【2022style】コミュ力強化にデジタル財

採点係視点では、事例のノウハウ・パターン化・決めつけ行為はOUT

英語:結論と語順の意識でアサーティブ
数学:デジタルにファクトを捉える
国語:わかりやすい国語で伝え、難しい与件も読みこなす
★採点係好みの加点=これからのビジネスで活躍する人材

ふぞ15発売延期で、総合バトルのベテ冷遇が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

■■テンプレここまで■■
当記事はYouTubeでも配信中
業界一★カッコ良い試験情報サイト
世の中コミュ強、カースト、キラキラと、「情報発信する側」ばかりが持て囃される。すると根暗・地味・ノウハウヲタと思われがちな試験サイトも、格好良さで勝負の時代がやってくる。(100字)
Q
ほう、試験評論歴が13年目に入ったクソベテが描く、いっかにもなヲタサイトが何を勘違いしたか自称★キラキラ?面白いから説明を聞いてやってもイイゼ?
A

ズバリの話、受験界の3大ヲタ「ベテ」「ふぞ」「パクリ」は何をさせてもセンスがゼロ以下。アレの真逆を選べば自然とカッコ良くなるしかねぇな。

似顔絵第一印象の時点で、200点以上の大差が。ふぞろいを崇める信者の美的センスとは、もう人類とは呼べない水準です。

【2022style】コミュ力強化にデジタル財

ではキラキラ★輝くための具体策とは? それがデジタル財を駆使するビジネス・コミュニケーション力の強化です。

❶Slackとはどんなツール?メリット具体的な利用方法を徹底解説!
“テレワークが普及するなか、社内コミュニケーションのあり方が問われています。そこで注目を集めるのがビジネスチャットツール「Slack(スラック)」です。メールより議論や雑談がしやすく、IT企業を中心に普及が進んでいます。そんな「Slack」について解説します。”
出典:DIGITAL SHIFT TIMES

試験にたまたま受かった自称最新合格者様の自慢より、なぜ当サイトが最新・先端を毎朝ぶっこく?その最初の鍵が、課題発見→解決の仮説思考を促すslackです。

❷zoomを成功させるコツはアサーティブ
“アサーション・トレーニングとは、アサーティブの4つの柱である「誠実」「率直」「対等」「自己責任」に基づくコミュニケーションを取れるようにするためのトレーニングです。人が自分の性格を変えることは簡単なことではありません。しかし行動を改めることはできます。”
出典:リクルートマネジメントソリューションズ

アサーティブとは「言うべきことは言う」。合格数をR1年20→R2年10→R3年20名にV字回復させた評論ベテのコミュ力は、参加してのお楽しみな。

❸資格学習系・個人のYouTube動画投稿はいつまでも増え続けるのか?
“資格試験系の動画については、その参入障壁の低さから、個人からの投稿動画が非常に多く投稿が増え続けています。(中略)動画を活用することで、より多くの受験生に「効率的な学習」や「頻出ポイント」を押さえた学習が浸透し、全体として得点率が上がる可能性があります。”
出典:ゲッツ コンサルティング

視聴数2桁の弱小YouTubeがもうすぐ100本?一般ウケはまだ全然でも、「コミュ力UPのツール」と捉えると、その存在がマストになります。

Slack=気持ちのいい働き方なら、200%=心地良い学び方
当サイトが「デジタル」「デザイン」「コミュ力」と喚き散らす理由とは、コロナ下の2021年2月に当書に出会い、これからの気持ちのいい働き方はこう!と直観したため。(100字)

「ベテ」「ふぞ」「パクリ」の共通点=資格とはド苦学ぼっちの試験ヲタまっしぐら。たまたま合格の挙句のはしゃぎっぷりに、9,000人が苦笑いです。

今日のまとめ

知識を使いこなすカッコ良さ:それにしてもなぜ無料?
200%フォーラムは参加自由の完全無料で、お代は試験卒業時に「ありがとう」の一言で十分です。
【根拠】
①デジタル財=限界費用ほぼゼロで、無料の方が普及する。
②公共財=大学の図書館のように、いつでも誰でも使える。
Q
そうか。このヘンテコサイトの狙いとは、×試験合格の目的化でなく、○主催側の意図を酌んだ知識普及や合格枠爆増の実現だ。
A

おう、試験に合格するノウハウとは耳障りこそ良いが、人生のキラキラ★カッコ良さとは極めて真逆。あのみっともないサークル勢に一緒の人類と思われるなど、死んでも御免だろ?

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。
ベテはなぜ、毎年懲りずにベテベテ落ちる?その理由は、小難しく格調高い与件文の読み過ぎで、答案にまで難解でわかりにくい文章を書くため。