランク
負債と純資産の構成が2 : 1 の企業がある。この企業の税引前負債資本コストが3 %(税率は30 %)、株主資本コストが12 %であるときの加重平均資本コストとして、最も適切なものはどれか。
×ア 3.8 %
○イ 5.4 %
×ウ 7.5 %
×エ 9.0 %
2問連続で単なる加重平均の計算。次。
R3第15問 WACC Aランク

以下の資料に基づき計算した加重平均資本コストとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、負債は社債のみで構成され、その時価は簿価と等しいものとする。
×ア 6.16 %
×イ 7.68 %
○ウ 8.32 %
×エ 8.80 %
計算がやや煩雑ですが、選択肢があるので大丈夫でしょう。
R3第22問 WACC(文章題) (1)B (2)Cランク

(設問1)AB
○ア加重平均資本コストDCF
×イ加重平均資本コスト IRR
×ウ自己資本コストDCF
×エ自己資本コスト IRR
○ア一択です
(設問2)CDE
×アファンダメンタルEPSBPS
×イファンダメンタル PERPER
×ウマルチプルEPS BPS
○エマルチプルPER PER
DEは決まるので、イエの2択に絞ればOK。
企業価値評価に関する以下の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
企業価値評価の代表的な方法には、将来のフリー・キャッシュフローを【A】で割り引いた現在価値(事業価値)をベースに企業価値を算出する方法である 【 B】 法や、会計利益を割り引いた現在価値をベースとして算出する収益還元法がある。
これらとは異なるアプローチとして、類似の企業の評価尺度を利用して評価対象企業を相対的に評価する方法がある。利用される評価尺度は 【 C】 と総称され、例としては株価と1 株当たり純利益の相対的な比率を示す 【 D】 や、株価と1 株当たり純資産の相対的な比率を示す【 E】 がある。
(設問1 )
文中の空欄AとBに入る語句および略語の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
(設問2 )
文中の空欄C~Eに入る語句および略語の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

加重平均その②(期待値計算)

H29第16問 期待値 Aランク
来年度の当社の売上高は、好況の場合20億円、通常の場合15億円、不況の場合7億円と予想されている。好況になる確率が20%、通常の場合が70%、不況となる確率は10%と予想されているとき、当社の来年度の売上高の期待値として、最も適切なものはどれか。
×ア 13.8億円
×イ 14.0億円
×ウ 14.8億円
○エ 15.2億円
以下に整理し、計算して合計すると○エ15.2一択に。
好況 20×20%= 4.0
通常 15×70%=10.5
不況 7×10%= 0.7
H30第18問 期待値 Cランク

簡単な方程式を作って解くと、○ウ一択の超易問です。【方程式で解くと】
・Aへの投資比率をxと置く
・10x+20(1-x)=16 ※単位:%
・-10x=-4
・x=0.4
資産A、Bの収益率の期待値(リターン)と標準偏差(リスク)および相関係数が以下の表のように与えられているとき、資産A、Bを組み込んだポートフォリオの収益率が 16 %になるためには、資産Aへの投資比率を何%にしたらよいか。最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア 20 %
×イ 30 %
○ウ 40 %
×エ 50 %
※標準偏差、相関係数はダミー条件であり、計算に使いません。
R2第19問 期待値 Bランク
E社株とF社株の2 銘柄を用いてポートフォリオを作ることを考えている。それぞれのリターンの平均が、E社株10 %、F社株18 %のとき、ポートフォリオの期待収益率を16 %にするにはE社株の投資比率を何%にするべきか。最も適切なものを選べ。
×ア 16 %
○イ 25 %
×ウ 35 %
×エ 75 %
簡単な加重平均で○イ一択です。

❶証券市場線(CAPM・β値〜単一証券)

