R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

D運営

【店舗管理③】物流21マーク / 同一論点反復出題の謎

物流センター

H30第34問 1物流センター(機能) Bランク
×→○
×ア小売業メーカーまたは卸
×イウ行われない行われることもある
○エで一択。
チェーン小売業の物流センターの機能に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 在庫型物流センターを利用した取引における物流センターの在庫の所有権は、小売業の仕入条件が店頭渡しの場合でもメーカーまたは卸が持つことが一般的である。
×イ 物流センターから店舗に対するカテゴリー納品は、ケース単位の商品で行われ、ケース単位未満のボール単位やピース単位では行われることもある
×ウ 物流センターに対して商品を店舗別に仕分けて納入することは、取引に利用する物流センターの種類が在庫型か通過型かにかかわらず行われることもある
○エ 物流センターを利用した取引では、商品の所有権の移転経路が「製造業→卸売業→小売業」である場合でも、物流経路は卸売業を経由させないことが可能である。
R1第36問 物流センター(機能) Bランク
×→○
×ア多い少ない
×イが、通過型物流センターを経由する場合は仕入先の数と同じである。(削除)
×エ物流センター常温物流センター
×イは最後の1文節が余計。一言多いベテは落ちます。
チェーン小売業の物流センターの機能に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 通過型物流センター内の作業工程数は、注文商品を事前に納品先別に仕分けした状態で納品するタイプの物流センターの方が、仕分けしていない状態で納品するタイプよりも少ない
×イ 店舗の荷受回数は、物流センターを経由しない場合に仕入先の数だけ荷受が発生したとすると、在庫型物流センターを経由する場合は仕入先の数よりも少ない(削除)
○ウ 物流センターから店舗へのカテゴリー納品は、商品を売場に補充する作業の時間を短縮する。
×エ 常温物流センターでは、常温で管理できる商品しか取り扱うことができず、低温で管理する必要がある商品は取り扱うことができない。
R3第35問 物流センター(機能) Aランク
×→○
×ア在庫型通過型
×イないある
×エ増加減少
×オ多く少なく
あべこべシリーズ。×アは下線部2つを入れ替え。
チェーン小売業の物流センターの機能に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 仕入先から物流センターへの納品頻度は、通過型物流センターよりも在庫型物流センターを利用する方が少なくしやすい。
×イ 通過型物流センターには、各仕入先からの納品に対する店舗での荷受作業を集約する機能はある
○ウ 店舗での発注から納品までのリードタイムは、通過型物流センターよりも在庫型物流センターを利用する方が短くしやすい。
×エ 物流センターから店舗へ多頻度小口配送を推進すると、店舗の平均在庫量は減少する。
×オ 物流センターから店舗へのカテゴリー納品を行うと、店舗への納品回数は少なくなる。
R4第34問 物流センター(機能) Bランク
×→〇
×ア通過型物流センター在庫型物流センター
×ウ細かく大まかに
×エがあるはない
×オプロセスセンター通過型物流センター
チェーン小売業の物流センターの機能に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 在庫型物流センターの機能は、仕入先の在庫量と各店舗の在庫量を調整することである。
〇イ 通過型物流センターの入荷形態には、事前に商品を店舗別に仕分けて入荷する場合と、事前に仕分けをせずに総量をそのまま入荷する場合がある。
×ウ 物流センターから店舗へのカテゴリー納品では、カテゴリー区分を大まかに設定することにより、納品車両と商品が入った折りたたみコンテナ内の積載効率を高めることができる。
×エ 物流センターを利用した取引では、商品の所有権の移転経路に一致するように物流経路を設定する必要はない
×オ 通過型物流センターは、在庫型物流センターの機能を補完するための小型拠点として、主に完成品の積替えと仕分けの機能を果たすセンターである。
H30第35問 物流センター(運営) Dランク
×→○
×ア自ら所有しなければ利用できなければ
×イデジタルピッキング自動ピッキングシステム
×エソーターフローラック(下線部あべこべ)
