おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

★As-Is競争

【猫も知りたい試験のミライ】フレームワークで知る業界構造 / ド苦学自慢はイマドキ不要

生成AIが試験を根こそぎ変えるミライは、すでに昨年始まった。そこで誰にも好感される合格A答案の分析・助言の書き方を、ズバリAIに教わります。

Q
某スクールの説明会で合格率を聞くと、「2割を下回ることはありません」「それは個人の資質と努力次第」と開き直られてびっくり。年30万円のお布施で何を教えるつもりだい?
A

Fラン補習校化したベテスクールに30万円喜捨するのは、よほどのベテに限られる時代に。そこで読みやすくわかりやすく説得力あるA答案の書き方を、試験業界の分析例を使って紹介します。

その定義診断士試験市場を分析
①4C分析4C分析は、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)、協力者(Collaborator)の4つの要素を分析するフレームワークです。市場戦略を立てる際に外部環境と内部環境の双方を理解するのに役立ちます。診断士試験の競争環境を分析する際、受験者自身の位置づけ(自社)、他の受験者(競合)、試験の主催者(顧客)、スクールや学習仲間(協力者)のウェイト付けに有効です。これにより、受験戦略の立案や試験準備における優先順位付けのレベルが上がります。
②SWOT分析SWOT分析は、強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つの要素を評価することで、ある対象の戦略的位置を分析するフレームワークです。自分自身のSWOTに加え、試験主催側の立場でもSWOT分析をすると、顧客視点での戦略立案のトレーニングになります。これにより、なぜ作問採点基準を毎年変える必要があるかに気付くと、隣への競争優位になります。
③VRIO分析VRIO分析は、価値(Value)、希少性(Rarity)、模倣不可(Imitability)、組織(Organization)の4つの要素を分析することで、企業の競争優位を評価するフレームワークです。倍率5倍の競争試験で持続的な優位に立つには、VRIO分析を使用して、自分な資質やスキル(価値、希少性)→それをパクらせない要素(模倣不可)、およびその要素を活かす組織化された準備(組織)の順に重視します。
④組織・製品ライフサイクル組織と製品のライフサイクルは、組織や製品が成立から成熟、そして衰退に至るまでの各段階を理解するためのフレームワークです。診断士試験は初学ワンチャンを逃すと急に合格しづらくなるため、自分の受験回数や熟練度がどのライフサイクルにあるかで作戦を変えます。例えば、初学者(成立段階)は基礎知識の習得に焦点を当て、経験豊富な受験生(成熟段階)は一度試験から離れて秋口に戻ることが有効です。
⑤キャズムキャズム理論は、製品が初期採用者から主流市場へ移行する際に直面する障壁を指します。多くの製品がこの障壁を超えられずに失敗する一方、主流にあぐらをかくと同業D社のようにイノベに乗り遅れます。診断士受験者は学習初年度こそモチベが高いが、「2次」ワンチャンを逃すとどうキャズムを超えるか途方にくれます。それには新しい学習戦略の採用や仲間からの支援が有効で、これにより学習の停滞期を乗り越え、試験成功へとつながる実践的応用への移行が可能になるのです。

【猫も知りたい試験のミライ】フレームワークで知る業界構造 / ド苦学自慢はイマドキ不要

ド定番フレームワークで生成AIに業界構造を分析させると、ベテスクールが嫌がる業界裏事情を包み隠さず教えてくれる。しかも完全無料のくせに、そのミライ的中率は同業D社と桁違いな。

