街にペンキを塗るなら、チームの方が面白かった? 今年の「Ⅳの解き方」は4人1組のチームプレイで始まります。 ※単独フリーモード参加も可です。

「Ⅳ」で70点は無謀だろう、でも60点なら猫でも取るだろう。そこで上手に説明して自信をつけ、その上手な説明を聞いてあらゆるムダ勉をカットする。6/5からの週イチ全8回のⅣ対策(完全無料)が、いよいよ受付開始です。

キャリア&スタイル

【GW突入号】オールラウンダーしか勝たん / 試験に役立つ七五三

明日からの風薫る5月は、朝学習の定着にうってつけ。そこで朝からムッとしてガバっと跳ね起き机に向かいたくなる動画は、明日からサマータイムに入り、毎朝5:00からWebサイトでご覧いただけます。

Q
意図的な学習時短が急速に進められ、そもそも賢い東大系オールラウンダーしか勝たんとも言われる診断士試験。そのビッグウェーブに乗るのも対抗するのも、ゴールから逆算するバックキャストと教わりました。
A

そもそも大企業系ホワイトカラーの、リストラ回避駆け込み資格とも称される当試験。メンバーの知見を持ち寄れば、ヘタクソG格者様やスクールのウンコノウハウが全面不要とわかるでしょう。

①「1次」7科目の相乗効果②「2次」は七五調のキレイな国語③解答要素は常に3点
概要:「1次」7科目とは、ビジネスの基礎知識から専門技能まで、成長段階に応じて習得すべき分野を表します。ここで7科目の中に苦手を作らないことで、お子様の七五三と同様に自分の成長過程をより実感するでしょう。七五調の詩のように、リズム感がある簡潔で美しい「2次」答案は加点の期待が持てます。七五調は日本文化の美学を象徴するものであり、そのバランス感覚は醜いふぞろいと真逆な好印象を採点者に与えるでしょう。ビジネス文やビジネスチャットにおいて、20字×3要素で構成し、要素間の因果関係を明確にするクセを付けます。すると論理的な展開と明確な因果関係を持つ文章になり、読み手の理解と納得を促進します。
効果:この「1次」科目は一見独立するように思えますが、相互に補完させることで500点以上の高スコアを叩きだすことができます。その過程で全科目に均等な注意を払い、総合的な知識体系を構築するオールラウンド力が高まるのです。七五調での文章作成を意識することで、情報を効率的に処理し、相手に伝わりやすい方法で表現する能力が鍛えられます。診断士「2次」で読みやすく、相手に好感される文章を書くことは、そのままビジネスコミュニケーション力の向上につながるのです。説得力があり、読み手の共感や行動を引き出しやすくする文章は、ビジネス上での効果的な意思疎通を実現します。この技術は、試験での高評価に繋がるだけでなく、実際のビジネス環境での成功に直接貢献するのです。

【GW突入号】オールラウンダーしか勝たん / 試験に役立つ七五三

さすが生成AIの作る文章は、①常に中立クールかつ客観的で、②最も読みやすく好ましい順序で作るため、③読み手はその内容を好感し、同感できるな。

その真逆でキーワードモリモリの数こそ正義と言い募る、D友館に同感できない理由も丸わかりです。

GWもこうやって、同業D社の熾烈なパクリを追い払って学習スタート
生成AIの書く国語がなぜキレイで好感共感しやすいかに注目しながら、試験に役立つ七五三を考えます。

Step-1:「1次」7科目の相乗効果

Q
さて、辞書より分厚い過去マス信者がことごとく「1次」を苦手化・敵視し、続々とふぞろい教に入信する理由。それは1問解く度に「不正解です」とダメ出しされたうえ、その解説がヘタクソすぎて、「1次」の暗記を苦手化するため。
A

「2次」で過去問の答を覚えちゃダメじゃね? そんな周囲の忠告にも「ボクはこれでもG格者!」と一切耳を貸さないことで知られる過去マス信者。その真逆で「1次」を得意化、味方にするのが7科目知識の相乗効果です。

①ビジネス環境のクロスオーバー化

近年、ビジネス環境はますます複雑化し、従来の単一領域の知識だけでは課題を解決するのが難しくなっています。異なる分野が融合し、クロスオーバーしたアプローチが求められるようになりました。例えば、財務情報だけでなく、マーケティングや人事管理などの知識も必要とされるビジネス課題が増加しています。

