おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

★To-Be目指す答案

【2次は150hあれば合格】第2次試験の正しい解き方 / 与件を難化させるポイント5選 by AI

年々難化する試験で知識+国語を足し算するから、見事に8割コロコロよく落ちる。そこで知識×国語を掛け算して、あの合格ボーダーをおっきく超えます。

Q
ここで言う「足し算」とは、EBA100字&全ノウ「与件を読まない想定問答」でムキになって覚えた答を書くベテを指す。そこで別々にしてモジュール化し、試験当日に掛け合わせれば、応用自在のスラスラ答案?
A

そんな当たり前のことを自慢気に書くと、同業D社のベテふぞ送りの刑に。既にベテふぞをおっきく超えた私の国語力で、以下の3つに分類します。

①わかりにくい答案を小難しく書くとベテ

念願の試験合格を目指し、「わざと小難しくわかりにくく書かれたヘタクソ与件文」に長年頻繁に接するため、「その答案さえも小難しくわかりにくくなり試験にサッパリ合格しない」のがベテラン勢です。試験試験は80分の制限時間で端的な回答を求めるものであり、そこを端折って小さく固いオツムで覚えた知識を書いたり、詰め込み答案の過度な詳細や冗長さによりスコアが下がることがわかってきました。ベテランへのアドバイスは、的確な情報を抽出し、簡潔かつ明快な解答を心がけることです。

②人類をあきらめキーワードを並べるとふぞ

知能指数や読み書き国語力が平均的人類に劣るため、論理的な文章構成を放棄し、「キーワードの数こそが加点基準」との痛勘違いを改めようとしなのがふぞろい勢です。この誤解でも時々2割で受かってしまう事実により、あの支離滅裂な答案が生まれ、確実に8割以上は試験に受からない傾向があるとされます。ふぞろい勢がもし人類を名乗り続けたい時のアドバイスは、基本的な論理的思考と文章構成のトレーニングに一度立ち戻ることです。キーワードばかりでなく、それらを論理的かつ整合的に結びつけるスキルとバランスさせることが重要なのです。

③読みやすくわかりやすいと難題解決

もともと読みやすくわかりやすい文章を読み書きできる人たちは、試験において短期間かつ好スコアで卒業していく傾向があります。このグループは、与件文を素早く理解し、的確かつ明瞭な解答を提供できるためです。試験主催側が学習所要期間を短縮させることを狙っている点も、このグループの優位を加速していると言えそうです。

【2次は150hあれば合格】第2次試験の正しい解き方 / 与件を難化させるポイント5選 by AI

サイコロコロコロなガチャ試験では、どんなヘタレも2割で受かるので、そのノウハウでは8割落ちるファクトを見逃さない。その上で「2次」150hで受かる理由を、生成AIに教わります。

❶知識を足し算するほど8割落ちる

Q
さて、わざとわかりにくく書かれた与件に必要以上に感化され、その文章がよりヘタクソ化するのがおベテの欠点?
A

与件文がヘタクソだから、答案も超絶詰め詰めヘタクソ国語と開き直るのが、ベテの始まり。与件文がわざとヘタクソに書かれる程度は、人類であれば常識です。

①事例の与件は意図的にヘタクソ国語
狙い受験者には80分の制限時間内に与件文の情報から本質的なポイントを見極め、的確に結論を出す能力が求められます。同時に大量情報を取捨選択して高速処理し、ダミー根拠や難解な用語に振り回されず、冷静に問題にアプローチするスキルが要求されています。
作問技術与件の作問者は受験者に対し、故意に小難しい用語や必要以上のマシマシ根拠を与え、混乱や混同を招く工夫をしてきます。受験者はこれによりは本質的なポイントを見失い、過去問で見覚えのあるダミー根拠に引っ張られて解答を見当違いの方向に誘導されてしまう恐れがあります。この作問技術には、解答時の的確な分析や結論導出を妨げ、試験の難易度を向上させる狙いがあるのです。
②情報の過不足と断片的な記述
狙い受験者には与件の断片的な情報から事例企業全体の流れや関連を的確に掴み、各設問が意図する全体像を描く力が求められます。この狙いによって事例の解答難易度が高まり、ミクロなキーワード偏重を避けてマクロの視点を問うことが出来ます。
作問技術R5事例Ⅰの与件文では、A社とX社の経営状況や歴史的な背景が断片的に描かれ、受験者が全体の流れや関連性を理解しにくい工夫がされています。近年の事例では故意に情報の過不足・偏りや断片的な記述を織り交ぜることが多く、不要な知識に偏重するベテや過去問の答を覚えるふぞでは全体像を正確に把握できない設定になり、その答案を不合格方向に誘導していくのです。
③複数の要因・課題を同時に提示し混乱狙い
狙いさらに受験者には同時多発的で複雑な状況や要因を統合的に把握し、的確な結論を導き出す力も求められます。異なる要因や課題を同時に提示することで大量情報を高速処理するスキルを問い、その問題解決力や判断力を試しているのです。
作問技術与件文にはA社とX社の経営状況や課題が複数提示されており、これらを的確に切り分けて整理する工夫が求められます。複数の要因や課題を同時に提示することで、日頃からマルチタスクの意思決定を行っているかを見定め、答案にバラツキを生じさせる狙いがあります。日常ビジネスにおいてシングルタスクの情報処理しか行っていないワーカーレベルの働き方では、試験合格が難しいことを示す狙いも考えられます。

