これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

知識のⅣ対策【2019&2020W目標】

サークル主催で残念会は、いかがなものかと

真面目に苦情を言うと、アルコールには忘却効果。嫌なコトをヤケ酒で忘れたい気持ちは分かるけど、歯を食いしばって再現答案を作るのが先。

もうダメだ→たまたま合格!→浮かれポンチ→同調圧力→集団浅慮→来期のブログで受験生の皆様にお説教では、いくらサークルとは言えふぞろいにお揃いっ。

さて当試験ではスクールであれサークルであれ、試験委員のオトウサン達の意に背いた順に狙い撃ち
①与件の国語読みに夢中な多年度スクール
→H30「事例Ⅲ」第2+4問でコンタミトラップを進呈
②ふぞろいな自称採点基準
→採点基準を勝手に騙るな。答案を集めてから変えよう。
③言い換え詰め込み圧縮解答
→読みにくいっ。
東京地区16.9%事件
→首都圏の多年度ベテが集まる若番層を立教大に隔離して、お子ちゃま机と狭いトイレで嫌がらせ。
⑤果報は待ってフテ寝でちゅ!
→口述試験の実施は何のため?事例を読み直しておとといきやがれっ

【試験委員】
受験生支援を騙るなら、サークル勧誘ばかりにお熱を上げず、受験者間のネットワーク作りを支援するのが筋では?

そう疑念を抱いた試験委員は、そんな東名阪の一発狙い屋が不利な採点基準に変えるカモ?
楽しい打ち上げの予定が、試験にドボンで暗いムードの残念会。同じ穴のムジナが傷を舐め合い気炎を上げると思考がオジサンループ化し、多年度ループにまっしぐら。

そこから確率2割の当たりクジで助かった人たちが、同調圧力バリバリのフィルターバブルに。それを独占してきたふぞに、強力なライバル登場だねっ。

知識のⅣ対策

おやおや、確率2割のサイコロコロコロで、来年の明日を残念会にしないために。簿記や数字に強い方なら、「事例 Ⅳ」で真っ先にぶっちぎるのがベストな作戦です。

今日のまとめ

サークル主催の残念会の参加を止めた、リスク感覚の鋭いあなたのために
出題側が浮かれポンチ組を「ざんねん会」に追い込む手口を、ここでこっそり教えるねっ。
画像をアップロード

「事例Ⅳ」設問には、計算に使わないダミー条件が

CVP・NPVなど頻出論点で難易度を上げたい場合、出題者はダミー条件を混ぜます。
すると解き方を理論で押さえた方はスルーできても、電卓パチパチ試行錯誤組は迷路の森にようこそ。
画像:「財務」H30第18問

そうか、デジタルに答えが決まる「Ⅳ」ならわかりやすいけど。きっと「事例Ⅰ~Ⅲ」にもダミー根拠があり、それを拾うと多年度ループの森にいらっしゃいっ。

おや、今年はキレイにオチがつきました。では明日の試験にいってらっしゃい。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP