おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

C経営

【2次が国語の試験なら】直近5年知識の法則 / 1次の答を先に覚えて知識4倍

「直近5年知識の法則」とは、合格平均年齢引き下げ&初学優遇を意識し、2次答案を【直近5年の1次出題知識に絞って書く】セオリーのこと。さらに【2次で一番使いやすい順】に並べてあれば文句ナシです。

1次過去問5年 論点別×古い順エクセルリスト

「過去問直近5年の法則」に従えば、「2次」答案は直近5年の「1次」出題範囲内の知識で書くのが最も安全に。そこで「1次」過去問を論点×古い年からの順に並び替え、次の出題予想知識テキストを兼ねます。

Q
ダウンロードしたエクセルでは、「2次」解答に使う論点順に、さらに古い年度から並べ替えてある。つまりこの順番でRTAすると、それがそのまま「2次」最新のテキスト代わり?
A

「1次」を苦手化して敵に回すと、キーワード&ノウハウを崇めてふぞろい送りの刑に。そこで、「2次」で使う知識は【直近5年の1次出題分】と捉え直し、正解を先に覚えて最新テキストとして使うのが上位5%のセオリーです。

①正解を先に覚える

過去問題集から問題を選んで、解答を試みます。この段階では正解だけ覚えることに注力し、理解しよう、全てを覚えようとするタイムロスを避けます。

②誤答の誤りを探す

最初から論点順の問題集の目次か、このサイトのリストを使い、問題を論点順に並び替えます。次に正解を先に見て、残りの3つの選択肢のどこが誤りかを考えます。国家試験の誤答選択肢は出題ミスがないよう、正解選択肢のどこかを誤りに変えて作問するため、極力最小字数で誤りを見つけるほど試験委員の考え方に近づくのです。

③下線を引いて修正

最後に、間違いを特定した誤答選択肢に下線を引きます。そして、教科書や解説を使わず、自分の言葉でその間違いを正解に直します。必要ならば、インターネットを活用して情報を調べ、正しい理解を深めます。

【2次が国語の試験なら】直近5年知識の法則 / 1次の答を先に覚えて知識4倍

以下の動画&Webサイトでは、「2次」答案に使える直近5年238マークの「経営」過去問を全問解説。さらに各論点を【自分の言葉で】100字前後に要約すると、それが長期記憶のフックになり、全ての知識が泉のようにスラスラ出てきます。

Webサイト版はこちら↓

以下は各5分ずつの動画版と、1論点ずつ100字の生成AIワンポイント解説付き。どうみても業界最新で先端の「事例Ⅰ&Ⅱ」知識対策であるのは、200%お墨付きな。

マーケティング

「事例Ⅱ」マーケでは、(一部を除き)覚えた知識を書いた所で点にはならない。理由は、知識を訊くのでなく、その知識でどう市場を見るかの力を問うためです。

コトラーのマーケティングコンセプト

コトラーのマーケティングコンセプトは、顧客のニーズを満たすことを中心に据えた経営の方針です。商品の生産面を重視するよりも、顧客のニーズや要求を把握し、それに合った商品やサービスを提供することが常に意識されます。このコンセプトに基づくことで、企業は顧客中心のマーケティングアプローチを実現できる様になるのです。

マーケティングリサーチ

マーケティングリサーチは、市場や顧客に関する情報を収集し分析するプロセスです。市場のトレンドや競合情報、顧客のニーズや好みなどを把握することで、企業は戦略的な意思決定を行います。現代の急速なデジタル技術の発展により、その調査手法やデータ分析技術は年々精緻になり、安価なコストで説得性の高いデータドリブンなマーケティングや経営を実現できるでしょう。

消費者購買行動

コトラーの消費者購買行動では、消費者が商品やサービスを購入する際に示す行動のパターンや要因が段階的に理論立てて説明されます。その購買意思決定こそ、心理的、社会的、経済的な要因が複雑に絡み合うものですが、消費者の購買行動を理解し、その背後にある要因を考慮することで、現代に求められている効率的マーケティング戦略の策定が可能になるのです。

ダナドコの「ナ」である製品は、必ず「事例Ⅱ」の加点ポイントに。そこで開発プロセス→ブランド→サービスマーケの順に体系立てて知識を覚えます。

製品開発プロセス

製品開発プロセスは、市場ニーズや競合状況を分析し、新製品を企画・開発する段階的なプロセスです。アイデア創出、概念検証、詳細設計、製品試作、市場テストなどの段階を経て、市場に適した製品を開発します。顧客ニーズの把握と競合分析が重要です。

ブランド戦略

ブランド戦略は、製品やサービスに付加価値を与え、顧客に差別化を提供する計画です。ブランドイメージやブランドロイヤリティを構築し、顧客の心に訴えかけます。広告、販促活動、パッケージデザインなどがブランド戦略の要素であり、企業の長期的な競争力を強化します。