R2第22問 証券市場線(CAPM) Dランク
以下の文章は、資本資産評価モデル(CAPM)について説明したものである。文中の空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【A】 は、安全証券と【B 】との組み合わせによる【C】の期待値と標準偏差との関係を、【B 】との関連において明らかにするものである。しかしながら、【A】 の対象は【C】 に限定されるから、それ以外のポートフォリオや証券について、その期待収益率とリスクとの関係を【A】から知ることはできない。それを明らかにするのが【D】 であり、資本資産評価モデル(CAPM)にほかならない。
解答と解説
ABCD
×ア資本市場線効率的ポートフォリオ市場ポートフォリオ証券市場線
○イ資本市場線市場ポートフォリオ効率的ポートフォリオ証券市場線
×ウ証券市場線効率的ポートフォリオ市場ポートフォリオ資本市場線
×エ証券市場線市場ポートフォリオ効率的ポートフォリオ資本市場線
証券市場線⇔資本市場線の違いは、テキスト読んだり、計算問題を何度解いても頭には入らない。復習→なぜ?→自分の言葉に直して初めて当たる、正答率Dランクです。
参考問題:H28第12問 CAPM (1)(2)ABランク
資本資産評価モデル(CAPM)に関する設問に答えよ。
(設問1)
 資本資産評価モデルを前提とした場合の記述として、最も適切なものはどれか。
×ア β=-1である資産を安全資産と呼ぶ。
○イ β=1であるリスク資産の期待収益率は、市場ポートフォリオの期待収益率と同じである。
×ウ β=2であるリスク資産の予想収益率の分散は、β=1であるリスク資産の予想収益率の分散の2倍である。
×エ 市場ポートフォリオのリターンが正のとき、β=0.5であるリスク資産の価格が下落することはない
アは×ー1→○0、ウは×分散→○標準偏差、×エは(2証券の組み合わせ次第なので)→○下落しないことはない。
(設問2)
資本資産評価モデルを前提とした場合、以下の資料に基づく株式の期待収益率として最も適切なものを、下記の解答群から選べ。
【資 料】
市場ポートフォリオの期待収益率:8%
無リスク資産の期待収益率:3%
β:1.4
実効税率:40% ←計算に使わないダミーデータ
×ア 4.4%
×イ 7%
○ウ 10%
×エ 11.2%
β値による超定番の計算問題。ここもあえて説明省略します。
H29第20問 CAPM Bランク
CAPM が成立する市場において、マーケット・ポートフォリオの期待収益率が6%、安全利子率が1%のとき、当該資産の期待収益率が 10 %となるベータ値として、最も適切なものはどれか。
×ア 1.5
〇イ 1.8
×ウ 2.0
×エ 3.0
これは簡単。 さっさと当てます。
(参考)H26第19問 CAPM(総合問題) ABランク
A社の配当は60円で毎期一定であると期待されている。このとき、以下のデータに基づいてA社の理論株価を算定した場合、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【データ】
安全利子率:2%
市場ポートフォリオの期待収益率:4%
A社のベータ値:1.5
×ア 1,000円
○イ 1,200円
×ウ 1,500円
×エ 3,000円
配当割引モデルの株価1,200円=配当額60円/期待収益率5%。この5%を決めるのがβ値の役割です。

❷資本市場線(ポートフォリオ理論〜2証券)

