J事例Ⅲ

1/2ページ
  • 2018.03.23

【ダブルストレート】ゴールが見えにくい「事例Ⅲ」

「事例Ⅲ」だってゴール逆算、のはず。 定番診断セオリーを、予め「分析」「課題抽出」「助言」の3つに分けておき、いざ聞かれた時にスッと差し出す。H30以降の「2次」がそこで点差がつくのは既定路線ですが、票がまだ読めないのが「事例Ⅲ」。 H29要求能力は、「分析」が消え、「課題解決」「提案」にシフト。 […]

  • 2017.10.26

【事例Ⅲ】要求分類+解答根拠予想

決めつけ解答を回避するには。 普段いかに上から目線↓でも、答案でソレやったらOUT。 わかっているけど避けられない。1年の準備と80分の全力を傾けたのに、 もしマイ再現答案を周囲と交換し、読み合わせるとこうわかる。 周囲が書かない与件外のコトを書かれると、なぜかイラっ。 では採点者をイラっとさせない […]

  • 2017.10.13

【要求分類(Ⅲ)】30字1センテンス法 (or1センテンス5点法)

朝から晩まで短納期。 人を見たら鋳型に嵌めよ。 画像:技のとびら どうせ決まりきった答えしか聞く気がないクセに。140~160字のデカいマス目を用意し、さらに「急げ、急げ」とやたら短納期を求めるC社長。 やられたと気づいた出題側が、傾向変化や特性要因図で「本気で考えさせよう」としたのはH28になって […]

  • 2017.10.05

【要求分類(Ⅲ)】分類好きのC社長が何か言いたげ

要求解釈+設問分析→要求分類。 分類手法:問題順より、マス目の順で捉える。 事例Ⅲのマス目は5で安定。ただし制限字数は「Ⅰ」の3割増し。 H28 ダメダメ子会社の生産現場を、品質面から抜本改善 H27 自動車部品受注に備え、短納期対応を急ぐ鋳物メーカー 今日のまとめ 短納期対応一辺倒、つまりQCDの […]

  • 2017.09.29

↑↑現場対応力↑↑ 事例Ⅲのトリセツ

今年も台風の目になるか? 不慣れな生産現場に長文マス目。長年「受験経験者の金城湯池」であった反面、出題(と採点?)傾向を一変し、「合格者の大幅入れ替え」の真犯人と目されるのがH28「Ⅲ」。 3軸マトリクス(1) 解答要求×難度×レイヤー 「Ⅲ」の特徴は、最終問が「企業戦略」。これを図でイメージ。 3 […]

  • 2017.09.13

【たまスト】採点基準は変動制?~H28事例Ⅲ

試験委員として納得の出来栄え。 H28「事例Ⅲ」のC社はダメダメでデタラメ。でも従来の短納期対応オペレーション一筋を捨て、品質面に着目。組織学習(事例Ⅰ)・新規事業(事例Ⅱ)・原価計算(事例Ⅳ)までクロスオーバーした「Ⅲ」の傑作と、受験関係者の間で噂されるのがH28。 H28事例Ⅲ~ダメダメ子会社の […]

  • 2017.09.08

【出題の趣旨Ⅲ】ダメダメC社のどこがダメダメ?

こんなC社があったら、とっくに倒産。 診断士の出番といえば、分析→課題把握→助言。ところがH28「事例Ⅲ」C社ときたら、普通の企業なら倒産済でおかしくない、おかしな所だらけの問題企業。 社内の組織間にカベがあると思えば、 そもそも営業と生産の連携に問題があり、 まともな品質管理や原価計算が出来ている […]

  • 2017.07.29

【5年前の2次】過去記事使って「事例Ⅲ」

事例Ⅲは現状分析 事例Ⅰが明鏡止水、事例Ⅱが当意即妙とするなら、事例Ⅲは 現状分析。 この問題点の原因はこれだな。 と特定することがまず解答要求範囲。 過去記事使って総まとめ ではいざラストの過去記事。既読の記事でも、「こんなことが書いてあるはず」と思って読むと、見つかる根拠の数は倍以上。 今日のま […]

  • 2017.04.02

【読み手が知りたい4事例】事例Ⅲの掴み方

再現性の高い安定解答 画像:外務省 海外安全ホームページ ゴルゴ13が外務省と契約し、海外進出する中小企業の安全対策の指南役に。そんなニュースに触れると、診断士試験の指南役にもなっていただけないか・・と妄想。 ・強靭な肉体と強い精神力、集中力。膨大な知識を持つ。 ・学習能力に長けており、新たな技能を […]

  • 2016.10.14

【採点者目線】受験校解答を採点Ⅲ

解答品質の安定化   2年目Sランク生が当たり前に気づくこととして、「運営」「事例Ⅲ」と「2次」対策の学習は、共通点がありまくり。そこで例えば、ふと見かけた品質管理系のブログ記事から、「2次」対策に応用できそうな言葉を拾う。 品質管理用語と事例対策 狙いの品質と出来栄えの品質 →むっ、そう […]

  • 2016.10.07

【写経やってみる】H26事例Ⅲ

「事例Ⅲ」のリングに上がる。 難化が噂される「事例Ⅲ」。その根拠が「H26、H27の出題の平易さ」。でもそれ、受験者全体から見ての「平易」。「Ⅲ」が苦手な初学スト生にはH26、H27だって、何聞かれたのか謎だらけ。 H28で勝ち抜けするには、最低限H26~27の「Ⅲ」で上級生と互角は譲れない。 そこ […]

  • 2016.09.29

【写経やってみる】H27事例Ⅲ

事例Ⅲ=ラスボス登場 画像:NHK紅白 小林幸子のラスボス あれ、ラスボスって「Ⅳ」でしょ。その見方もあるが、2年目S、初学スト問わず、合格実力者なら「Ⅳ」の出題は読める。易しければスラスラ、難化なら経営分析を当て、取れそうな所を取る。 だが「Ⅰ~Ⅲ」は毎年何出るかわからぬ玉手箱。従い、「事例Ⅲを終 […]