サービスマーケティング

サービスマーケティングは、サービス業において顧客満足度を高め、顧客ロイヤリティを築く戦略です。顧客接点やサービス品質の向上、顧客ニーズの把握が重要です。顧客とのコミュニケーションや感情的な結びつきを強化し、顧客満足度を追求します。

ダナドコの「ド」と言えば価格・販路・販促の3つ。そして「コ」と言えば、関係性マーケで尻穴の毛まで抜く一択です。

Price価格

価格は顧客が商品やサービスを購入する際に支払う金額です。価格設定は市場環境や競合状況、製品やサービスの付加価値などを考慮して決定されます。適切な価格戦略を立てることで利益を最大化し、市場シェアを確保します。

Placeチャネル

チャネルは商品やサービスの流通経路を指し、顧客に提供する手段です。小売店、オンラインストア、代理店などがチャネルの一例です。効果的なチャネル戦略は商品の供給や販売を最適化し、顧客に容易にアクセスできる環境を提供します。

Promotion販促

販促は商品やサービスを顧客に知らせ、購買意欲を喚起する活動です。広告、セールスプロモーション、イベント参加などが販促手法の一部です。効果的な販促戦略はブランド認知度の向上や売上増加に貢献します。

関係性マーケティング

関係性マーケティングは顧客との長期的な関係構築を重視するアプローチです。顧客との信頼関係や忠誠度を高め、リピーターを増やすことを目指します。顧客のニーズや要求を理解し、顧客中心のアプローチでサービスを提供します。

戦略論

今年から1次出題領域表が改訂され、競争戦略が成長戦略の後に回された。よって試験対策も、ポーターのボジショニングよりバーニーのVRIO重視で進めます。

ドメイン(多角化)

ドメインは企業が新規市場や事業領域に進出する戦略です。既存の事業とは異なる分野への多角化はリスクを分散し、成長の機会を追求します。しかし、適切なポートフォリオ管理が必要であり、事業間のシナジー効果を最大化することが重要です。

PPM

PPMは企業が保有する製品やサービスのポートフォリオを最適化する管理手法です。製品の成長率や市場シェア、収益性などの指標を分析し、投資すべき製品や撤退すべき製品を選択します。資源の効果的な配分を実現し、企業価値を最大化します。

VRIO

VRIOとは企業のリソースや能力が持つ価値、希少性、模倣困難性、組織化力を評価する枠組みです。企業はこれらの要素を活用し、持続的な競争優位を構築します。VRIOの4つの要素全てを満たすことで、競合他社との差別化を図り、持続的な競争優位を構築できることに注目します。

企業間連携

企業間連携は他社との提携や買収を通じて資源や市場シェアを拡大する戦略です。M&Aや戦略的提携により、市場進出のスピードを加速し、競争力を強化します。そのうえで、統合の課題や文化の違いなどを克服するための留意点を覚えておきましょう。

ところがITブームの時代では、デジタル企業の先行優位や独占的な収穫逓増がよく目立つ。ポーターの競争戦略も目が離せないと、思い直します。

業界構造の分析(ポーター)

ポーターの5フォースは、業界の収益性を決定する要因を分析する枠組みです。売手の交渉力・買手の交渉力・新規参入の脅威・代替品の脅威・既存業者間の競争の5つの視点で評価し、業界の収益構造を明らかにするとともに、自社の競争優位性を見定めます。

競争の3つの基本戦略(ポーター)

同じくポーターが定義した、差別化、コストリーダーシップ、集中の、競争の3つの基本戦略も非常に大切です。差別化は独自性を強調し、顧客のニーズに応えます。コストリーダーシップは低コストで大量生産することを重視します。集中は特定の市場セグメントに焦点を当てます。

競争地位別戦略(コトラー)

コトラーは企業の競争地位をリーダー、チャレンジャー、ニッチャー、フォロワーの4つに分類しました。リーダーは市場を主導し、競合他社に先行します。チャレンジャーはリーダーに挑戦し、市場シェアを拡大します。ニッチャーは特定のニーズに特化し、フォロワーは他社の戦略に追随します。

技術経営を学ぶ上では、アーキに基づき、イノベを起こして業界標準を獲り、ベンチャー起業して夢は海外進出。このストーリーで全ての知識がツナがります。

アーキテクチャ

商品のアーキテクチャを検討し、競争力を高めることが重要です。特性を把握し、市場ニーズに合致した商品設計を追求することで、顧客満足度を向上させ、競合他社との差別化を図ります。また、持続可能な成長を実現するために、将来の技術や市場の変化にも柔軟に対応することが求められます。

イノベーション

モジュラーとアーキテクチャの組み合わせにより、ラディカルなイノベーションを実現します。これによって、既存の枠組みにとらわれない新しいアプローチが生まれ、市場に革新的な価値を提供することが可能となります。このようなイノベーションは、競争力の向上や市場の拡大に大きく貢献します。

