R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

★As-Is競争

【緊急告発】まさかのふぞろい脳に全員唖然 / キーワード論争ついに終止符

ふぞ信者⇔上位5%それぞれの面子にかけて、生涯解決不ノウとされたキーワード論争。それがまさかの内部告発で、一転解決に向かいます。

それは試験評論歴15年の当サイトでも腰を抜かす、驚く内容。試験委員46名にも正しく伝わるいつもの生成AIで、ベテふぞ以外なら猫でも頷く事実を告発な。

Q
同業D社が掲げる「キーワード」は、意図的に「与件ワード」+「フレーズ集」の2つを混同している。そして業界一のヘタクソ国語はD社で確定に。
A

あのふぞろい脳では、いくら正しいコトを伝えても馬耳念仏で猫小判。そこでベテふぞでも半分くらいは理解可能な、絵にしましょう。

ふぞろいが叫ぶ「キーワード加点」には、①狭義のキーワード(与件引用)+②ふぞワード(全ノウハウ掲載の訊かれていないフレーズ集)の2つが混在。①は加点されるが、②はひどいと減点覚悟で使いましょう。

【緊急告発】まさかのふぞろい脳に全員唖然 / キーワード論争ついに終止符

Q
ふぞろいが叫ぶキーワードが、「与件の引用」+「ふぞワード」を混同するのは分かった。で、誰が何をどう告発したの?
A

内部告発者が誰かは保護されますが、ふぞ答案に漂うあの異臭違和感の原因が、【ふぞワードを先に浮かべて】解いてくるためと判明しました。

通常の人類では想像もできない、なぜかマス目に突然飛び出すふぞワード。その原因が「使いたいフレーズを先に用意し」「設問のどれかに使う」ためとの内部告発に、全人類が戦慄します。

R6試験最初のからかい:ふぞろいワード(フレーズ集)で100字の例文

2割ガチャ化のふぞろい除けで、年々マシマシ化が進む与件文
①盛り沢山のふぞノウハウでは当然80分に間に合わず、②時間切れで苦し紛れのふぞ構文を書いた途端に、③採点係が尻尾を振って狙い撃ちする目が濃厚に。(100字)

A社への助言が人材育成か、中途で営業力強化なのかが支離滅裂で、書いた本人ですら後から見直して気まずいレベル。ふぞろいなノウハウ答案に課された末路がそこな。

事例Ⅰ:事例Ⅱマーケ化が進むと同時に、与件の根拠がマシマシ化

Q
同業D社が歴戦の成果を誇る某ノウハウ集から、ふぞろいワード(フレーズ集)を10個選び出しました。これでA社への100字の助言を作ってください。
A

【生成AIが選んだふぞろいワード10選】
①ニッチ市場で競争回避
②コア技術への資源集中
③製品企画部門新設
④収益責任明確化
⑤権限移譲
⑥家族経営と事業承継
⑦部門における人材育成
⑧研修実施でリスキリング
⑨営業力は中途で強化
⑩帰属意識と一体感

A社は、①ニッチ市場での競争回避でコア技術への資源集中を進め、②収益責任を明示した権限移譲を進めて事業承継に備え、③中途採用による営業力強化と人材育成重視により組織一体感を醸成して士気向上を図るべき。(100字)

事例Ⅱ:一見何でも書けるアイデア回避には、80分で高速処理を

Q
これはさすが生成AI。【与件を読まずに100字を作る】事実が広まると、あのヘタクソ与件文を必死こいて作る試験委員の面目が丸つぶれ。より根拠マシマシな事例Ⅱでも助言して?
A

【生成AIが選んだふぞろいワード10選】
①顧客ニーズ
②ジオデモサイコ基準
③自社ブランド
④地域ブランド
⑤地域連携
⑥新規顧客獲得
⑦客単価向上
⑧関連購買
⑨体験型
⑩口コミ誘発

B社は、①顧客ニーズを踏まえたジオデモサイコ基準で対象選定し、②自社ブランドの強化と地域連携で新規顧客を獲得し、③体験型マーケでの客単価向上と関連購買を促して満足度向上と口コミ誘発で顧客拡大を図るべき。(100字)

事例Ⅲ:超難問R5に限れば、覚えた「生産知識」を書いても点にならない

Q
与件に与さないふぞろいワードで100字を作れる時代がやってきて、その想定で待ち構えていたのが史上最凶の事例Ⅲ。ふぞろいワードで助言する末路はどうなった?
A

難化するとはわかっていたが、こうまでふぞろい外しをするとは予想外。涙目で覚えたふぞろいワードは、ほとんど加点の対象外でした。

【生成AIが選んだふぞろいワード10選】
①ふぞろいの一つ覚えがQCD
②在庫管理
③仕掛品
④シングル段取り
⑤OEM・外注化
⑥新製品開発
⑦DB化
⑧品質管理
⑨OJT
⑩販路開拓

C社は、①QCD視点での生産プロセス最適化を通じた仕掛減とシングル段取での短納期を実現し、②DBで情報一元管理してOEM・外注化による新製品開発を進め、③OJTでの技術継承と品質管理向上を通じて販路開拓に注力するべき。(100字)

今日のまとめ

Q
でさ、告発者が誰かは問わないが、どんな告発を受けたか位は教えてくれる?
A

それは全ノウハウに付属した、「与件を使わず答える想定問答集」。EBA100字のパクリと思われますが、与件を読まずに答える手口に公的規制が入るのは、当然すぎる末路です。

要するに、教育産業でもない出版D社は世間も試験もわかっていない。【そんな汚物を活字で出版】したら、そこを避けて作問採点するのが当然です。

■■ここからテンプレ■■

-★As-Is競争

PAGE TOP