H29第23問 資本市場線(2証券ポートフォリオ) Dランク
最適ポートフォリオの選択に関する次の文中の空欄A〜Cに当てはまる用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
危険資産と安全資産が存在する市場では、どのような投資家であっても、選択されるポートフォリオは【A】上にある。これは、選択可能な危険資産ポートフォリオの組み合わせは無数に存在するが、選択される危険資産の組み合わせは、【A】 と危険資産ポートフォリオの【B】 が接する点に限られることを意味している。
【C 】に左右される部分は、この唯一選択される危険資産ポートフォリオと安全資産への投資比率の決定のみとなり、危険資産ポートフォリオ自体の選択は【C】 とは別に決定される。
解答と解説
ABC
○ア資本市場線有効フロンティア投資家の効用
×イ証券市場線無差別曲線投資のリターン
×ウ無差別曲線資本市場線投資の効率性
×エ有効フロンティア証券市場線投資のリスク
×イウエどれも正解っぽい難問なので、慌てず○アを選び、テキスト代わりにインプットを。
参考問題:H28第18問 ポートフォリオ(資本市場線) (2)ABランク
以下のグラフは、ポートフォリオ理論の下での、すべてのリスク資産と無リスク資産の投資機会集合を示している。これに関して、下記の設問に答えよ。
(設問2)
 無リスク資産が存在する場合の記述として最も適切なものはどれか。
×ア 均衡状態においては、すべての投資家が所有する危険資産と無リスク資産の比率は同じである。
×イ 資金の借り入れが、無リスク資産利子率において無制限に可能である場合、投資家は D-E 間を選択せず、F-D 間から各自のリスク回避度に応じてポートフォリオを選択する。
×ウ すべてのリスク回避的な投資家は無リスク資産のみに投資する。
〇エ 点 D を選択する投資家も存在する。
アは×危険資産と無リスク資産の比率→〇リスク資産AとCの組み入れ比率、イは×選択せず→○選択できる、ウは×すべての→○一部の。
H30第17問 ポートフォリオ(資本市場線) Bランク
以下の図は、すべての投資家が共通して直面する危険資産のみから構成される危険資産ポートフォリオの集合を示したものである。この図を用いた説明となる以下の文章の空欄①と②に入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ
危険資産のみから構成されるポートフォリオの集合のうち、リスク・リターンの面から望ましい組み合わせのみを選んだ曲線 AC を ① と呼ぶ。安全資産と曲線 AC 上の任意の点Dで新しいポートフォリオを作ることにした。
このとき、新たなポートフォリオのリスク・リターンの組み合わせは安全資産と点Dを結ぶ直線で示される。安全資産と曲線 AC 上の任意の点で作られる最も望ましいリスク・リターンの組み合わせを ② と呼ぶ。
×ア投資機会集合資本市場線
×イ投資機会集合証券市場線
○ウ有効フロンティア資本市場線
×エ有効フロンティア証券市場線
当問に肝心の資本市場線を補うと、こう↓。
※よく見るこの図は、3~Ⅳ証券のポートフォリオ(効率的フロンティア)です。
(参考問題)H26第18問 相関係数(β値・共分散) DEランク
A証券および市場ポートフォリオの収益率に関する以下のデータに基づいて、A証券のベータ値を計算した場合、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア 0.4
×イ 0.5
○ウ 0.8
×エ 2
一見簡単そうに見えて解けない超難問ですが、結論だけ説明すると以下の図に↓。そして標準偏差=必ずプラス、共分散=マイナスありと覚えると、次のH28第15問を解けます。
参考問題:H28第15問 相関係数 (1)DEランク (2)Cランク
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
現在、3つの投資案(投資案 A〜投資案 C)について検討している。各投資案の収益率は、景気や為替変動などによって、パターン①〜パターン④の4つのパターンになることが分かっており、パターンごとの予想収益率は以下の表のとおりである。なお、この予想収益率は投資額にかかわらず一定である。また、各パターンの生起確率はそれぞれ 25 % と予想している。
(設問1)
 投資案Aおよび投資案Bの予想収益率の共分散と相関係数の組み合わせとして最も適切なものはどれか。
共分散相関係数
○ア-15-0.95
×イ-150.95
×ウ15-0.95
×エ150.95
当問はとても手計算できませんが、理論のとんちで当たります。
①投資案A⇔Bは値動きが逆→ -1<相関係数ρ<0に。
②相関係数マイナスなら、共分散もマイナス。→○ア一択に。
(設問2)
投資案Aおよび投資案Cに関する記述として最も適切なものはどれか。
×ア 投資案Aと投資案Cに半額ずつ投資する場合も、投資案Cのみに全額投資する場合も、予想収益率の分散は同じである。
×イ 投資案Aの予想収益率と投資案Cの予想収益率の相関係数はである。
×ウ 投資案C予想収益率の期待値は64%である。
○エ 投資案Cの予想収益率の標準偏差は、投資案Aの予想収益率の標準偏差の2倍である。
アは×同じ→○異なる、イは×相関係数は最大で1、ウの×64%では儲かりすぎ。
H29第19問 相関係数 Bランク
A、B の2つの株式から構成されるポートフォリオにおいて、相関係数をさまざまに設定した場合のリターンとリスクを表した下図の①〜④のうち、相関係数が-1であるケースとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア ①
×イ ②
×ウ ③
〇エ ④
共分散、相関係数の計算は分数パターンですが、試験対策上は図をイメージできれば大丈夫。
R1第17問 相関係数 Aランク
ABCD
×ア相関係数-1大きくゼロ
○イ相関係数+1小さく-1
×ウベータ値ゼロ大きく+1
×エベータ値+1小さく-1
確実に○イ一択。では×ウエの「β値」とは? と思うか否かが、のれんバトン⇔デジタルシフトの違いです。
次の文章は、X、Yの2 資産から構成されるポートフォリオのリターンとリスクの変化について、説明したものである。空欄A~Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
以下の図は、X、Yの2 資産から構成されるポートフォリオについて、投資比率をさまざまに変化させた場合のポートフォリオのリターンとリスクが描く軌跡を、2資産間の【A】 が異なる4 つの値について求めたものである。
X、Yの【A】 が【B】 のとき、ポートフォリオのリターンとリスクの軌跡は①に示されるように直線となる。【A】 が【C】 なるにつれて、②、③のようにポートフォリオのリスクをより小さくすることが可能となる。
【A】 が【D】 のとき、ポートフォリオのリスクをゼロにすることが可能となり、④のような軌跡を描く。

