受験8,500→合格1,200→合格率14%【2021年は超買い手市場】

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。
Q
受験番号を数えりゃ当たる、「1次」申込24,495名。ではなぜ「2次」合格予想を1,500→1,200に下方修正?
A

そりゃ日経1面スクープに加え、サークル勢の低ノウな合格応援祭り。資格の格を保つには、今年の合格数抑制は不可避な。

受験8,500→合格1,200→合格率14%【2021年は超買い手市場】

Q
さて統計眺めりゃ、猫でもわかる今年の高倍率。読み手を惑わせて、何が楽しい?
A

そりゃ合格数抑制が直撃するのは、あのみっともない合格ノウハウ団。変化を読んで構えると、高倍率=むしろプラスです。

受験者数・合格率予想の算定根拠はこちら
2021年「2次」は超買い手市場に~合理的推論~

①社会的要請から、診断士は増枠傾向
②「1次」「2次」合格者を計画的に増加中
③社会的批判から、旧弊診断士はOUT
④今年は一旦合格枠を抑制し、合格者の質を入れ替え

ふぞが増刷に次ぐ増刷で誘導館ウハウハ? それが自社をドボンに導くトラップと気づくか否かがD社の社運の別れ目な。

受験経験年数分解~「2次」受験枠は急拡大
試験の主催側は、初々しい初学勢が好みで、胡散臭いベテが嫌い。そして買い手市場になった時、今年の作問&採点基準はどう進化?
年々上がる平均年齢に、主催側が仕掛ける対策
よせば良いのに、10年分の答を覚える多年度ベテ勢。合格若返りを図る時最初にするのは、作問傾向を変えること。
年齢別に層化~狙われる40~50代
主催側は若い子が好きなのに、「1次」受験年齢は右肩上がり。ただ、「1次」合格率はここ3年連続で高止まり=合格枠増の方向へ。
伝説の右肩下がり=40代以上の当期合格率は10%以下へ
グラフが示すのは、30代受験の減少と、40~50代の目に余る増加。①与件を長く ②キーワードを増やし ③マス目は減らす。ベテ+ふぞ除けの事例になるのはガチ確定です。

今日のまとめ+具体策

ゆとりのパクリじゃあるまいし、合格高倍率=14%予想位でヲタヲタすんな。計画的サクラ受験を済ませときゃ、誰でも優遇される初学者扱いな。

そう。史上最高倍率位でヲタヲタすんな。試験の主催側が一番好むのは、作問変化をチャンスと捉え、ワクワクしながら本試験会場に来やがる’デキる君’です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。