世間&試験の役に立たないウンコをなで斬り【ノウハウなんて邪魔なだけQ&A集】

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。
合格センパイがムキになってブログを書くほど、その人気はダダ下がり
そりゃ安定60点答案を作るコツなら、イマはYouTube様の独占市場。読み手が期待する水準以下のドヤりを毎朝書いたら、支持が下がらない方がおかしい(期待不一致モデル)

違うぞ。診断士に求められている役割は、訊かれていないノウハウ自慢ではなく、イマの読み手の悩みを聞き出し、手際よく解決=コミュ力な。

世間&試験の役に立たないウンコをなで斬り【ノウハウなんて邪魔なだけQ&A集】

そして試験主催側が願って止まない、初学優遇。その阻害要因を9つのQ&A形式でまとめて解決します。

フェーズ1:80分間の解答手順確立

Q
スクール年30万円お布施⇔ド苦学どちらも合格率は2割。何を信じて学習するのが良いでしょう?
A

そりゃYouTube様一択。脳のメカニズム上アレが進化の最終形であり、それを超えるやり方はありません。

Q
YouTube様が推奨する設問別マーカー。ボクにはどうもしっくり来ません。
A

そりゃ、事例Ⅰ⇔Ⅱ⇔Ⅲの違いを分かってない。過去問を年度別に5年解いたら、次は「事例Ⅰ」をR2→H28の順でタテに解く。

Q
へぇ、「事例Ⅰ」をタテ解きするメリットは何だい?
A

そりゃ設問別マーカーがハマるのは、まず「事例Ⅰ」。「Ⅱ」はダナドコやSWOTで解け、「Ⅲ」はサプライズな新作に応じた初見現場対応がマストな。

フェーズⅡ:PDCA、軌道修正とは何でしょう?

Q
試験ブログは主に、①ノウハウ派 ②PDCA派の2つ。何がどう違う?
A

試験はノウハウと固く信じ込み、ボクのノウハウをパクればアンタも合格!とぶっこくのが前者。実際に試してその真偽を確かめ、修正するのが後者です。

Q
では実際に何やるの?
A

この試験のツボは、80分では解けない事例のQCD。①80分以内で解くために、②設問→与件→記述の時間配分を考え、③60点もらえる答案品質を「自分なりに」標準化します。

Q
ほう、するとホントに初学優遇?
A

今年の変則日程からわかる通り、主催側が「2次」準備に必要と考える期間は11週。そこで①「1次」通過したスピード感で突っ走り、②本番2週間前に実力を完成させ、③ラス2週で調整。すると、周囲から賞賛される「確実スト合格」 な。

フェーズⅢ:チーム学習の活かし方

Q
勉強会にうっかり顔を出したら、マウント先輩とキーワード馬鹿同士の罵り合い。うんざりしたのでもう出ません。
A

初見の第一印象で決めつけるのは、時に損。当フォーラムは日替わりメニュー&メンバーなので、自分のピタリが見つかります。

Q
やけにアピってくるけど、ウンコなサイト主がマウントするって噂だぜ。
A

違うぞ。この図が示す通り、ここのサイト主は書記係。カンファの中身をメモして翌日ブログに書くだけだ。

Q
ではここでPRでもしてみやがれ。
A

当カンファの売りは、助け合い+教え合い。メンバーそれぞれⅠ~Ⅳの得手不得手があるので、苦手な事例は生徒役、得意事例は先生役になり、相補効果でスコアUPな。

今日のまとめ

さてここで悲報?朗報? お役所仕事に噛みつく日経1面

過剰人員が基金食い潰す 管理費4割の中小支援事業も
中小企業の資金繰りを支える国の主要基金が管理費で食い潰されている。借入金の返済猶予(リスケ)を求める計画の策定支援事業で、計170億円超の支出のうち管理費が4割に上っていた。利用が低調なのに全国の窓口人員が過剰だからだ
出典:2021/9/1 日経朝刊1面

日経1面トップ記事は、わが国の政財官にそこそこの影響力。こう叩かれちゃ、今年の1,500名合格は見送り濃厚な。

いえ、いい年こいたオジサンオバサンが合格ノウハウの寝言ぶっこくパクリを、合格枠削減で今年で一掃。むしろ朗報です。

診断士様の食い扶持である相談窓口=余剰扱い
それは旧来型の士業が知識押しつけに偏重し、相談相手の悩みを聞きだすスキルを欠く=お役所仕事型だから。そしてご自慢ノウハウは邪魔なだけ。今必要なのはコミュ力です。(100字)

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。