I事例Ⅱ

【事例Ⅱマーケ編】A・Iが止まらない / 国語の試験はAIブーム(一問一答)

2024/6/16

勉強もダメ運動もダメ、同級生にはからかわれ、ついてないことばかり。もちろんモテない16才の高校生神戸ひとし。彼にはたった一つ、コンピュータプログラムの特技があり、人工知能 (A・I) のプログラムを作っていた。その中で最も優秀なプログラムが・・。 生成AI自ら激白! 「2次」100字マス目にAIブームが来る理由3選 ①マス目の読みやすさ ②文章が破綻しない一貫性 ③採点係の期待に応える 生成AIは、文章を簡潔で明瞭にするために役立ちます。複雑な専門用語や冗長な表現をシンプルでわかりやすい言葉に置き換えるこ ...

ReadMore

D運営

【運営・生産業務/システム】Ⅲパターン決め付けの無効化 / 当たる論点当てる論点

2024/6/15

出題領域で見るR5「Ⅲ」難化~過去問で出題してきた「生産管理」をほぼ問わず、時事問題のランダム出題に 【運営・生産業務/システム】Ⅲパターン決め付けの無効化 / 当たる論点当てる論点 Step-1:出題領域分析~事例Ⅲのパターン決め付けに無効宣言 想定第2問 商品開発・企画 想定第3問:基本の生産管理 想定第4問:時事問題+システム 企業の競争力を高めるための商品の開発や企画に関する問題は、今後も出題が続くでしょう。 日程管理、調達管理、工数計画などの基本的な生産管理知識は引き続き重要視されます。 食材高 ...

ReadMore

K事例Ⅳ

【猫でもわかる】おベテがⅣでループする理由 / 計算偏重の怖さを仕繰・繰仕の例で

2024/6/14

①商簿精算表では「仕繰・繰仕」 ②工簿を学ぶと「期首と期末の仕掛品」 ③工簿仕訳は貸方→借方に振替 商業簿記の決算整理仕訳の一つに「仕繰・繰仕」があります。これは、売上原価を確定するための仕訳であり、具体的には以下の仕訳です。 工業簿記では、仕掛品のボックス図を使って原価計算を行います。ボックス図を何度も練習すると、以下の点に気づきます。 工業簿記の仕訳は右側(貸方)の金額を左側(借方)に振り替える形になっています。 仕入 / 繰越商品 (期首商品棚卸高の繰越)繰越商品 / 仕入 (期末商品棚卸高の計上) ...

ReadMore

1次Action:スコアUP策

【2次に備えてAI活用】AI利用でラクラク暗記 / 難関国家試験対策で初?

2024/6/13

生成AI自ら激白 ~暗記試験に生成AIを使う利点3選~ ①すぐわかる ②よくわかる ③忘れにくい 1)学習中に出た不明点をその日の最後に生成AIに質問し、一問一答式の履歴を作ります。 1)覚えたい一つの用語につき、いくつか視点を変えて質問します。 1)質問をする際に、自分の知っている別な知識を前提として書き込みます。 2)明らかに正しければすぐ納得し、どうもおかしければ付箋を貼って次回に回します。 2)多角的な視点からの理解が深まり、応用力と独自の洞察が向上します。 2)一つの知識に別知識がつながるほか、 ...

ReadMore

D運営

【運営・基本用語】どんな用語も整理整頓5選 / 当たる論点当てる論点

2024/6/12

例えば「生産管理」の基本用語は、予め覚えやすい語呂などに工夫されている。ここを「まず暗記」→「繰り返し使って理解・定着」するのが、理想の覚え方です。 5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾) 3S(標準化・単純化・専門化) PQCDSME 整理: 不要なものを取り除く。整頓: 必要なものをすぐに取り出せるように配置する。清掃: 職場を清潔に保つために掃除する。清潔: 清掃の状態を維持する。しつけ: これらの活動を習慣化する。 標準化(ヒョウ): 作業手順を標準化し、全員が同じ方法で作業できるようにする。単純化( ...

