おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

キャリア&スタイル

【主催者側の助言】「中小」が消えて企業診断士 / 知識一流・資格二流を来年返上

全受験者25,000人の1%にすぎない250人の沖縄再試験強行に、強硬にこだわったあの裏金N大臣。彼の遺した功績は当資格から「中小」が取れ、実質【企業診断士】に格上げした点です。

Q
1%250人の再試験強行にこだわる大臣の強硬な姿勢の裏には、中央省庁間の縄張り意識、おっと違った経済厚生(GDP)の最大化に診断士が不可欠だから?
A

中小企業庁を押しのけた経産省の大胆な介入ぶりで、当資格から「中小」が消え、実質【企業診断士】に。そして大企業ホワイトカラー中心の受験者層とマッチし、三大士業入りが実現します。

①弁護士の役割(法務省)

役割: 弁護士は法的な専門知識を持ち、法的紛争や取引においてクライアントを助言し、法的な代理を行います。彼らの主な役割は社会正義の実現であり、法を通じて個々の権利や正義を保護します。

資格のメリット:

  • 法的トラブルの回避: 弁護士のアドバイスにより、クライアントは法的なリスクを最小限に抑え、法的トラブルを回避できます。
  • 公正な取引: 取引や契約において、弁護士の介入により公正で合法的な条件が確保され、紛争の可能性が低減します。
  • 社会正義の促進: 弁護士は社会正義の実現に寄与し、不当な扱いに対抗する手助けをします。

実現すべき姿: 弁護士は社会の法的な基盤を支え、公正で平等な社会を築く一翼を担います。法の下で全ての個人や企業が平等な権利を享受し、紛争が公正に解決される社会を実現すべきです。

②公認会計士の役割(内閣府)

役割: 公認会計士は企業の財務情報の正確性と透明性を確保する役割を果たします。財務報告の監査や会計アドバイスを通じて、経済活動の信頼性を確保し、市場の健全な運営をサポートします。

資格のメリット:

  • 投資家や取引先への信頼: 公認会計士が監査を行うことで、企業の財務情報が信頼性があると認められ、投資家や取引先などからの信頼を獲得できます。
  • 法的規制の遵守: 公認会計士による監査は法的な規制の遵守を確認するため、企業は法的なトラブルを未然に防ぐことができます。

実現すべき姿: 公認会計士は経済活動の健全な運営を支え、企業の信頼性と透明性を高めることで、市場全体の発展に寄与すべきです。経済主体が公正で効果的に機能する社会を築く一翼を担います。

③企業診断士の役割(経済産業省)

役割: 企業診断士は企業の経営支援を通じて、持続可能な成長を促進し、人材の計画的なリスキリングを通じて経済の最大化を目指します。

資格のメリット:

  • 経営戦略の最適化: 企業診断士によるアドバイスにより、経営戦略が最適化され、企業は競争力を向上させることができます。
  • 人材の戦略的活用: 人材開発やリスキリングにより、企業は変化する環境に適応し、生産性を向上させることができます。

実現すべき姿: 企業診断士は企業が社会に対して責任を果たし、健全な成長を遂げる手助けをします。人材のスキル向上を通じて社会全体の経済厚生を最大化し、持続可能な発展を支える一翼を担います。

【主催者側の助言】「中小」が消えて企業診断士 / 知識一流・資格二流を来年返上

これまで「知識一流」「資格二流」と揶揄されがちだった診断士。裏金大臣の活躍で晴れて【企業診断士】を名乗ると、役目と注目度が一変します。

❶企業診断士のマインドセット

Q
中小改め企業診断士は、弁護士・公認会計士とともにこれからのビジネス界を導く役目を帯びる。その新たな使命=マインドセットを教えてください。
A

企業診断士の魅力は、【付加価値】【労働生産性】など日本企業のあるべき姿を、試験を通じて常に最新に保つ点です。以下3つのマインドを心掛けましょう。

①イノベーション+ディスラプション

獲得方法: 企業診断士はイノベーションとディスラプションに対する理解を深め、新しいアイディアや技術への敏感さを養う必要があります。業界のトレンドや最新の技術動向を追い、継続的な学習と情報収集を通じて、変化に柔軟に対応できるマインドセットを身につけます。

活用方法: 企業診断士はイノベーションとディスラプションを企業の成長戦略に組み込みます。新しいビジネスモデルやデジタル化の導入など、変革的な提案を通じて企業が競争力を維持・向上させるお手伝いをします。

②データドリブン

獲得方法: データドリブンのアプローチを身につけるためには、基本的なデータ分析やビジネスインテリジェンスのスキルを向上させる必要があります。トレーニングや研修を通じてデータに基づく意思決定の手法を磨き、企業の課題にデータを活かす能力を高めます。

活用方法: データドリブンのアプローチを駆使して、企業診断士は客観的なデータに基づいて経営課題を解決します。データ分析を通じて市場のトレンドを洞察し、企業の意思決定プロセスを最適化することで、経済厚生の向上に寄与します。

③社会は持続性、ビジネスは再現性

獲得方法: 企業診断士は社会的な持続性やビジネスの再現性に関する最新の知識を獲得するために、診断士試験の最新動向に絶えず注意を払います。企業の社会的責任やサステナビリティに関するトレンドの把握を通じ、経済活動の中での持続可能なプラクティスの理解が進むのです。