❸おまけ:リスクその他(学習不要)

参考問題:H28第11問 効用関数(経済学) Cランク
リスク中立的な投資家リスク回避的な投資家
○ア
×イ
×ウ
×エ
×オ
リスク中立=①はわかります。②⇔④の違いはやや捻っているので、苦手な方は当問は解かなくてOKです。
リスク中立的な投資家の効用関数のグラフとリスク回避的な投資家の効用関数のグラフの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
H30第16問 効用関数(経済学) Cランク
×アAシステマティック・リスク非システマティック・リスク
×イA非システマティック・リスクシステマティック・リスク
×ウBシステマティック・リスク非システマティック・リスク
○エB非システマティック・リスクシステマティック・リスク
正解は〇エ一択。繰り返し出るので、暗記します。
分散投資によるポートフォリオのリスク減少の様子を示した以下の図と、図中の①と②に当てはまる用語の組み合わせのうち、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
R1第13問 効用関数(経済学) Bランク
以下の図は、横軸にリスク、縦軸にリターンを取ったリスク・リターン平面上に、資産Aから資産Dのそれぞれのリスクとリターンをプロットしたものである。
このとき、図中にある無差別曲線を有する投資家が、保有する際に最も望ましいと考えられる資産として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
○ア A
×イ B
×ウ C
×エ D
無差別曲線は、等高線と同じく交わらない。左上のライン上にいるほど満足です。

ROA・ROE・ROIC

H30第21問 ROA・ROE (1)C (2)Bランク
 以下の損益計算書について、下記の設問に答えよ。
なお、当期の総資産は1,500百万円(=有利子負債1,000百万円+株主資本500百万円)とする。また、当社ではROAを営業利益÷総資産と定義している。
(設問1)
 営業利益は経営環境によって変動する。したがって、投下資本を一定とした場合、それに応じてROAも変動する。ROAが15%に上昇した場合、ROEは何%になるか。最も適切なものを選べ。
×ア 17%
○イ 21%
×ウ 35%
×エ 39%
ROEの公式を覚えていれば代入して、ROAが10%→15%のとき、ROEが12%→○イ21%に跳ね上がると納得。ついでに(設問2)で○ウ負債比率を選びます。
(設問2)
 ROAの変動に対してROEの変動を大きくさせる要因として、最も適切なものはどれか。
×ア 安全余裕率
×イ 売上高営業利益率
○ウ 負債比率
×エ 流動比率
ROEの公式が「Ⅳ」でもし出ると、覚えていないと一発OUTに。公式は暗記で、公式を導出できればベストです。
R1第19問 ROE Bランク

アは×WACC→○1/PER (PERの逆数)、ウは×PER→○PBR、エは分数の意味を聞いているだけで、×小さく→○大きくです。

今日のまとめ

受験2年目ファイナンスは、「Ⅳ」企業価値出題用に
イケカコ莫迦がはびこる通り、NPV⇔DCFの違いを自分の言葉で説明できる人材はほぼゼロ。そこでファイナンスをぐるり一巡させれば、不合格リスクの下げ方も自然と身に付く。(100字)
Q
イケカコを例え何十回転させても、企業価値の話はP.111の4行限り。こりゃ今年の「Ⅳ」第3問は企業価値、第4問ポエムはファイナンスを想定するのが、ガチの本命?
A

うほっ、WACCならBSのハコを描き、CAPMやβはグラフで解ける。それに配当割引モデルさえ足せば、ファイナンスの解き方はデザイン一つで一目瞭然です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。