この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。
CATEGORY

F情報

  • 2021年8月6日
  • 2021年8月5日

試験史上初:お盆の暗記の潰し方【情報:⑦計算問題】

試験史上初:お盆の暗記の潰し方【情報:⑦計算問題】 基本:エクセル関数 基本:データベース~SQL文 「マーケ」:マーケティングリサーチ 「財務」「運営」ド定番:割り算問題 「経済学」:ゲーム理論 今日のまとめ 「1次」では、遠慮なく自己ベストを叩き […]

  • 2021年8月5日
  • 2021年8月5日

「1次」は一度受かると二度と落ちない:目指せ人生ベストハイ【情報:③述語④形容詞エラー】

↑選択肢のバツをマルに直した後の答え合わせにどうぞ。ただし一発パクリ教徒のパクリはお断り。 目指せ人生ベストハイ:「1次」は一度受かると二度と落ちない【情報:③述語④形容詞エラー】 そう、これだけ毎朝からかわれると、さすがのパクりんも顔を真っ赤に、当 […]

  • 2021年8月4日
  • 2021年8月4日

同友館比1/2の時間で4倍知識(当社比)【情報:②目的語】

↑記事冒頭に検索窓を追加しました。どうぞご活用ください。 あるべき収穫逓増 ×ヘタクソ解説 →○改善策 【因】バツを読んで この選択肢は不正解! 正解マルに復元 【果】マルを浮かべる 「1次」苦手化「2次」ノウハウ化 「1次」得意化「2次」スラスラ […]

  • 2021年8月3日
  • 2021年8月2日

過去問・袈裟斬り・一刀両断【情報:①主語】

過去問・袈裟斬り・一刀両断【情報:①主語】 うん、6週間の余裕を生かし、準備万端・余裕綽々なあなたのためにふぞやパクリが一生知らない’誤答パターン別ナナメ解き’を今年はリンクで用意済↓。今年ラストの「情報」は、5年分を全4回で […]

  • 2021年6月13日
  • 2021年6月13日

梅雨にマストのカビ対策【A~Eランク:情報(第2章ソフトウェア開発)】

梅雨にマストのカビ対策【A~Eランク:情報(第2章ソフトウェア開発)】 情報Aランク:R1第18問 開発方法論 ある中小企業では、出退勤システムの実装を進めている。バーコードリーダーを用いて社員証の社員番号を読み取り、出退勤をサーバ上で管理するための […]

  • 2021年4月28日
  • 2021年5月3日

【情報:⑦計算問題】決めよう、スタイル&キャリアのABテスト

メディアとしてのインターネットを振り返ると、①ポータルサイトのように情報を一つの場所に集める「集約化」、②ブログ・SNSのように誰もが情報の発信者となり利用者となる「双方向化」を経て、③一人ひとりにカスタマイズされた情報が取得できる「最適化」に進んで […]

  • 2021年4月15日
  • 2021年4月21日

【情報:⑥用語の定義】土壇場勝負とハートの強さ~開放性

あけっぴろげ開放性~土壇場の勝負に強くなりたいあなたのために~ 土壇場勝負とハートの強さ~開放性【情報:⑥用語の定義】 例題:H30第13問 経営情報管理 Cランク 検索エンジンによる情報収集では、「フィルターバブル」と呼ばれる弊害も指摘されている。 […]

  • 2021年4月13日
  • 2021年4月21日

【情報:③述語④形容詞エラー】はじめよう仮想化、さよならノウハウ

ノウハウは持たないほど有利(仮想化の時代) 現代のように仮想化技術が普及していなかった頃は、サーバーは用途ごとに専用のハードウエアを用意して構築するのが一般的でした。つまり、Webサーバー、メールサーバー、ファイルサーバーなど、サーバーの種類や数が増 […]

  • 2021年4月9日
  • 2021年5月29日

【情報:②目的語】誤答パターンの深層学習

学習におけるMachine⇔Deepの差 機械学習は、大量のデータから規則性や関連性を見つけ出し、判断や予測を行う手法です。そのためには、「色と形に注意」のように着目すべき特徴(特徴量)を人間が指定する必要があります。Deep Learning(深層 […]

  • 2021年4月6日
  • 2021年4月25日

【情報:①主語】泳げ、情弱君

毎日同じことばかりの繰り返しで、嫌になっちゃう時ってないだろうか?(中略)日常にむしゃくしゃした子が、たいやきくんに自分を投影し、海に飛び込み気ままに暮らして、釣り上げられて食べられる。頭の中で彼らが体験するのは「冒険」、そして「小さな死」だ。 出典 […]

  • 2020年2月13日
  • 2020年4月30日

【情報③定義】応援される→する時代

Q:ふぞ先輩は、何を見誤ったか? そうだよ。では5年遅れのふぞ先輩を蹴飛ばして、2020年の確実5割合格へ。過去問誤答選択肢のバツをマルに直して、①ふぞ先輩が苦手な暗記の幹と ②文章の誤りにすぐ気が付く国語力を。今日の一石二鳥なシリーズは、③定義パタ […]

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP