人類では解けないとされたR5第3問NPVを、なんとTACが見開き2ページで解説(P.122)。そしてエクセルを使って型を身に付け、電卓で実行すればスラスラ解けた。「事例Ⅳ」の全く新たな1ページが刻まれました。

F情報

【短期最速スコアUP】「情報」過去問を1週間で3回転 / 大量高速暗記で「2次」スト合格へ

この試験は、2次勉強時間が少ない方が合格しやすい(※)。そこで高速処理のスピード感=最短時間×最高スコアをたたき出す生産性の高い学習法を、GPT様の力を借りて考えます。

※より正しくは、総学習時間における「2次」の比率が少ないほど合格しやすい。

記事の要旨(GPT作成)和訳
-The website offers cheat methods to quickly improve scores and pass the second round of an examination.
-The website provides a vast amount of information and suggests increasing thinking speed.
-The four articles on the site focus on different topics related to the examination.
-Solving past exam questions at the same speed as a partner is not recommended.
-The GPT model proposes a study method involving information and past exam questions, with a recommended speed of at least three rotations in one week.
・このサイトは、試験の合格点を早く向上させるチートを提供します。
・ここでは大量の情報を処理し、思考のスピードを上げることを提案しています。
・ここに挙げた4つの記事は、5年分の問題の全選択肢を正解に導く方法を説明しす。
・隣と同じスピードで過去問を解くことは感心しません。
・GPTを使って得られた学習方法では、情報の過去問を1週間で最低3回転する速度が良いとされます。
Q
20×20=4%の難関と勘違いするから間違うだけで、「2次」の当落は全員2割でコロコロ。そこで80分では解けない事例のスト合格には、思考速度UPの一択じゃね?
A

1次対策の暗記では、長期間でダラダラ勉強するより、短期間で時間上限を設けて効率的に学習する方がスコアが上がります。この方法により情報処理力や頭の回転が高まり、2次合格可能性が高まることがわかっています。

最速合格が起きる要因理由対策
過去問やノウハウ依存は不利過去問やノウハウに頼ると応用力が備わらず、実務的な問題解決に対応できない過去問依存を適度に切り上げ、新たな知識や情報を素早く吸収し、1問当たりの正答率を高める
②作問採点傾向を毎年変更過去問の答を覚えるお勉強が横行する現状を受け、試験の公正な評価を実現する事前と本番の時間制限を意識し、重要度の高い論点を優先することで、初見問題への対応力を高める
③大量情報を高速処理させる限られた時間で的確な解答を求め、ビジネス実務での情報処理スキル向上を促す時間の制約を設けて学習することで、情報を効率的に処理し、要点を把握するスキルを身に着ける

【短期最速スコアUP】「情報」過去問を1週間で3回転 / 大量高速暗記で「2次」スト合格へ

当サイトでは、①10年でなく5年 ②論点×古い年度から ③誤答パターンに注目3点を紹介済↑。そこで今日は、「情報」過去問を1週間で3回転できる、誤答パターンを詳しく紹介します。

前提:過去問5年×TAC正答率=学習生産性UP↑ (時短で高得点)

※TAC過去問2023年度版に準拠し、論点×年度、誤答パターン×正答率を表にしたもの。誤答パターンは当サイト独自の分類による。
Q
ここのサイト曰く、出題傾向がすぐ変わる「情報」「法務」は、過去マス10年よりTAC5年に絞る方が自然。ついでにTAC正答率(A~Eランク)使用でさらに有利?
A

このデジタル急展開の中、6~10年前の過去問が再出題される理由などゼロ。そして明日から5年分125マークを①~④の4回に分け、全てのバツ選択肢をマルに直します。

さらにバツ選択肢のパターンは国語で5つに分類できる。どこが違うかの想定読みで、2次与件の速読力ダダ上がり確約な。

誤答① 主語(用語入れ替え) R4「情報」第2問 クラウド Cランク

主語入れ替えタイプの問題では、日本語を読む際には通常主語が先にくるため、主語の入れ替えに気づきにくいという特徴があります。そこを意識して問題に取り組むと、誤答に気づきやすくなります。

誤答② 目的語(用語入れ替え) R4第7問 インターネット Aランク

目的語パターンは、当問のような穴埋め型と、文中の目的語を入れ替える2タイプがあります。いずれも正答率は高めですが、穴埋め型の出題は近年減少しています。

誤答③ 述語(結論あべこべ) R2第13問 クラウド Bランク

日本語を読む時は、私と同様に次に書かれる内容を想定するため、述語(結論あべこべ)は最も正答しやすいです。最初にこのパターンに注目すると、誤答選択肢を使って正しい知識が増えていきます。

誤答④ 形容詞エラー R4第4問 データベース Bランク

高い・低いなどの形容詞や、修飾語を入れ替えてくるパターンです。目的語や述語パターン比べて注意深く読む必要があり、正答率はやや低くなります。

誤答⑥ 用語の定義他 R4第6問 ソフトウェア Aランク(誤植により没問)

文章でひっかけず、唐突に知識を聞いてくるパターンで、正答率を下げる意地悪クイズが増えます。当問は没問で全員正解ですが、それでも○ウ一択になるサービス問題でした。

今日のまとめ

明日から4回に分け、「情報」過去問5年125マークの全選択肢を一気に解説。このスピード感で、10月の試験を勝ちに行きます。
Q
出題傾向の変化が早い「情報」は、10年分より5年で良いと猫でも気づく。そこで1週間で5年分を3回転させ、次に7月に入ったら4回目、5回目と回転を上げて誤答選択肢をつぶす。なお、正答率ランク付きのTACが、お皿回しなD社過去マスより有利になるのは当たり前。
A

こらこら、過去マス信者にそれは目の毒。でもそれより、誤答選択肢を想定して読むドリルで2次与件の速読力がUP。それはあのステマなゆとりに絶対に教えてあげない、内緒です。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-F情報

PAGE TOP