×エは下線部2つがあべこべ。×イのデジタルピッキングでは、人手が残ります。
チェーン小売業の物流センターの運営に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 3 PL(Third Party Logistics)事業者は、倉庫や車両などの施設や設備を利用できなければ、荷主に対してサービスを提供することができない。
×イ 自動ピッキングシステムは、人の手を介さずにピッキング作業を自動化する装置である。
○ウ ピッキング作業は、ピッキングする商品品目数がオーダー数より多い場合は摘み取り方式で、少ない場合は種まき方式で行うのが一般的である。
×エ マテハン機器のうち、フローラックは保管用の機器であり、ソーターは仕分用の機器である。
R1第37問 物流センター(運営) Bランク
×→○
×イ個装内装
×ウ固定フリー
×エ摘み取り種まき
×オされているされていない
対比(ペア)で暗記を増やします。
物流センターの運営に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア ASN を用いた入荷検品は、商品の外箱に印字されたITF シンボルや、混載の場合に外箱に貼付されたSCM ラベルを読み取った情報と、ASN とを照合することで完了する。
×イ 内装には、内容物を保護したり、複数の商品を1 つにまとめて取り扱いやすくしたりする機能がある。
×ウ フリーロケーション管理は、在庫量が減少しても、保管スペースを有効に活用できるため、保管効率が高い。
×エ 種まき方式ピッキングは、商品ごとのオーダー総数をまとめて取り出した後、オーダー別に仕分けることである。
×オ トラックドライバーが集品先または納品先の荷主の倉庫内でフォークリフトを使用することは、法律で禁止されていない
R2第38問 物流センター(運営) Cランク
×→○
×ア荷受出荷
×ウ法律で禁止されており、契約で定めてはならない現実にはよくある
×エ摘み取り種まき
×オできるできるか否かとは無関係
×ウは現実と、×エは下線部2つがあべこべ。
物流センターの運営に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア ASN(Advanced Shipping Notice)は、出荷側が商品の入荷前に作成する入荷情報のことである。
〇イ スーパーで主に利用されているプロセスセンターは、商品を加工し包装する物流施設である。
×ウ トラック運転者が集品先または納品先の荷主の倉庫内で付帯作業を行うことは、現実にはよくある
×エ ピッキングする商品品目数がオーダー数より多い場合には、種まき方式ではなく摘み取り方式で行うのが一般的である。
×オ 複数の取引先へ同時に出荷する商品が一度に入荷した場合、入荷時に検品すれば、出荷時の検品を省略することができるか否かとは無関係
R3第37問 物流センター(運営) Aランク
×→○
×アASN品種と数量
×イ高い低い
×エ摘み取り種まき
×オデジタルピッキングソーター(仕分けシステム)
こちらは、まぎらわしい用語に入れ替えるパターン。
物流センターの運営に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア ABC 分析は、品種と数量に基づいて在庫管理の重点を決めるのに用いる。
×イ 固定ロケーション管理は、フリーロケーション管理に比べて商品の保管効率が低いという特徴がある。
○ウ 棚卸は、実際の在庫(数量など)と在庫台帳の内容とを照合する作業である。
×エ 種まき方式ピッキングは、商品ごとの注文総数を一括してピッキングする作業である。
×オ ソーターは、適切な商品を適切な数だけコンテナ等に自動的に投入し梱包する装置である。
R4第36問 物流センター(運営) Bランク
×→〇
×ア荷主
物流センター
物流事業者(下線部あべこべ)
物流業務
×イ出荷入荷
×エ種まき摘み取り
×オ保管用
仕分用
積み付け用
搬送用
物流センターの運営に関する記述として、最も適切なものはどれか
×ア  3 PL は、物流事業者荷主に代わって物流業務を運営することである。
×イ ASN は、入荷する商品に誤りがないかを確認する入荷検品に利用される。
〇ウ 在庫管理の重点を決める手法として、ABC 分析が利用される。
×エ 摘み取り方式ピッキングは、オーダー別に商品を一品ごとに集品する方法である。
×オ マテハン機器のうち、パレタイザは積み付け用の機器であり、AGV(Automatic Guided Vehicle)は搬送用の機器である。

