おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

1次Plan:学習計画

【2024年にプレゼント】過去問カードゲーム / 1次最強デッキは選び放題

もし「1次」7科目をカードゲーム化したら? クリスマスやお正月の人気者No.1は間違いなしです。

Q
スマホアプリ全盛時代でも、ファミリー層や資格受験者を問わず、カードゲームが根強く支持される理由を教えて?
A

心ウキウキなクリスマスシーズンは気持ちが昂り、いろんな思い出を作りやすい。そして家族や資格受験者を問わずウケるためです。

①友達や家族との交流と結びつき

カードゲームは、友達や家族と一緒に遊ぶ楽しい娯楽の一つです。特にホリデーシーズンは人々が集まり、一緒に時間を過ごす機会が増えます。ポケモンなどのカードゲームは、気軽に楽しめるだけでなく、対戦相手とのコミュニケーションを深める手段としても人気です。友情や家族の絆を強化する要素が含まれているため、ホリデーシーズンに特に好まれます。

②戦略と頭脳活性化

カードゲームはプレイヤーに対して戦略的な思考を要求します。ポケモンなどのトレーディングカードゲームでは、デッキの構築や戦術の選択がゲームの進行に大きな影響を与えます。これにより、プレイヤーは戦略的な能力を発揮し、相手との対戦で頭脳を駆使することが求められます。ホリデーシーズンはリラックスした雰囲気でありながらも、知的な刺激を求める人たちにとって理想的な環境を提供します。

③カードを集めるコレクション性

ポケモンなどのトレーディングカードゲームは、美しいアートワークやレアなカードの存在により、プレイヤーたちにコレクションの喜びを提供します。カードを集めることで、自分のデッキを強化するだけでなく、貴重なカードを所有すること自体が楽しみとなります。ホリデーシーズンには、ギフトとして新しいカードや拡張パックが贈られることがあり、これが新たなコレクションの始まりとなります。カードを収集する過程で友達や家族との交流も深まり、ホリデーシーズンを特別なものにします。

【2024年にプレゼント】過去問カードゲーム / 1次最強デッキは選び放題

診断士「1次」は12月過去問スタートが最強。そこで1月末まで右往左往でノロマな【過去マスしか知らない子供たち】に、ぶっちぎりで差をつけよーな。

❶今年もTACはスピード勝負:全7科目一斉発売(12/5)

Q
何事もスピード勝負の時代に、12/5発売TAC過去問⇔1月末にやっと発売の同業D社では、2か月の差がある。そこで15%引きの7巻セットを買ってもOK?
A

いえ、易化が進む「1次」対策での特定出版社一択は非効率であり、特に「運営」「経済」は過去マス10年を使えば十分。分散・継続の観点からも、1冊ずつ「経営」から入手しましょう。

2024年度版過去問発売日
TAC5年→2023/12/5(発売済)
過去マス10年→2024/1/31 (中小のみ2/28)

①過去問集の早期入手で、3回転→5回転以上に収穫逓増

TACの過去問集は信頼性が高く、過去5年間の問題に焦点を当てています。これにより、最新の試験傾向や出題スタイルを把握しやすくなります。目安として5回転以上の繰り返し学習を通じて、問題の傾向や解法を徹底的に理解し、記憶に定着させることが可能です。

②記憶の構造上、経営→財務→運営→経済→情報→法務→中小の順が最適

TACのカリキュラムは科目の順序が効果的に構築されており、経営から中小までの7科目が順番に学習されます。この順序は、学習者が理解しやすく、知識が身につきやすい構造となっています。過去問集も同じ順序に基づいているため、知識の整合性が高まり、効果的な学習が期待できます。

③TAC年度別が合わない方は、過去マス10年に切り替えて【弱者の戦略】

5年分のTAC過去問集の他に、10年論点順の過去マスを選ぶ選択があります。もしTACの年度別が自分に合わないと感じた場合、この過去マスを活用することで、より初心者向けのアプローチで効果的に学習できます。これは個々の学習スタイルや進捗に合わせて柔軟に対応する戦略であり、ファイナンス用語でリアル・オプションと呼ばれています