活用方法: 企業診断士は企業に対して、社会的な影響を評価し、持続的なビジネスモデルの構築を支援します。CSR戦略の策定やエシカルなビジネスモデルの構築などを通じて、企業が社会に対して貢献する一翼を担う一方で、その収益性の向上に関しては同業D社の出会いがしらなたまたまとは異なる、猫でも頷く再現性が求められるのです。

❷試験で得られるスキルセット

Q
暗記の「1次」が収穫逓増、国語の「2次」が収穫逓減とよく聞きます。そして「1次」600h、「2次」150hで最速合格する上位5%組の獲得スキルを教えてください。
A

「2次」受験9,000人には、スキルUPを図る上位5%~試験合格が目的化したノロマまでピンキリです。そして試験G格の目的化を避けるべく、獲得スキルを意識しましょう。

①ビジネスに不可欠な【コミュ力】

獲得方法: 企業診断士試験の2次筆記試験では、訊かれた事に答える能力が重要です。この過程で、自分の考えを論理的に整理し、適切に表現するスキルが向上します。他者とのコミュニケーションやビジネス上の対話においても、クリアかつ効果的なコミュニケーション能力が身につきます。

具体例: 2次試験の課題に取り組む中で、ビジネス上でのプレゼンテーションやクライアントとの対話をシミュレートすることで、説得力のある意見の提示や相手の理解を得るスキルが養われます。

②相手の同意を得やすい【賢さ】

獲得方法: 1次試験の4択マーク試験では、広範な知識を短時間で理解し、正確に判断するスキルが求められます。これにより、脳が多様な箇所をバランスよく活性化し、賢さスキルが向上します。情報を処理する能力や問題解決力も同時に高まります。

具体例: 1次試験では、様々な分野からの出題があるため、異なる知識領域に触れることで、柔軟な思考力や多岐にわたる知識を養います。これが後のビジネスでの幅広い視野や洞察力につながります。

③情報のキャッチボールに役立つ【国語力】

獲得方法: 企業診断士として活躍するには、2次が求める客先とのコミュ力に加え、1次での暗記と知識=賢さスキル獲得が必要です。この2つを通じて適切で明確な表現ることで、国語スキルが向上します。これはさらに今後の情報発信において特に重要な要素です。

具体例: 1次試験での多くの情報の暗記や整理は、文章理解力や表現力を向上させます。2次試験の課題では、これらのスキルを応用して論理的で分かりやすい文章を構築し、自分の意見を的確に伝える能力が向上するため、特に1次⇔2次の学習時間配分に優れたスト合格者はこのさき様々な場面でパフォーマンスを発揮しやすくなります。

❸ビジネス直結知識のツールセット

A

診断士の次に弁護士・公認会計士に挑むのは無理ゲーですが、弁護士・公認会計士が次に取りたい資格といえば企業診断士。その魅力的な3つのツールを紹介します。

①時流を先読むマーケティング

理由: 今日のビジネス環境は急激な変化が激しく、競争が激化しています。時流を先読むマーケティングは、市場の動向や消費者の期待を的確に捉え、これに応じた戦略を立てる能力を指します。これは将来の需要予測や新たなビジネスチャンスを発見するために不可欠です。

学習効果の例: 新興テクノロジーの進化や社会の価値観の変化を早期に把握し、それに基づいて製品やサービスの開発・提供を行うことで、企業は競争力を維持し、市場での存在感を高めることができます。

②チームを動かす組織論

理由: ビジネスの成果を上げるためには、優れた組織が必要です。組織論は、リーダーシップ、チームワーク、コミュニケーションなどの要素を理解し、組織全体を効果的に操るスキルを指します。これは、現代のビジネス環境でチーム力や柔軟性が求められる理由に直結しています。

学習効果の例: 優れた組織論を持つ企業は、チームの協力関係を強化し、イノベーションや変革を促進できます。組織内での情報共有や意思決定の迅速さがビジネスの柔軟性を高め、市場の変化に適応できるメリットがあります。

③企業への助言に欠かせぬ戦略論

理由: 企業診断士は企業に対して総合的な助言を提供する役割を果たします。組織論は、企業が効果的かつ効率的に機能するための基本的な枠組みを提供します。これは、企業の成長や変革において不可欠な要素であり、適切な組織の構築が企業の成功に直結します。

学習効果の例: 企業への助言において、組織論を駆使することで、リーダーシップの強化や組織文化の改善など、企業の経営に対する総合的なアドバイスが可能となります。これが企業の持続可能な成功に寄与します。

今日のまとめ

Q
2次の作問採点が毎年変わり、悔し涙で地団駄踏むのが同業D社とすれば。そこを新たな助言ととらえ、すべてをプラスにするのがコミュ力強者の上位5%?
A

「中小」が取れて企業診断士
①「中小」なるムダな制約を資格名称から外すと、②東京・大阪の大企業中心のホワイトカラー層の受験ニーズとピタリ一致し、③養成・ノウハウ・補助金と言ったムダを省いて三大士業入りへ。(100字)

裏金N大臣の強硬姿勢で資格から「中小」が取れ、企業診断士はいよいよ三大士業の仲間入りへ。来年もノウハウを騙るかビジネスで活躍するかは、あなたのセンスと選択次第です。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-キャリア&スタイル

PAGE TOP