ReadMore

★To-Be目指す答案

【Ⅲ対策は後回し】事例の着手はⅣ→Ⅱ→Ⅰ→Ⅲ / 定性×定量分析スキルミックス

2024/6/11

着手順①Ⅳは猫でも60点 〃②事例Ⅰ・Ⅱは国語の試験 〃③Ⅲは後方待機で大捲り 明確な正解:事例Ⅳの計算問題は、必ず正解が一つに決まります。定量的な問題を解くことで、学習の成果が明確に分かり、自信を持って進めることができます。 最初は定量化:国語の試験と言われる「事例Ⅰ」「Ⅱ」対策では、その読み書きに深入りする前に、出題傾向や頻出キーワードの定量分析から入りましょう。 Ⅲは定性×定量分析:「事例Ⅲ」の位置づけを、「Ⅰ」の定性分析をなるべく定量化、と考えます。このとき「Ⅳ」で定量、「Ⅰ」「Ⅱ」で定性分析力を ...

ReadMore

D運営

【「運営」計算問題】データモデリングスキル5選 / 当たる論点当てる論点

2024/6/10

①多様化社会はデータドリブン ②ITコストが低下しスピード経営 ③定性を定量化するdata modeling 価値観の多様化が進む中、企業が顧客の多様なニーズに対応し、マーケティングや製品開発の精度を高めるためにデータドリブンなアプローチが欠かせなくなりました。顧客の購買履歴やフィードバックを数値化して分析することで、より個別化されたサービスや商品を提供した企業が勝ち残るのです。 クラウドやAI技術の進化により、データ処理や分析のコストが大幅に低下しました。この結果、企業は低コストで高度なデータ分析を利用 ...

ReadMore

1次Action:スコアUP策

【7月先取り学習】1週間で1科目→1週間で7科目→2日で7科目 / 交互配置で深層強化

2024/6/9

「情報」で学ぶメモリインターリーブでは、情報をあえて分散配置して同時に呼び出すことで、処理速度を上げる。 効果①エラー耐性 ②キャッシュ効率 ③データをストリーミング CPU処理:データを交互に配置することでエラーが発生した際の耐性を向上させます。例えば、ハードディスクの読み書きエラーが発生しても、データが連続して失われるのを防ぎます。 メモリ管理において、異なるメモリブロックを交互にアクセスすることで、キャッシュメモリの効率が向上し、パフォーマンスが向上します。 映像技術のようにデータを交互にストリーミ ...

ReadMore

B財務

【当てるファイナンス】財務足切り回避5選 / 鉛筆転がす会計規則

2024/6/8

生成Aiに教わる~勉強中に鼻の下に鉛筆を挟む理由~ ①ストレス軽減 ②集中力の構築 ③習慣的な行動 勉強中に感じるストレスやプレッシャーを和らげるための行動です。何か面白いことをして気分をリフレッシュしようとする一環として、鉛筆を鼻の下に挟むことがあります。 長時間の勉強や難解な問題に直面したとき、鉛筆を鼻の下に挟むなどの些細な行動を通じて、一時的に気分転換を図り、再度集中力を高めようとします。 子供の頃に友達や周囲の人が同じ行動をしていたことを見て、それが無意識に身についている場合があります。これを同一 ...

ReadMore

C経営

【事例Ⅰは大荒れ確実】組織構造論・行動論 / 当たる論点当てる論点

2024/6/7

①働き手の不足 ②人的資本経営の推進 ③労働生産性の向上 例題:中小製造業A-1社は、近年の深刻な働き手不足に直面しています。特に技術職の人材確保が難しく、生産性が低下しています。この状況を打開するために、組織全体の生産性向上を目指した組織改革を検討しています。 中小ITサービス業A-2社は、人的資本経営の重要性を認識し、従業員のスキルアップとキャリア開発を企業成長の柱としています。しかし、具体的な施策が不足しており、従業員の離職率が高まっています。 中小小売業A-3社では、生成AIを活用して業務の生産性 ...

ReadMore

PAGE TOP