輸配送管理

H30第32問 輸配送管理(経路) Aランク

解答作成中

R1第35問 輸配送管理(経路) Bランク
×→○
×アいるいない
×イ共同輸送小売店一括物流
×エ空車実車
×アがやや意外ですが、暗記不要です。
トラックなど自動車による輸送形態に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 貨客混載は、バスなど公共交通機関による実施に限られ、トラックによる実施は禁止されていない
×イ 小売店一括物流は、複数の荷主の商品をトラック1 台に混載しているため、複数の荷主にとって納品先が一致している場合に限り行われる。
○ウ ミルクランは、複数の荷主を回って商品を集めることである。
×エ ラウンド輸送は、往路の車両の積載率を高める輸送形態であり、復路は実車になる。
R3第34問 輸配送管理(経路) Aランク
×アabc
×イacb
×ウbca
×エcab
○オcba
ノー知識の国語で当たるので、正解組み合わせを↓に示します。選択肢の作り方の把握にどうぞ。
トラック運送における共同輸配送に関する以下の【取組内容】と、取組前よりも改善が期待される【生産性指標】の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【取組内容】【生産性指標】
① 取組前には、荷主Aと荷主Bそれぞれの貨物を異なるトラックに積んでも、両方のトラックに他の貨物を積載する余裕があったため、荷主Aと荷主Bの貨物を同じトラックに積み合せることにした。c 積載率(貨物積載して走行するトラックの最大積載量に占める、実際に積載した貨物の量の割合)
② 取組前には、荷主Cの貨物を着地でトラックから降ろした後に帰り荷がなかったため、荷主Cの納品後に荷主Dの貨物を帰り荷として積載することにした。
b 実車率(トラックの走行距離に占める、実際に貨物を積載して走行した距離の割合)
③ 取組前には、荷主Eの貨物を積載したトラックが、発地X・着地Y間を宿泊を伴いながら往復運行し、荷主Fの貨物を積載したトラックが、発地Y・着地X間を宿泊を伴いながら往復運行していた。このため、両方のトラックが発着地X・Y間の中間地点で出会い、互いの貨物を積み替えて宿泊を伴わずに輸送することにした。ただし、トラック1 台に乗車するドライバーは1 人とする。a 実働率(トラックの運行可能な時間に占める、走行や荷役、手待ちなど実際に稼働した時間の割合)
R4第35問 輸配送管理(経路) Cランク
トラックの積載率を改善させるために、取組案aとbを検討している。
現状では、物流センターAと物流センターBからそれぞれ別々にトラック1 台が走行し、物流センターCへ納品しており、各物流センターから輸送する際の実車の積載率は50 %未満である。(下図参照)
取組案aとbは、それぞれ以下のとおりである。
取組案a
物流センターAの納品分を物流センターBに集めた後、物流センターBからま
とめて物流センターCへ別のトラック1 台で納品する。(下図参照)
取組案b
物流センターCから物流センターAと物流センターBをトラック1 台が巡回し
て集荷し、物流センターCへ納品する。(下図参照)
上記の取組案aとbに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ただし、ここでいう積載率とは、「貨物を積載して走行するトラックの最大積載量に占める、実際に積載した貨物の量の割合」のことである。また、トラックの大きさ(最大積載量)は現状と取組案において全て同じである。
〇ア トラックの積載率は、取組案aとbのいずれにおいても改善される。
×イ トラックの積載率は、取組案aでは改善されるが、bでは改善されない。
×ウ トラックの積載率は、取組案bでは改善されるが、aでは改善されない。
×エ トラックの積載率は、取組案aとbのいずれにおいても改善されない。
取組案aは積載率UP(ただしセンターCよりBの方が近いこと)。
〃bは一瞬悩みますが、空車率が減るのでやはり積載率UPに。
この手は実際そうするしかないので、いちいち考えません。
R1第34問 輸配送管理(手段) Bランク
×→○
×イいない
する
いる
しない
×ウ阻害する促進する