予め論点順でないと過去問すら解けないオツムでは、正直士業に向いていない。でも試験合格こそが至上命題なら、過去マス作戦も現実的です。

❷組み合わせるほど強いデッキに

Q
「1次」過去問選びに、最強TAC⇔ド底辺な過去マスまでのチョイスがあるのはわかった。でもなぜこのクソ評論サイトは、一択ではなくミックス推奨?
A

過去問の答を覚えて落ちる「2次」と異なり、過去問の答を完全にマスターすれば「1次」は受かる。特に「運営」「経済」で、わざわざ使いにくいTAC5年を選ぶ利点がないためです。

特定出版社のシリーズ買いは避ける時代へ
どの出版社のテキストにも一長一短があるのは当然で、これからはそのギャップを活かし、不合格リスクを下げる意識が有利に。

①これまでの国家試験対策は、特定出版社のシリーズ買い

これまでの定番アプローチでは、同じ出版社の教材を揃えることが一般的でした。これにより、教材間の整合性が高まり、学習者は戸惑いなく知識を習得できました。同じ出版社の教材は、一貫性があり、章やセクションの違いによる学習の中断を最小限に抑えることができました。

②テキスト⇔問題集をまたぐシームレスな効果

同じ出版社の教材を使用することで、テキストと問題集をまたがっても学習の一貫性が確保され、戸惑いが少なかったのです。一つのロジカルな進行で学習を進めることができ、課題の切り替えや理解の乱れが生じにくかったとされてきました。

③これからは出版社の差を超えてつながるシームレスへ

ところがVUCA(不確実性、不安定性、複雑性、曖昧性)の時代に入り、柔軟性や適応力がより重要視されるようになりました。そのため、出版社の垣根を越えて異なる教材を組み合わせ、情報や知識を柔軟に統合できるスキルが注目されています。時流の変化に適応するためには、異なる出版社の視点やアプローチを視野に入れつつ、自分なりの学習スタイルを固めていくことが欠かせないのです。

どうみても短期最速合格推奨の試験に、TAC5年で意地を張る必要はゼロ。ただそこをコンプすると、同業D社を足元にも寄せ付けない上位5%の利点があります。

❸重要カードは、「万能」「双璧」「現場対応」

Q
こう考えると、この試験の本当の狙いは「試験合格」「テキスト依存」でなく、リアルビジネスに通じるスキル獲得=カコモンカードゲームと言えそう?
A

それは2024年に向けた素晴らしいアイデアです。よわよわオツムの同業D社にダメ出し、おっと違ったダメ押しするために、3つの最強スキルカードをゲットしましょう。

①経営=万能カード

この科目はビジネスの根幹を支える基本知識を提供します。戦略論で企業の長期的な計画や目標を理解し、組織論で組織の構造や機能を把握し、マーケティングで市場や消費者行動を理解することが求められます。この科目を修得することは、ビジネス全体を俯瞰し、他の科目との連携を図る上で重要なスキルを養います。他の科目のスキルも補完的に向上させるサポート効果があり、総合的なビジネス理解を深めます。

②財務=双璧カード

この科目は企業の財務健全性や経済的な側面に焦点を当てます。企業経営理論との相補的な位置づけであり、経済的な視点から企業の健全性を見抜く能力を育む役割があります。特に、バランス感覚が求められるため、同業D社のあのみっともないド底辺なステマ教材に偏ることのない、総合的な判断力を養う効果が期待されています。

③運営=現場対応カード

この科目は実践的な現場対応力を養うため、試験形式も変わりやすいです。事例Ⅲでは同じ問題が出ないため、過去問だけでなく、変化に対応する柔軟性や応用力が求められます。この科目を学ぶことで、実際のビジネス状況に臨機応変に対応し、冷静かつクールに問題解決できるスキルを身につけることができます。

それにしても、なぜ同業D社はあれだけよわよわオツム? それはネット情弱が次の情弱を勧誘し続けた結果、なんと全員が過去マス一色=視野があまりに狭いため。

今日のまとめ

Q
こう考えると、「1次」7科目における最強デッキは自分好みで選び放題。そして、「万能」スキルを最強にするならTAC一択
A

同業D社の信者はステマがうざい。そこで「経営」過去マス10年を選ぶ時点で情弱認定し、パーティー参加は願い下げです。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-1次Plan:学習計画

PAGE TOP