DLセンター 「2次」

ダウンロード(DL)センター「2次」

診断士「1次」「2次」対策で当サイトを参考にするとき、手元に持っておきたい資料PDF+リンク集です。当サイトは「完全無料」ですので、有償の商業行為を目的とする方を除き、ダウンロード・工夫改善・再配布は自由です。
※商業行為目的で資料を利用・模倣する場合は著作権法の引用基準に従い、また必ず出典の明示をお願いします。

「事例Ⅰ~Ⅲ」対策

事例Ⅰ~Ⅲ対策

H 事例Ⅰ

I 事例Ⅱ

J 事例Ⅲ

※「事例Ⅰ~Ⅲ」対策は準備中です。上記リンクはサイトの「カテゴリ別」に飛びます。

「事例Ⅳ」対策

傾向と対策

出題領域表 ★人気★

経営分析 意思決定会計 ファイナンス 他知識
CVP分析 他意思決定 NPV
①問題点の指摘 ②赤字を避ける ③もっと儲けたい ④金融機関の口車に乗らない
H18 【1】30点
【2】20点
+CF計算書
【3】20点
セグメント損益
【4】15点
※NPV計算済
【5】15点
POSシステム
H19 【1】25点 【2】25点 【3】25点
+正味CF計算
【4】25点
ネット販売
H20 【1】30点 【2】25点
【3】25点
+正味CF計算
【4】20点
優先株式
H21 【1】40点 【3】20点 【2】20点
ROE
【4】20点
通貨オプション
H22 【1】40点 【2】25点 【3】20点
+正味CF計算
【4】15点
余剰資金運用
H23 【1】35点
+CF計算書
【2】15点
特別注文
【3】25点
セグメント損益
【4】25点
+正味CF計算
H24
良問
【1】40点
+予想損益計算書
【2】30点  【1】
+正味CF計算
【3】30点
企業価値
FCF÷
WACC
H25
悪問
【1】25点
【2】45点
+CF計算書
+資金繰り
少人数私募債
【3】30点
品質原価計算
H26 【1】24点 【3】30点
プロダクトミックス
【2】30点
+正味CF計算
【4】16点
デリバティブ
H27
平易
【1】28点 【2】34点
+予想PL
【3】26点
+正味CF計算
【4】12点
取引関係
H28
平易
【1】25点
【2】※
(1)CF計算書
【4】25点 【3】15点
セグメント損益
【2】35点※
(2)正味CF計算
H29
【1】25点 【2】18点
+予想PL
直接原価計算
【3】29点
+正味CF計算
※取替=差額CF
【4】28点
連結会計

※当サイト作成。エクセルにコピペ可能で、営利を目的としない個人利用は使用許諾不要です※

「事例Ⅳ」60点得点目安 (得点調整前の素点)

※CF計算書(制度会計)とNPV(ファイナンス)の「CF」とは、一見似てるけど、問題の作り方は全く別論点。これをごっちゃに指導する受験校や参考書があるうちは、「Ⅳ」を得意化して70点、80点は十分稼げる。

60点目安表の見方

・H24~28の5年分の出題を分析し、60点に必要な素点を推定。
・推定基準は、配点+難易度から、「80分内で取れる点」とした。

  1. 経営分析:複数正解がある前提で、最低8割を取る。つまり指標の選択よりも計算結果は必ず合わせ、記述部分で確実に加点。
  2. CF計算書:超難問(H24)⇔超易問(H28)の差が激しく、ここの得点では差がつかない。つまり世に言われるほど「大事です!」ではない。
  3. CVP分析(またはセグメント損益):H24を除き毎年どちらかが出題。最低10~15点は稼げ、完答すると点が跳ねる。
  4. NPV+ファイナンス:この2つでひとまとまり。記述問題のマス目を埋め、NPVの部分点で合格ライン。完答すると点が跳ねる。
  5. 他論点:事前予想は難しいが、問題文の根拠または「1次」知識でマス目を埋めることで、そこそこ加点される。

残念ながら、実際の再現答案の分析ではなく精度も高くないのですが、

調整後の60点ならこの程度。
経営分析+部分点+記述で60点なら十分届く。

そう割り切ると、学習時間の配分がしやすくなるのではないでしょうか。

「事例Ⅳ」は、表の左から第1問~第4問の順に出る。

「事例Ⅳ」「イケカコ」「簿記1級」ともに、必ずこの順序。

  1. 経営分析~その企業の財務体質を把握
  2. CVP分析~赤字を避ける
  3. 業務的意思決定~限界利益概念でもっと儲ける
  4. 構造的意思決定~キャッシュ概念でもっと儲ける
  5. ファイナンス~調子+金融機関の口車に乗らない

なぜそうなのか。一言で言えば、「本業が赤字」「損益分岐点に未達」の企業が、新規大規模設備投資をするなど、あってはならないから。

机上の空論=試験勉強の殻に閉じこもらず、現実のビジネスセンスで裏付けすることは、見落とされがちだが案外大事。

順序の意味を掴むと、解きやすい。

このように、「Ⅳ」の出題には序列関係がある。ついでに、問題集を最後まで一度解き、使われた計算パーツをどの章で教わったかを逆に辿る、論点の大小関係も掴むと有利。

「事例Ⅳ」は年毎の難易度ブレや受験者間の得点差が大きく、ギャンブル要素が大きいとされますが、決してそうでなく。

経営分析+部分点+記述で十分合格60点。
初見の計算問題を完答するとボーナス点。

そう捉え直すと、自分の目標得点や学習配分の精度向上が期待できそうです。情報化の時代は皆が自由に参加する無料のオープンイノベーションで。ご意見お待ちしております。

エクセルシリーズ

「事例Ⅳ」H24~H29エクセル解答 ★人気★
スッキリ1級エクセル ★人気★

意思決定会計講義ノート(イケカコ)エクセル

Lecture 1~4 CVP分析他
Lecture 5~7 業務的意思決定
Lecture 8~11 構造的意思決定