×エトラック輸鉄道や船舶(下線部あべこべ)
×オ路線便貸切便
対比(ペア)が浮かべば、自信を持ってバツに。
輸送手段の特徴に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア RORO(roll-on roll-off)船は、貨物を積載したトラックやトレーラーなどの車両をそのまま船内へ積み込んで輸送することが可能である。
×イ 鉄道輸送は、鉄道コンテナの大きさが平パレットの規格に合っているので、一貫パレチゼーションを阻害しない
×ウ トラック輸送から鉄道輸送へのモーダルシフトは、トラックと鉄道の複合一貫輸送を促進する
×エ 鉄道や船舶輸送の長所は、トラックでの輸送に比べて、輸送トンキロ当たり二酸化炭素排出量が少ないことである。
×オ 貸切便は、貨物を積み合わせて一車単位にまとまるときに利用するトラックの輸送サービスであり、発地から着地まで積み替えを行わずに直行輸送する。
R2第36問 輸配送管理(手段) Bランク
×→○
×ア旅客船貨物専用フェリー
×イ中継輸送幹線輸送
×ウ鉄道トラック(下線部あべこべ)
×オしか認められていないの他に混載運送がある
対比(ペア)で覚える。
輸送手段等に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア RORO(roll-on roll-off)船は、フェリーと同様に、トラックと運転者を一緒に輸送することができる船舶であり、いわゆる貨物専用フェリーのことである。
×イ 幹線輸送とは、長距離あるいは長時間に及ぶトラック輸送のときに、1 人の運転者が輸送途中で休憩しながら発地から着地まで一貫して輸送することをいう。
×ウ トラック輸送には、鉄道輸送に比べて、荷主が出発時間を自由に指定することができるという長所がある一方で、輸送トンキロ当たりの二酸化炭素排出量が多いという短所もある。
〇エ トラックの時間当たりの実車率を高める方策の1 つは、納品先での納品待機時間など手待ち時間を削減することである。
×オ トラック輸送では、1 台のトラックに荷主1 社の荷物だけを積載する貸切運送の他に混載運送がある
R3第33問 輸配送管理(手段) Aランク
×→○
×アするしない
×ウでは利用されないでも利用する
×エ鉄道トラック(下線部あべこべ)
×オを阻害するの必要を高める
あべこべシリーズ。×エは下線部2つを入れ替え。
物品の輸送手段に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア RORO(roll-on roll-off)船は、港湾でのコンテナの積み降ろしに専用のクレーンを必要としない
○イ 出発時間や到着時間を荷主の都合で指定したいときには、特別積合せ運送よりも、トラックの貸切運送を選択した方がよい。
×ウ 宅配便は、消費者間で物品を配送するときに利用されるサービスであり、企業間でも利用すr
×エ トラック輸送では、短距離で少量の輸送の場合に、輸送量当たりの輸送料金が鉄道輸送よりも低い傾向がある。
×オ トラック輸送から鉄道輸送へのモーダルシフトは、パレチゼーションの必要を高める
R4第32問 輸配送管理(手段) Bランク
×→〇
×アいるいない
×イ入れない
する
入れる
しない
×ウ不要必要
×オ路線便貸切便
結論(述語)あべこべは、ウソに一番気が付きやすい誤答パターンです。
物品の輸送手段の特徴に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 鉄道輸送において使用されるコンテナは、1 種類に限定されていない
×イ トラックに積載した貨物をRORO 船で輸送する際には、トラックがそのまま船内へ入れるため、貨物を取り卸して船内に積み込む作業が発生しない
×ウ トラック輸送から鉄道輸送へのモーダルシフトを推進することにより、貨物の積み替えが必要になる。
〇エ トラック輸送の契約に関する「標準貨物自動車運送約款」では、運送の対価である運賃と運送以外の役務等の対価である料金を区別している。
×オ 貸切便は、トラック1 台を単独の荷主が貸し切りにして、発地から着地まで直行する輸送方法である。
H30第33問 ユニットロード Cランク
×→○
