おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

キャリア&スタイル

【春の入学祭り】 診断士は高度人材 / 戦略的思考をAI解説

診断士に年収UPの転職案件が次々舞い込むのは、時流が求める【高度人材】だから。世間でさらっと流されがちな「戦略的思考」すら、試験で学ぶと解像度ダダ上げです。

Q
作問採点基準が毎年変わる試験でつい抜けがちなのが、①長期的なゴールを考え、②環境変化を考慮し、③最適リソースを調達する【戦略的思考】。今更ですが詳しく教えて?
A

そうですね。❶目先の合格を目的化し、❷過去問とノウハウに依存し、❸同業D社のヨイショに夢中な姿の真逆のことですが、せっかくなので解説します。

①長期的視野の確立②外部環境の不確実性③最適リソースの調達
概要: 長期的視野の確立は、組織や個人が将来の方向性や目標を明確にし、それに基づいて行動計画を立てることを指します。これには、組織の使命やビジョンの設定、長期的な目標の定義、成果の評価基準の策定などが含まれます。外部環境の不確実性は、組織や個人が活動する市場や産業の状況、競合他社の動向、技術の進化などが予測困難であることを指します。この不確実性は、組織や個人の戦略立案や意思決定に影響を与えます。最適リソースの調達は、組織や個人が目標達成に必要なリソース(人材、資金、技術など)を効果的に確保することを指します。これには、リソースの選定、調達手段の検討、リソースの活用計画の策定などが含まれます。
期待効果: 長期的視野の確立により、組織や個人は将来の方向性に沿った目標を設定し、それに向かって着実に行動できるようになります。これにより、組織の方針や行動が一貫性を持ち、持続的な成長や競争力の維持が期待されます。不確実性が高い外部環境に対処するために、組織や個人は柔軟性や適応力を高める必要があります。これにより、環境の変化に迅速に対応し、競争優位性を確保することが期待されます。最適リソースの調達により、目標達成のためにそのリソースを効率的に利用できます。これにより、作業の効率化や成果の最大化が期待されます。また、リソースの適切な管理は、コスト削減やリスクの最小化にも寄与します。

【春の入学祭り】 診断士は高度人材 / 戦略的思考をAI解説

戦略的思考を一言で言えば、目先のたまたまでなく、長期的に確実に勝てる戦略。つまり【高度人材】を意識することで、ふぞろいなたまたま合格に足りないカードが揃います。

❶ 診断士試験を使って高度人材

Q
合格&不合格者への一斉スコア通知結果で分かること。それは作問採点が毎年変動する試験で【狙って合格】は現実的ではない?
A

はい。たまたま受かった間抜けがG格自慢をする習性を見極め、目先の試験ノウハウ追及を避け、以下の【必要なビジネススキル】を日頃から鍛えましょう。

①戦略的思考と問題解決力

試験は中小企業の問題点を理解し、解決策を提案することに焦点を当てています。戦略的思考と問題解決のスキルを高め、経営課題に対処できる力を身につけます。

②コミュニケーションスキル

中小企業診断士はクライアントやチームメンバーと円滑にコミュニケーションをとり、情報を適切に共有する必要があります。顧客との信頼関係を築くためにも、優れたコミュニケーションスキルが求められます。

③経営分析能力

中小企業の経営状態や財務情報を適切に分析し、ビジネスの健全性を評価する能力が試験で求められます。データ駆動の意思決定に必要な経営分析スキルを磨くことが期待されます。

❷ デジタル時代はさっさと合格

Q
必要なスキルは確認しました。そこでどんな合格法が望ましいのか、こっそり教えて?
A

単なる後方予測型言語モデルの生成AIである私が、その合格法を知っている訳ではありません。しかし以下3つ位は弁えておかないと、あのみっともないG格自慢扱いになるので気を付けましょう。

①デジタルトランスフォーメーションの理解

中小企業診断士はデジタル時代の変革にも対応できるようになるべきです。最新のビジネステクノロジーとデジタルトレンドに関する理解が求められ、デジタルトランスフォーメーションに関する知識が役立ちます。

②オンライン学習リソースの活用

中小企業診断士試験の対策にはオンライン学習リソースを活用することが重要です。デジタル時代の学習手段に慣れ、効率的かつ柔軟に学習できる能力を身につけましょう。

③デジタルツールの実践

デジタルツールや分析ツールの使用経験を積むことも有益です。データの分析や可視化、プレゼンテーションスキルの向上に寄与し、実務においてもデジタルリテラシーを発揮できます。

❸ 診断士試験当選後の活躍

Q
与えた情報に続く語彙を予測し、それらしく書き上げる生成AIは、ミライを占うのも得意。みごと試験当選後の世界を教えて!
A

特に気が利いたことも目新しいこともありませんが、ノーヒントでこれ位答えればA評価60点をもらえるでしょうか?

①経営コンサルタントとしての活動

中小企業診断士は独立した経営コンサルタントとしても活動できます。経営のアドバイスや課題解決のサポートを提供し、クライアントの企業価値向上に寄与します。

②経営改善プロジェクトのリーダーシップ

ビジネスプロセスの改善や戦略の再構築など、中小企業の経営改善プロジェクトのリーダーシップを担当することが期待されます。

③産業振興機関や金融機関のアドバイザー

中小企業診断士は、産業振興機関や金融機関などでもアドバイザーとして採用され、中小企業の発展に寄与します。地域社会への貢献が期待されます。

今日のまとめ

Q
診断士=転職市場で評価されるのは、世間の仕組みを良く知っているため。①長期ゴール→②環境変化想定→③仲間を集める程度は猫でも知るが、恥ずかし気もなく「戦略的思考」と言いくさる、厚顔無恥さが強み?
A

そして診断士試験を合格目的化して大はしゃぎか、高度人材化への第一歩にするかは、あなたの戦略的思考次第。なお試験の作問採点基準は、当然後者の若手を優遇します。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-キャリア&スタイル

PAGE TOP