①4C分析

Q
相手の立場を考慮する4C分析は、事例Ⅰ~Ⅲを通じて最重要のフレームワーク。イマドキSWOTマーカーをゴリ推すベテふぞが右往左往するのも、ウケるポイント?
A

10人受けさせて受かった2人に自慢を許すのが、業界が長年築いた資格商法。その情弱ビジネスをからかいたくなる人類としての尊厳が、受験技術のイノベを生みます。

合格リベンジ!を叫んでベテふぞノウハウ勉に夢中になるか、クールにスキルUPを考えるかで二極化します。

4C最近の傾向その施策期待効果
顧客試験の主催者は年20,000人の受験者を集め、合格率2割×2回の試験を課して1,600名を合格させる受験者は多様な背景を持ち、あきらめず受け続ける傾向がある学習期間の長短二極化が進み、多様な受験ニーズに対応できる
競合「1次」受験平均42.6歳、「2次」受験平均44歳、合格平均39.5歳であり、年齢や受験回数が増加するほど合格しにくい申込&合格者の高齢化が進む中、作問採点を毎年変えて変化への対応を問う陳腐化したノウハウに頼らず、合格に必要なスキルセットの明確になる
自社ビジネスパーソンとしてのスキル・ステップアップを考える自分個人のスキル・キャリアUPとしての診断士試験の人気が高まっている効率的な学習方法の模索、実践経験の積極的な取り入れでスキルUPが進む
協力者試験でビジネス実務や傾向変化への対応力を問う傾向が強まり、適切な仲間とチームを組み、相補や相互学習を通じてコミュニケーション力を高めることが注目されている学習方法の革新やコミュニティづくりの重要性が増している学習グループの形成、オンラインプラットフォームの活用、メンタリングシステムの導入が進む

②SWOT分析

Q
同業D社といえば、隙あらば自分語りのアピール合戦。ボクが!アタシが!の自己流ノウハウが毎年一掃される一部始終は、清々しいほど痛快?
A

この競争試験では、D社の受験生視点!あなたに寄り添う!はおっきな間違い。試験市場をSWOTするなら、試験主催側の顧客視点です。

試験委員好みでないノウハウ自慢をSNSで繰り広げると、採点基準を変えてピンポイントで狙い撃たれます。

強み (Strengths)
ビジネスに必要な知識を横断かつ網羅的に保有する
弱み (Weaknesses)
独占資格がなく職業として選ぶ若手が少ない
中小企業診断士は、組織、マーケティング、生産、会計などの幅広いビジネス領域にわたる知識を保有します。これにより、彼らは多様なビジネスシーンで即戦力となり、経営者や事業主からの信頼を得やすいのです。しかし特定の専門職としての独占業務を持たず、若年層にとって魅力が少なく感じられるため、少子化を受けて受験平均年齢の上昇が止まりません。
機会 (Opportunities)
部門横断的なネットワーク人材のニーズが加速
脅威 (Threats)
誤ったG格自慢により求める人材との乖離が発生
現代のビジネス環境では、デジタル技術の進展と市場の変化に迅速に対応できる、多様な知識とスキルを持つ人材が求められている。中小企業診断士は、このニーズに応える理想的な人材であり、市場価値を高める大きな機会がある。合格基準を満たしただけの低位合格者が資格の価値を過大に宣伝することで、資格全体の信頼性が損なわれ、市場での評価が下がる可能性がある。これは、質の高い人材を確保し、育成するという目的に反する。

③VRIO分析

Q
同業D社の弱みは、あらゆる学習法をノウハウ化し、数千円台で売り出す再販行為にある。つまり希少性・模倣困難性ゼロで、組織力に至ってはマイナス無限大?
A

そうですね。口先と日ごろのふるまいの言動不一致が、試験主催側にどう悪印象を与えるか。私の力でゲロします。

ド苦学のパクり自慢は問答無用で意味不明。持続的な優位に立つにはパクリを禁じ、組織化を進めます。

Value(価値)Rarity(希少性)
診断士試験の目的は、組織・マーケティング・生産・会計の4領域にわたる深い理解と、実際のビジネスシーンでの応用能力を評価することにあります。この試験が求めるのは、単に知識を暗記することではなく、与えられた情報を基に分析し、効果的な解決策を提案する能力です。この能力は現代のビジネス環境で高く評価されるため、大きな価値があります。個々の受験者が持つ、周囲とは異なる独自の強みを見つけ出し、それを活かすことが重要です。例えば、特定の業界での豊富な経験や、独特の分析手法、異業種間での知見の応用などが考えられます。このような希少性の高い強みは、試験だけでなく、将来のキャリアにおいても価値を発揮します。
Inimitability(模倣不可)Organization(組織化)
自分の強みがどのようにして身についたか、その経路の依存性を理解することが重要です。例えば、特定の経験や学習方法、独自の思考プロセスなど、他人が簡単に真似できない要素を強化することです。これにより、自分の競争優位を守り、模倣されにくい独自の立場を築きます。ビジネスコミュニケーション力を重視する近年の試験傾向に対応するには、学習チームや勉強会を組織化し、メンバー間での知識の共有やフィードバックを通じて、実践能力を高めることが有効です。このような組織化された学習アプローチは、試験以外に世間でも通じるコミュニケーション能力を伸ばし、持続的な競争優位を築くことに繋がります。

