7/23のふぞ17発売を前に火ぶたが切られた、人類としての生き残りをかけた水面下の足の蹴りあい。同じふぞろい採点をするなら、ぼっちよりチームが良くね?7/18(木)から参加者を募集します。

F情報

【当たる論点当てる論点】情報前半 / 知っておくべきド基礎のIT

猫でもデジタル化のご時世、こと「情報」に限って言えば、試験で学んだことがすぐに役立つ。その上で、社内ITシステムを「使う側」でなく、開発プロジェクトに参画=「作る側」に回るべき。

Q
ノーコードアプリの対面開発の普及で劇的に改善とはいえ、システム部門が受け身に回って現場が言い放題の開発は、200%失敗すると思ってよい。そこで、診断士「情報」レベルのド基礎知識を持つ従業員を擁する企業は、これから有利?
A

はい、診断士「情報」はエンドユーザ―レベルのド基礎~開発方法論までバランスよくカバーし、社内のITプロジェクトを主導できるほどの知識が身に付きます。

①エンドユーザーレベルの基礎知識②おおまかに開発方法論③ユーザー代表としてプロジェクト参画
エンドユーザーレベルの基礎的なIT知識を習得することは、日常業務の効率化と基本的なトラブルシューティングの能力を養うことに繋がります。システム開発の基本的な手法や理論を理解し、プロジェクト管理や要件定義の重要性を認識することを目的とします。ユーザー部門代表として、企業全体のデジタル化を推進し、ビジネスプロセス改善や新ビジネスモデルの導入で活躍します。
:オフィスソフトの効率的な使用法、基本的なネットワーク設定、データ管理やセキュリティの基本知識を学び、業務が効率化し自己解決能力が向上しますウォーターフォール、アジャイ、UMLなどの基本的な開発手法を学び、開発プロジェクトの流れや各フェーズの役割を理解します。デジタルツール導入、業務プロセスのデジタル化、デジタル戦略の策定と実行支援などを行い、部門の橋渡し役として感謝されます。

【情報前半】知っておくべきド基礎のIT / 当たる論点当てる論点

もしあなたが若手~中堅なら一生使える重要知識。そうでない中高年の働かないオジサン組なら、末期にもう一花咲かせるITチャンスがやってきます。


Step-1:「自ずと当たる」論点5選

Q
出題をいろいろ工夫し、昔ほど猛勉強しなくても、過去問数回転すれば60点を取れる「情報」。中でも猫すら身近な「セキュリティ・認証」と、同じ問題ばかり出る「インタフェース」は特に当たりやすい?
A

その通りで、過去問と同じ論点が繰り返し問われる「情報」は、非効率なテキスト丸暗記を避け、過去問で出た・出そうな所から最小限の暗記をする。これで十分なスコアになります。

【生成AIが作った例文】
現在のパソコン環境ではインタフェースを通じて入力装置記憶装置と接続しつつ、インターネット上のセキュリティ強化のため認証・暗号化が図られている。

入力装置コンピュータにデータやコマンドを入力するためのハードウェア、例:キーボード、マウス。
記憶装置データを保存するためのハードウェア、例:HDD、SSD。
インタフェースコンピュータと他のデバイスやシステム間のデータのやり取りを行う接続方式。パラレルインタフェース(並列接続)とシリアルインタフェース(直列接続)がある。
インターネット世界中のコンピュータやネットワークが互いに接続された情報通信網。
セキュリティデータやシステムを不正アクセスや攻撃から守るための対策。
認証・暗号化認証はユーザーやデバイスの身元確認、暗号化はデータを安全に保つために内容を変換する技術。

Step-2:「狙って当てる」論点5選

Q
セキュリティや認証などの猫にも短すぎるイージー論点と異なり、日頃からデータベースに接したり、トラブルシュートなどの実務経験がないと解きにくいのが、こちらの5論点?
A

そうですね、日頃から接しているかどうかが鍵なので、センスのない奴がヘタクソ過去問集をいくらお皿回ししても歯が立たない。ここで点差がつくのに納得です。

【生成AIが作った例文】
データベースの種類を理解し適切なデータベース処理技術を使うと、SQL文でデータを操作できるようになり、ネットワーク上でのシステムの性能はRASISで評価することにした。

データベースの種類データを整理して効率的に管理する仕組みの種類。例えばRDBは表形式でデータを管理し、階層データベースはツリー構造でデータを組織化する。
データベース処理技術データベース内のデータを効率的に取得、更新、削除、追加するための技術や手法。例えば、トランザクション処理やクエリの最適化など。
SQL文データベースで情報を操作するための標準的な言語。SQL文を使用して、データの取得、更新、削除、作成などの操作を行う。
ネットワークコンピュータやデバイスが互いに通信するために接続するシステム。データ送受信を可能にするインフラであり、LANやWANなどの形態がある。
信頼性システムやサービスが安定して動作し、故障や障害が発生する確率が低いこと。RASIS指標は信頼性の評価に用いられ、他に可用性・保守性・保全性・機密性が指標になる。

Step-3:その他論点

Q
「情報」前半13マークでは、身近な「セキュリティ」「ハードウェア」が当たりやすく、「データベース」「RASIS」は普段からIT使いでないと当てにくい。それ以外の論点はまとまりがないけれど、生成AIなら1つの例文にできる?
A

任せてください。私は意味や感情を持つのでなく、単にそれらしく並べることを得意とします。その点で頭の固いベテやおツムの小さなふぞに劣ることは、あり得ません。

【生成AIが作った例文】
基本ソフトウェアの使用、ファイル形式でのデータ保存、その可用性の確保全てを通じ、プログラミング言語の適切な知識が問われる。

基本ソフトウェアコンピュータの基本的な操作や機能を提供するソフトウェア。例えば、オペレーティングシステムやブラウザなど。
ファイル形式データを保存する際の構造やフォーマットのこと。例えば、テキストファイル、画像ファイル、動画ファイルなど。
データ他情報や事実を表す数字や文字の集合体。コンピュータで処理される情報のことであり、テキスト、画像、音声など様々な形式がある。
可用性システムやサービスが必要な時に利用可能である状態のこと。障害や停止などが最小限に抑えられ、ユーザーがサービスを利用できる状態を指します。
プログラミング言語コンピュータに命令を与えるための記述方法や文法を規定した言語。ソフトウェア開発やデータ処理などに使用される。

今日のまとめ

Q
こう考えると、時短時代の「1次」暗記とは、目を三角にしてテキストの端から端まで覚えるのでない。生成AIに説明させて、その間違いに気づいて直せる程度でOKなのでは。
A

あら、そんな所を的中させたら、毎年の2割ガチャになけなしの生涯を賭けるベテが泣きだす。そもそも「事例Ⅰ~Ⅲ」が問うのは、その固いオツムで超絶知識を必死に覚えるよりも、事例A~C社がやらかす誤りを糺すコトです。

■■ここからテンプレ■■

-F情報

PAGE TOP