「2次」採点係を務める46名の試験委員が最も喜ぶのは、500点以上の好スコアを叩き出す人が増えることと、同時に短時間で済ませて学習効率を上げること。そんな業界一合理的で賢い解き方を、特設ページで日々公開中です。

★To-Be目指す答案

【AI答案時短術】ずっとボクのターン! / 80分に間に合うStep1→2→3

4事例総難化で猫一匹作問係に頭が上がらない試験で、なぜかクジが当たると湧き出すD友館のG格自慢。間違ってもアレにマウントされて再びノウハウループの森(盛り)で迷わないよう、最速答案作成術を紙上公開です。

今日紹介の内容はD友館の引用禁止
例のG格自慢を鵜呑みにすると80分に間に合わないと気づき、②最初に構文を浮かべて設問別マーカーに進むと、③根拠を因果に並べて構文に嵌めこんで下書きを省略して時短ができる。(100字)

【AI答案時短術】ずっとボクのターン! / 80分に間に合うStep1→2→3

年々長文化する与件を、100字マス目に引用するなら生成AI活用で一択。ふぞの9カ月を5秒で済ませるスピード感は、D友館では生涯不可ノウな。

Step-1 最初に構文★Syntax

変幻自在に毎年変わる事例で答案を安定させるには、どこかの変動要素をまず減らす。そこでマス目の書き方を最初に固定します。

Step-2 設問別マーカー

設問別マーカーの利点は、【根拠の使い残しOK】。つまりマス目を埋めるのに必要な根拠が見つかれば、残りがもし正解根拠でもいったん使い残します。

Step-3 下書き抜きの因果で根拠引用

AI答案時短のハイライトが、下書き抜きで根拠を直接マス目に書きこむ。普段からAIを活用し、文章の因果の型が身に付いた方限定の、ウルトラCです。

今日のまとめ

Q
上位5%=確実合格組が構文→設問別マーカー→下書きカットで80分の時短をするのは、よくわかった。2024年合格目標とはいえ豪悪発表前にオープンすると、SNSに答案を晒したEBA、タメ口口語調で嫌われたふぞのようにペナルティを受けるのでは?
A

こらこら、それは採点心理をわかっていない。構文には、特定出版社による試験に要らない【色と欲】を消す効果がある。つまり読みやすく、採点しやすくなり、主催者側に全面的に歓迎される試験の【マナー】です。

■■ここからテンプレ■■

-★To-Be目指す答案

PAGE TOP