×ア保管用のパレットから輸送用のパレットへの積み替えを繰り返しながら(削除)
×イほとんど使用されていないまだまだ使われている
×ウ平パレットシートパレット
×イの断定がOUTですが、そんな所は暗記不要。
物流におけるユニットロードおよびその搬送機器に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 一貫パレチゼーションとは、発地から着地までの間(削除)、パレットに荷を積載し続けて物流を行うことである。
×イ 平パレットは、主にプラスチックまたは鋼材で作られており、木製のパレットもまだまだ使われている
×ウ シートパレットは、ワンウェイパレットとして利用されることが一般的である。
○エ ロールボックスパレットは、フォークリフトなどを用いずに人力だけでも荷役することができる。
R2第37問 ユニットロード Aランク
×→○
×アオできないできる
×イないある
×エ利用しないで済む積極的に利用する
結論あべこべ。
物流におけるユニットロードおよびその搬送機器に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア コンテナは、複合一貫輸送をする際には使用することができる
×イ 平パレットには、長さと幅についてさまざまな種類があり、日本産業規格(JIS)で規格化されているものはある
〇ウ 平パレットを使用する場合は、使用しない場合に比べて、積み込みや取り卸しなどの荷役効率が高い。
×エ ユニットロード化を推進することにより、パレットやコンテナなどの機器を積極的に利用するようになる。
×オ ロールボックスパレットには、大きさが異なる荷物を積載することができる
R3第36問 ユニットロード Aランク
ABC
×ア荷役寸法貨物をトラックから取り卸す時間が長くなったりする
○イ荷役 寸法 納品後の平パレットの回収などの管理が必要になったりする
×ウ荷役 販売価格 貨物をトラックから取り卸す時間が長くなったりする
×エ包装寸法 納品後の平パレットの回収などの管理が必要になったりする
×オ包装販売価格納品後の平パレットの回収などの管理が必要になったりする
ABは単純知識、Cはメリ・デメの対比です。
物流におけるユニットロードに関する以下の文章において、空欄A~Cに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
ユニットロードシステムとは、パレットやコンテナなどの機材を用いて貨物をユニットロードにすることにより、【A】 を機械化し、輸送や保管などを一貫して効率化する仕組みである。ユニットロードシステムの構築には、物流のモジュール化が必要であり、ユニットロードの標準的な 【 B】 を決定する必要がある。
一方、ユニットロードシステムには対処すべき問題が発生する可能性がある。例えば、平パレットを利用して貨物をトラックで輸送する場合、トラックの積載効率が低下したり、【 C】 ことがある。
R4第33問 ユニットロード Aランク
×→〇
×イ温度管理積載効率改善や荷役の効率化
×ウによって決まり
は無関係である
の他に
が関係する
×エ困難容易
×オロールボックスパレットネスティングパレット(暗記不要)
物流におけるユニットロードおよびその搬送機器に関する記述として、最も適切なものはどれか。
〇ア 一貫パレチゼーションの推進は、荷役作業の効率化につながる。
×イ パレチゼーションの目的は、輸送中における貨物の積載効率改善や荷役の効率化をすることである。
×ウ 平パレット1 枚に積載できる貨物量は、積載する貨物のサイズの他に、重量が関係する
×エ ユニットロード化を推進しようとすると、モーダルシフトが容易になる。
×オ ネスティングパレットは、それ自体を上方向に積み重ねて使用することにより、商品の保管効率を高めることができる。

今日のまとめ

Q
1次がド易化し、400hあれば猫でも受かるFランク化したのは周知の事実。それより「なぜ同じ論点を反復出題?」の謎を知り、「ではそれで?」と続けるのが正解だ。
A

TAC正答率を使うと、今日の21マーク中17問が易問ABランク。「なぜそんなに簡単?」の疑問を持つことが、今日のチートです。

■■ここからテンプレ■■

-D運営

PAGE TOP