【年末ジャンボ→初夢ドリーム】マインド・スキル・ツールで年越し

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
当記事はYouTubeでも配信中
1,500人合格~よく当たる初夢仮説
ひと昔前ならありえない1,500人合格が勝手に一人歩きし、なぜかそこそこ当たってしまう。理由はもちろん、試験の合格枠とは主催側の思惑で合理的に決まるため。
①補助金特需で深刻な人材不足
質の低下を叫ぶ既得権層
③そのまま増やすと猛反発に
④世論を醸成しそれなら納得

世の中どのタテ組織にも腐った既得権層が。その同意を得るのはそこそこメンドくせーぞ。

その既得権層の賛成条件=’若手なら採ってもいいぜ’
すると試験の当選条件もこう進化↓。
メンド臭いベテを落とす
わかってないふぞを落とす
パクったノウハウ狙い撃ち
Q
そう。受験平均⇔合格平均年齢の違いを見れば、主催側が意図的に若手誘導するのは猫でもわかる。すると今年最悪の悪目立ちとは、合格ノウハウを騙り、誘導館「皿回し」に誘導しやがるあのオジサン?
A

そう、試験委員の好みは白いキャンパス。色物かつ誘導館紐付きの一発パクリには、9,000人全員で白い目です。

【年末ジャンボ→初夢ドリーム】マインド・スキル・ツールで年越し

ほう、年越しの際までパクリをからかう。 余程悪い物でも食わされて、腹でも壊した?

うんにゃ。超変則日程のR3で一つ吉兆が
それは4事例総難化におったまげ、試験の当落は主催側が後出しジャンケンで決め放題。①もう試験にクヨクヨなどせず、②くじと割り切り居直り勝負。③見事当たればミライにdashを。(100字)
あれだけ備えた本試験、新作事例で頭まっ白
答を覚えるベテから落とす「2次」では、勉強にムキになるほど落ちやすい。その頭まっ白体験をプラスにするか単に放置か。それが初夢ドリームの将来価値FVをガラリと変えます。(100字)
❶理屈でなく本能
この試験はふぞ信者でも2割受かるが、合格枠拡大につれ「当落そのもの」→「その後の活躍」に評価がシフト。つまり、「本能的に正しい方を」選ぶセンスを競います。
❷上には上が(正論ジャー)
ネット世論が発展し、情報の二極化が進むと、正論ジャーは今後ますます力をつける。そこで歯向かうより「長い物に巻かれる」。おべっか使わず、対等な味方に変える手段がちゃんとあります。
❸敗者が復活
ノウハウ信者が絶叫するほど試験の進化が上回って、受験側は4戦全敗に。するとこれまでのやり方を是とせず、常に改善・変革を志すビジネスリーダー候補になれます。

おぅ。今年は作問係45名に、いろんなことを教わった。虚心坦懐そう受け止めるマインドさえ持てば、ミライが次々拓けやがるな。

今年のまとめ

うん。当試験・資格では誘導館でもセンパイでもなく、一人ひとりが主人公
そして噂のヒヨコ食いで上に昇り詰める奴ほど肥え太るタテ社会ではなく、マインド→スキル→ツール→成果のピラミッドが目に入ります。
画像:カナコト研究所
Q
そうか、試験のアタリを見事引き当て、ミライに向けて一人ひとりが主人公。その時、左右どちらのピラミッドを選ぶか、2択で究極
A

そりゃ診断士を名乗る以上は、世代をまたがるコミュ力=語彙を鍛える。マインド・スキル・ツールを漢字にすると、心・技・体のわずか3文字です。

さぁ、オチが付いたら今年はこれで年越し。明日からは、2022年のミライがサイトに続々やってきます。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。