④組織・製品ライフサイクル

Q
次に、お受験ベテは人類の役に立たないノウハウを長々騙り、それを嫌って作問採点が毎年変わる事態に。どーしてこうなった?
A

150hで受かる「2次」に長期滞留したおベテほど、そのノウハウを周囲にパクらせ、認知不協和の解消を図るためです。その長くて短いライフサイクルを私が語ります。

受験長期化して迷走を続けたベテほど、長文で無駄ノウハウを騙りだす。そこに目をつけた主催者側がベテの手口を丹念に調べ、作問技術が発展しました。

①導入期②成長期
受験者が試験を最初に知り、興味を持ち始める段階です。この段階では、試験の概要や試験範囲を学び、準備の方針を決定するための情報収集が行われます。また、学習資料や予備校の授業などの専門的な準備を開始することが一般的です。受験者が学習を進め、基礎知識や試験スキルを獲得し始める段階です。この段階では、出題範囲をカバーする学習が本格化し、過去問の解答や模試など、実践的な試験対策が重視されます。受験者は自己評価を行い、学習計画を調整しながら、着実に成長していきます。
③成熟期④衰退期
試験に合格した人たちが喜び勇んでその合格ノウハウをネットで吹聴する時期です。合格者は自身の経験や学習方法を共有し、他の受験生に助言やアドバイスを提供します。この期間は、合格者コミュニティが活発化し、情報が共有される重要な時期です。吹聴した合格自慢が翌年の作問採点で狙い撃たれ、顔を真っ赤にして試験業界を去る時期を指します。前年の合格自慢が試験の難易度や傾向に影響を与え、受験者全体の準備に対する調整が行われます。合格率の変動や試験の内容変更により、一部の受験生が受験を断念し、業界から離れることもあります。
※上記は製品ライフサイクルの4段階。組織ライフサイクルは起業者→共同体→公式化→精巧化の4段階です。

⑤キャズム

Q
さて、診断士「1次」では時に論点をまたぐ良問が出題される。それにより知識がキャズムを超えて初めて、マジョリティー層への普及が進む?
A

「経営」R5再試験第22問は、製品ライフサイクル→その採用者層の関連を示す良問です。この理論によると、空欄Cが一発合格、Dがふぞろいになります。

そこで空欄Cまで浸透した成長期の受験技術を採用し、次にふぞろいが言い出す成熟期のノウハウは却下。すると最短最速で合格できます。

採用者群傾向診断士試験の例
導入期A:イノベーター導入期には、試験の新しい受験技術が上位2.5%のイノベーター層によって採用されます。彼らは新しいアプローチや戦略にオープンであり、早期に試験合格を目指します。最新の学習方法や受験戦略を率先して取り入れ、積極的に試験対策を進める一部の受験生がこの上位2.5~5%層に該当します。
成長期B:アーリーアダプター
C:アーリーマジョリティ(一発)
成長期では、試験の受験技術がアーリーアダプター層によって採用され、その後キャズムを超え、アーリーマジョリティ層が採用するとノウハウ化されます。新しい学習方法や受験戦略が広く認知され、早く気付いた順に多くの受験生が取り入れ始めます。
成熟期D:レイトマジョリティ(ふぞ)成熟期のノウハウは同業D社の出版物で紹介されて初学者にも知られ、レイトマジョリティ層が採用を始めます。試験対策の標準化が進み、これをやれば2割で受かるノウハウとして信者の支持を集めます。ふぞろいが言い出す時点では既に多くの受験生が同様の学習方法や受験戦略を用いており、試験主催側としてもそろそろ鼻につきます。
衰退期E:ラガード(ベテ)衰退期のノウハウは、試験委員の間にも広くに知れ渡り、ふぞろい自慢が盛んな頃には加点対象から外されます。また新たな受験技術や戦略が現れたのに、時代遅れとなったノウハウをふりかざすのはベテ限定です。古いノウハウの欠点を付く作問が目立ち出し、ノウハウが効果を失い始めます。最終的にスト組が見向きもしないノウハウは、ベテだけが採用し続けるのです。

今日のまとめ

Q
診断士試験をAI診断させると、ベテスクールが号泣するほど業界事情を包み隠さず教えてくれる。では折角2割のガチャを当てたのに、なぜD社のド苦学自慢は要らない子?
A

その理由は同業D社がド苦学ちゃんをおだてて集めたノウハウは、VRIO上の模倣困難性&組織力がゼロ。そしてライフサイクル上は、時流の峠を越えて成熟から衰退に向かうため。

そして受験ノウハウは先輩→後輩へと連続的にバトンするもの!と喧伝するのが同業D社。そうでなく非連続ラディカルで毎年イノベを起こすのが、人類と呼ばれる上位5%です。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-★As-Is競争

PAGE TOP