デファクトスタンダード

ラディカルなイノベーションで業界標準を確立し、デファクトスタンダードとして認知される地位を築きます。業界標準の確立によって、企業は市場でのリーダーシップを強化し、競合他社との差別化を図ることができます。また、業界標準に準拠することで、顧客の信頼を獲得し、市場シェアの拡大を実現します。

ベンチャー

業界標準を目指し、新たな価値を提供するベンチャーを起業します。このようなベンチャーは、市場に革新的なアイデアやサービスをもたらし、新たな市場の創造や成長を促進します。また、ベンチャー企業は、柔軟性やスピードを武器に、市場の変化に迅速に対応し、競合他社との差別化を図ります。

海外進出

成功したイノベーションを海外市場に展開し、グローバルな事業展開を実現します。海外市場への進出は、企業の成長戦略の重要な一環として位置付けられます。国際市場での事業展開によって、企業は市場の拡大や収益の増大を実現し、競合他社との差別化を図ります。

組織論

試験によく出るバーナードとアンゾフの主張に耳を傾ける。難問が多いので、オツムの弱いふぞのように苦手化しないよう注意を払う論点です。

組織構造の設計原理

バーナードは組織の成功には共通の目的が不可欠だと述べました。組織内の個々のメンバーはその目的に貢献し、相互間のコミュニケーションが円滑であることが重要です。共通の目的は組織の一体感を高め、目標達成に向けてメンバーの協力を促進します。

階層別意思決定(アンゾフ)

アンゾフは組織内の意思決定を階層別に分類しました。戦略的な意思決定はトップマネジメントが行い、管理的な意思決定は中間管理職が、作業的な意思決定は現場レベルで行われます。この階層別のアプローチにより、組織内の効率的な意思決定が実現されます。

戦略と組織設計

組織の戦略に応じて、機能別組織や事業部制などの適切な組織形態が採用されます。例えば、市場開拓が重要な場合は事業部制が有効であり、製品の開発が中心の場合は機能別組織が採用されることがあります。戦略と組織設計は相互に影響し合い、組織の方針を実行するための基盤を提供します。

環境不確実性

変化の激しいビジネス環境においては、組織は環境不確実性に対応できる柔軟な構造を持つ必要があります。マトリックス組織やプロジェクトチームなどの柔軟な組織形態が採用され、異なる部門やプロジェクト間の連携が強化されます。これにより、変化に対応し、競争力を維持・向上させることが可能となります。

部門間調整(社内)

大規模な組織では、複数の部門や部門間の調整が不可欠です。各部門が独立して活動することで生じる情報の非対称性や意思疎通の困難さを解消するために、部門間の連携やコミュニケーションが強化される必要があります。これにより、組織全体の効率性が向上し、目標達成に向けた共同作業が促進されます。

ボクのモチベ!モチベ!と騒いでいる内は同業D社のお子ちゃま扱い。そうでなく、チームを上手に回すためのリーダーシップと、学習して変革を起こす組織づくりを学びます。

モチベーション(内容理論)

モチベーション理論は個人の行動を理解するための重要な枠組みです。マズローの欲求階層理論やハーズバーグの二要因理論などがあり、これらは個人の欲求がどのように行動に影響を与えるかを説明しています。これらの理論は組織内でのモチベーション管理に役立ちます。

モチベーション(外発(過程理論)⇔内発)

動機付けは外発的と内発的の二つに大別されます。外発的動機付けは外部からの報酬や罰によって引き起こされる動機づけであり、内発的動機付けは個人の内部に存在する興味や価値観に基づく動機づけです。近年では、内発的動機付けが個人の成長や満足度においてより重要視される傾向があります。

集団・チーム

ビジネスの複雑化や変化の速さにより、個人のみならずチームの役割が重要視されるようになりました。チームは多様なスキルや知識を持つメンバーが集まり、集合知や創造性を活かして問題解決やイノベーションを実現するために重要です。

リーダーシップ

状況適合型リーダーシップは、リーダーシップスタイルを状況に応じて柔軟に変えるアプローチです。このアプローチにより、リーダーはさまざまな状況に適切に対応し、チームのパフォーマンスを最大化することが期待されます。

組織文化・学習・変革(組織3兄弟)

組織文化は学習と変革のプロセスを促進します。学習を通じて、組織は環境の変化や課題に対処し、変革を実現します。持続的な学習と柔軟な組織文化があれば、組織は競争力を維持し成長を遂げることが可能です。

今日のまとめ

Q
上記各論点に対する100字解説は、全て生成AIが瞬時に作成した原文ほぼそのまま? そして某超絶な100字訓練、はたまた同業D社の「与件を読まない想定問答」をAIが瞬時にリプレース。そんな事実に納得する他にない?
A

つまり複数年ド苦学など論外で、イマドキ「1次」400、「2次」150hで試験合格するのが常識。かつ短時間で1問を捌くスピードが速いほど、80分で解けない事例でA評価を取れることも当たり前です。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-C経営

PAGE TOP