これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。
CATEGORY

I事例Ⅱ

  • 2020年12月28日

【3年ふりだし組】マーケの心理学を学び、競争相手をコロコロ手玉に:「1次」スピテキ(Ⅱ)

画像:SoundCloud ※環境により音が出るので注意 要らない子作品などで存在感がない、または必要ないと思われるキャラクター。 出典:pixiv百科事典 【3年ふりだし組】マーケの心理学を学び、競争相手をコロコロ手玉に:「1次」スピテキ(Ⅱ) 邦彦の作問にしては、R2はチャネルの知識(第2問)で […]

  • 2020年12月6日

ハーブのX島は与那国で、Z社は資生堂【受験同期のベスト答案(Ⅱ)】

皆さんこんにちは。長命草生産農家の杉本和信です。(中略)長命草は、南国沖縄の「与那国島」で、人々の食生活や祭事に欠かせない貴重な植物として、500年の間守られ続けてきました。長命草の魅力は、与那国島の自然の中で最も厳しい環境である海岸沿いの断崖絶壁で、たくましく生息していることです。 出典:与那国薬 […]

  • 2020年10月27日

【事例Ⅱモデル答案】島興しを目指し、成熟期からの事業見直しを図る農業法人

画像:NIKKEIスタイル え、なぜ昨日で締め切り? そりゃ今から再現されるのは、①ネットや周囲の影響もろ被りの願望答案であり、②合否検討上のノイズでしかないから。では既にマイ再現答案を携えたあなたのために、「Ⅱ」モデル構文例です。(100字) 島興しを目指し、成熟期からの事業見直しを図る農業法人【 […]

  • 2020年9月5日

【今年は誰が「Ⅱ」を作問?】レイヤー×R2過去問

そう。Zoomに代替された井戸端会議、インバウンド客ゼロの市内旅館、3密接客ネイルサロン。クニヒコの助言は、ハズレばっかり。 今年は誰が「Ⅱ」を作問?Ⅱレイヤー+知識 7,700人全員から、マーケをまともに学ぶ気を奪ったクニヒコのチョンボをカバーする、次の「Ⅱ」作問係は誰かな? 今日はそんな視点で、 […]

  • 2020年5月27日

【設問解釈トレーニング(Ⅱ)】要求知識は大学生レベルのフレームワーク

但し次もクソ事例なら、今年はホントに丸刈り決定。元記事:イワサキクニヒコは丸刈りの刑 嘗てのスモールマーケ第一人者の名声から、クソなダナドコ事例の5年連続出題で、史上最低作問者まで一気に評価を落としたイワサキクニヒコ試験委員。 ソサエティ5.0、SDGs、DX、デジタルマーケが全盛の時代に。それなの […]

  • 2020年5月16日

【事例Ⅱの想定読み】ソサエティ5.0がやってきた

デジタルマーケの時流に遅れたイワサキクニヒコ氏は、今年ここに目を付ける? ソサエティ5.0がやってきた【事例Ⅱの想定読み】 1⃣マーケティングの新常態(ニューノーマル)はどっちだ? コロナ禍でZOOMがブームになると、いつでもどこでも情報が手に入り、誰もが「情報強者」になる時代に。する […]

  • 2020年4月18日

【ダナドコが出たらイタダキ】猫でも取れる「Ⅱ」の60点

世の中に、デジタルマーケがやってきた。 ダナドコが出たらイタダキ【役立たずは丸刈りの刑】 1⃣ダナドコ「事例Ⅱ」の限界~身近な「来店客」しか捕まらない イワサキクニヒコ氏のくっだらねえダナドコ事例に、どう待ったを掛ける? R1:季節感ある高度な施術で定期来店を目論むネイルサロン H30 […]

  • 2019年10月22日

【コピペ時代の得点差(Ⅱ)】季節感ある高度な施術で定期来店を目論むネイルサロン

昨年と全く逆を書きますが、①再現答案を作り ②スクール解説会巡りをし ③自分の合格期待値が2~5割のどこかと目安がついたら。 それでは話題のネイルサロン。コピペ答案時代の「事例Ⅱ」の点差を探ります。 【コピペ時代の得点差(Ⅱ)】季節感ある高度な施術で定期来店を目論むネイルサロン スクールによる超絶理 […]

  • 2019年10月17日

【2020年合格目標】知識のⅡ対策

※以下、【2020年合格目標】本文です。 イマ、マーケや価格が面白い それではマーケの勉強を始めよう。知っていることばかりで暗記が少ないので、「自分の知ってる」を学問の流れに載せて、いつでもすぐ使える様に整理することがポイントです。 知識のⅡ対策 今日のまとめ うふふ、それもマーケで学べます。 働き […]

  • 2019年8月25日

【事例Ⅱの歴史】まぁ、ちょっと落ち着け(事例Ⅱ)

今からでも間に合います! 標準150h、最短50hで合格実力に達し、わからないことは周囲に尋ねるコミュ力でスコアを一直線に伸ばす。もちろんそんな方ばかりじゃないけれど。 そこで受験経験者のあなたなら、ブログの毒にはブログを以て制しよう。アンチ一発合格を公言するHAKS氏の「事例Ⅱ」トークの再掲で、こ […]

  • 2019年4月29日

【HAKS流】 2次ノート「Ⅱ」~切り口パターン

HAKS流 2次ノート「Ⅱ」~切り口パターン みなさん、模試や答練の復習はできているだろうか?どんな「クソ」な事例であっても、事例Ⅱと事例Ⅲは使う知識やシチュエーションに限りがあり、ちゃんとそれを拾って理解し、ノートにすることで本番でよもや「パワーアップ」して出てきたときでも「平然と」構えることがで […]

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP