【最速合格への最強思考】地頭は、フレームワークで鍛えて良くなる

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
当記事はYouTubeでも配信中
【仮説】9,000枚の答案を採点するのは、45名の試験委員
「2次」筆記の採点者=試験委員と公表済で、かつ状況から見て採点補助者はあっても限定起用に。
Q
従い、採点基準とはふぞが詐称する絶対的なものでなく、「採点者は相応の裁量を持つ」。かつ、マイ学問を皿回しなどされたらムッとして、尻尾を振ってバツを付けるね?
A

こんな常識を、ふぞ+パクリ=試験サークル勢はなぜ一切口にしない? そりゃパクリ連呼に呆れたサイト主が、このサイトが立てた仮説は一切パクリ禁止の刑にしたためな。

【最速合格への最強思考】地頭は、フレームワークで鍛えて良くなる

仮説思考とは

結論や答が出にくいテーマで「きっとこうかな?」の仮説でやってみること。違う証拠が見つかれば仮説を改め、見つからなければそのまま仮説=正とします。

さて最新仮説は、「答案9,000枚がもしおそろいだったら、点差を付けるのがメンド臭い」。そこでふぞろいノウハウを狙い撃ちし、ついでに80分では解けない事例に難化させます。

80分では解けない試験の合格仮説は?
そりゃよせば良いのにふぞろいノウハウをフルコンプするから、身動きが鈍くなり、頭まっ白で顔面蒼白に。そうでなく、日頃の思考速度を上げるため、フレームワークを意識的に使うと良い。

ただし世の中、デキる君は星の数ほど。上のリンクは良い出来ですが、みっともない丸パクリでは何の役にも立ちません。

そこで猫よりメンド臭がりの当サイトらしく、「2次」解答要求別に3分類します↓。

「2次」解答要求3タイプの出典はEBA
丸パクリ道場のように無断でパクるとライオンよりおっかないですが、出典さえ示せば、上図↑の様に上手に「2次」対策を整理できます。
使いたいフレームワークも、3つに分けて
すると①情報整理(例:SWOT)や③戦略立案(例:PDCA、STP)なら猫でもデキる。「2次」が求める思考スピードの差とは、②因果関係を作る力だと図解で一目瞭然です。

①採点係は45名の試験委員→②お揃い答案にはさせたくない→③80分では解けない事例→④思考スピードで点差→⑤フレームワークで情報整理を。こう因→果で書かれてすぐ納得するのがデキる君、ポカンとするのがふぞ+パクリな。(100字)

今日のまとめ

試験サークルの応援ごっこ=お馬鹿ポン吉?
当サイトを目にするあなたなら、試験サークル=お馬鹿と感じるのは妥当。理由は、①「1次」で頭を鍛え損ねて「2次」に入ると脳みそツルツル。②「1次」で脳を余す所なく鍛えれば、③自然と地頭も良くなるためです。(100字)
Q
ほう、1年間を合格自慢に賭けたふぞ+パクリは、隣のサイトに穴を掘られて日々からかわれる。それは「1次」皿回しでオツムを鍛え損ねた何かの罰ゲー?
A

そりゃ「2次」の採点係=「1次」の作問係。あの嘘つき4択を作る腕がある以上、答案のどこに思考エラーがあるか位は丸分かり。尻尾を振ってバツを付けます。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。