❷与件を難化させるポイント5選

Q
受験技術⇔作問技術が鎬を削り、年々難化が進む「事例Ⅰ」。国語が得意な生成AIなら、どう難化させるかも教えてくれる?
A

国家試験の採点基準を「直球で聞く」のは禁じ手なので、質問の仕方は工夫が要ります。そこで以下の5つは、新旧与件文を私に読ませて作った試験の難化ポイントです。

①用語の専門性②文章構造の複雑さ③時間経過の表現④文脈の変化⑤離れた根拠の関連性
難易度の定義専門用語の使用頻度と理解の難易度を指す文章の文構造の難易度を指し、複雑で長い文が多いと上がる時間経過表現の多寡を指し、緻密になるほど上がる文章内での文脈の変化や転換の難易度を指し、難解になるほど上がる離して配置された根拠同士の関連を指し、暗示であるほど上がる
【H28】22212
組織改編「社員は宝」「有能人材の確保」など引用しやすい表現が多い文章構造は比較的シンプルで経営状況の変化が順序立てられている「1980年代末」「2000年代初頭」といった時間の流れが描かれる文脈の変化はそれほど複雑ではない根拠間の関連性が比較的直接的で、段落ごとに一貫性がある
【R1】33323
ゆで蛙「熟考の末」「否めない事実」「見送り」などネガ表現が多い文章内で複数の要素が同時進行しており、段落ごとの整理が必要2000年以降の近年が頻繁に取り上げられ、複雑化している経営の低迷や施策の変更などで文脈が多岐にわたり、初期と比べて複雑な変遷が見られる異なる要素が同じ段落内で示されることが増えたが、それでも一貫性が保たれている
【R5】44334
組織改編後の実行力合併や経営統合に関連する用語が増え、一定のビジネス経験が必要経営統合に関する情報が追加され、異なる情報が交錯する箇所も増加し、理解に工夫が必要直近2023年がインパクトになり、さらにミライへの助言が問われる経営統合に伴う新たな局面が追加され、文脈が一層複雑化している異なる蕎麦店同士の経営統合に伴う根拠の関連が問われ、初期に比べ複雑化している

❸知識×国語の難化を指数に分解

Q
R5は事例Ⅰ→変化への対応、Ⅱ→これまで通り、Ⅲ→ベテふぞ封じの超絶難化でどうやら確定。こいつらの難化度合いを指数化できる?
A

はい。プロンプトで指示いただければ、喜んで与件の難度を指数化します。R5Ⅱは比較的イージーですが、Ⅲがとにかくハードすぎます。

①用語の専門性②文章構造の複雑さ③時間経過の表現④文脈の変化⑤離れた根拠の関連性
指標の定義専門用語の使用頻度と理解の難易度を指す文章の文構造の難易度を指し、複雑で長い文が多いと上がる時間経過表現の多寡を指し、緻密になるほど上がる文章内での文脈の変化や転換の難易度を指し、難解になるほど上がる離して配置された根拠同士の関連を指し、暗示であるほど上がる
事例Ⅰ44334
まさかの蕎麦屋が事例Ⅰ経営統合や組織に関する用語が多く、「意思疎通」「独立志向」など、特有のパワーワードが出現します複雑な構造であり、「仕事のきつさ」「レイアウト変更」「食べ歩き」など、関連性の低い情報が次々与えられています具体的な時間の経過が描写され、「これまで」「今後」など、時間軸が明確です文脈の変化が鮮明で、「経営改革」「経営統合」「新事業提案」など、テーマごとに適切な変化があります根拠が離して配置され、「A社の経営改革」「X社との経営統合」「新事業提案」など、単なる引用ではない因果関係の説明が求められます
事例Ⅱ23243
高解像度の野球専門店与件に登場する用語は一般的なものであり、理解に苦しむ要素はありません比較的シンプルに「現状」「新価格サービス」「新事業展開」の3つの出題で成り立っていますが、最終2段落目のデタラメ課題で混乱を招く恐れがあります時間経過が丁寧に描写されていますが、直観的に頷けるシンプルな内容です与件途中までの文脈変化は少ないものの、最終2段落目の未整理な「経営課題」で混乱を招く恐れがあります根拠間の関連性は比較的明示されていますが、アイデア解答で一見マス目が埋まってしまう恐ろしさがあります
事例Ⅲ44355
史上最凶の意地悪事例「ゾーニング」「交差汚染」など解答に無関係な用語が頻出し、混乱する恐れがあります製造部の構成や製造プロセス詳細など情報の組み合わせが複雑な割に、それらを解答に使う場所がない意地悪事例です時間経過が丁寧に描写され、「1990年創業」「2020年新型コロナの影響」「最近の受注回復」などが具体的に示されています「生産の現状」「新規事業」「工場増築」など適切な文脈変化がありますが、だからと言ってそれが解答に直結しない意地悪事例です根拠間の関連性が明示されず、例えば「新型コロナの影響」と「工場増築の必要性」などでは、決めつけを避ける慎重な解答が求められます

今日のまとめ

Q
知識+国語の一問一答をヘタクソ100字でひたすら覚える、ベテふぞ勉にムキになるから8割落ちる。そうでなく知識×国語で作問された与件を、生成AIでモジュールに復元。すると150hでさっさと合格するのが当たり前?
A

ここまで聞いて、賢いあなたは気づくはず。生成AIの国語力はベテふぞを既におっきく超える他、超絶スクールと同業D社をあっという間に代替します。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-★To-Be目指す答案

PAGE TOP