②「1次」7科目の異なる知識&暗記スタイル

診断士「1次」では、財務、経営、法務、情報技術など、異なる領域の問題が出題されます。これらの領域はそれぞれ独自の知識や暗記スタイルを要求します。そのため、受験生は幅広い分野にわたる知識と暗記のスキルを獲得する必要があるでしょう。

③7科目苦手解消でクロスオーバーに課題解決

そこで診断士試験で不得意科目を作らないアプローチを取ることで、ビジネスにおける異領域の知識と暗記アプローチの同時獲得を目指します。これらの異なる知識とスキルを組み合わせることで、クロスオーバー効果が生まれ、ビジネス課題をより総合的に理解し、解決する能力が高まります。つまりビジネス環境が複雑になるほど、幅広い知識とスキルを活用することで、より効果的な問題解決が可能となるのです。

Step-2:「2次」は七五調のキレイな国語

Q
「1次」7科目知識×その暗記アプローチが多様であれば、「2次」は国語の試験に過ぎない。確かに東大系オールラウンダーを始めとする上位5%が、国語の読み書きを苦にしないのは有名だ。
A

東大クンの国語読み書き力があれば、「2次」与件文がわざとデタラメにわかりにくく、論理破綻した文章で作成されている程度はわかる。その真逆でヘタクソ与件を長年読みすぎてマイ文章まで破綻するのがベテなので、七五調を意識してそこを避けます。

①「2次」で問われる100字記述力

100字の制限内で的確に要点をまとめることは、読み手の時間を節約し、情報の効率的な処理を可能にします。また、要約能力はビジネスにおいても重要であり、短い文章で核心を捉えるスキルが求められます。

②モリモリを避け重要度で取捨選択

デジタル時代のビジネス環境では情報が氾濫しており、読み手は多くの情報にさらされています。端的な解答は、その中から重要な情報を抽出し、読み手にとって真に必要な情報を提供することで、情報過多に対処します。

③読み手がストレスを感じない、心地よいコミュニケーション

わかりやすく美しい国語での解答は、読み手に対する敬意を示すと同時に、ストレスを軽減し、理解しやすいコミュニケーションを提供します。中立的かつ公明正大な姿勢で、読み手との良好な関係を築くことが重要です。

Step-3:解答要素は常に3点

Q
最後に「2次」答案とは、ふぞろい教のようにモリモリキーワードをデタラメ並列列挙で詰めるより、端的なキレイな国語で読み手に好感共感されることがマストに(同業D社の信者を除く)。「それには解答要素を3つ挙げよ」と言われる理由は?
A

多忙な時代のビジネスで最も好感されるのは、20字×3要素の「短いは正義」。そして100字のマス目なら①②③④⑤とヘタクソキーワードを乱打せず、「理由は、①②で③」と3要素で答える。これはヘタクソ列挙の同業D社を除き、人類としての常識です。

①A→B、B→Cの3要素で因果関係

ビジネス文章では、A→Bへ、そしてB→Cへという3文節の因果関係を明確に示すことで読み手の理解を得やすくなります。このような論理的な文章を書く習慣をつけることで、周囲に対して説得力が高く、力強い情報の発信が可能になります。

②読み手の期待に応えやすい

質問をする側は、単に情報を得るだけでなく、自分が知っている解答を含めることを期待しています。そのため、最初から1つに絞らずに3点挙げると読み手の期待にヒットしやすくなります。

③「最大の理由」では候補を3つ挙げて2つを落とす

そのうえで解答要素を最大の1つに求められた場合は、解答候補を3つ浮かべて相手の期待に応じて2つを落とし残った1つを答えることで、読み手の期待に添いつつ重要なポイントを明確に示すことができます。診断士「2次」ではこのような作問変化を通じてビジネス国語のコミュニケーション力を鍛え、答えの品質と聞き手の満足度を両立が図られるのです。

今日のまとめ

Q
くっ、オールラウンダーしか勝たんとされる試験で、試験に役立つ七五三? そして誰にでも好感共感される国語を生成AIが自在に作る時代では、同業D社が潔く負けを認めるか、あるいはキーワードと心中を遂げるかに注目だ。
A

既に生成AIに屈したことを認め、公式ブログでひたすら黙秘を決め込むふぞろい17。その鬱憤を晴らすべく、盛った似顔絵×タメ口口語調×好感されないG格自慢を揃えたノウハウ本は、その誇張を盛れば盛るほど試験主催者に意地悪されます。

■■ここからテンプレ■■

-キャリア&スタイル

PAGE TOP