おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

C経営

【2024最新】企業経営理論3×3=9選 / 2次のガチャ化でむしろ易化に

一発G格D場のような間抜けがD社ノウハウを雄叫ぶお陰で、全情弱があっちに吸い寄せられる。2次がすっかり受かりやすくなったと、感謝の声が相次ぎます。

Q
イマ世間が求めるニーズが、ペーパーテストの点や学歴より「賢さ」「地頭」であると良く聞く。この試験を通じて「賢さ」が上がるとの噂はホント?
A

この試験で鍛える賢さとは、広範で深い知識を持ち、その知識を柔軟に活用し、他人のニーズに合わせて適切な解決策を提供できる能力です。D社ノウハウで裸踊りをする間抜けと見分けるために、以下の3つを意識しましょう。

【賢さ】の3大特徴【愚かさ】の3大特徴
知見(ちけん)
知見は、広範で深い知識や経験を指します。これは個々の事柄や領域において蓄積された情報や理解を包括的に指します。知見が豊富な人は、過去の経験や学習を通じて得た情報をもとに、問題に対処する能力が高まります。知見は広汎かつ多岐にわたる知識を指す点で特徴的です。
無恥(むち)
他人の感情や社会的規範を無視し、遠慮せずに振る舞う態度。これは他者への配慮を欠き、信頼を失わせ、人間関係を悪化させます。社会的なマナーやルールを無視することで、コミュニケーションが円滑でなくなり、良好な社会的な環境を築く上で問題を引き起こします。
賢さ(かしこさ)
賢さは、知恵や理性を駆使して物事を判断し、適切な行動をする能力を指します。賢い人は冷静で慎重な判断ができ、状況に応じて柔軟に対処することができます。賢さは知識だけでなく、その知識を活かす洞察力や実践力も含まれます。
愚鈍(ぐどん)
知性や理解力が低く、情報を正確に処理できない状態。これは他者とのコミュニケーションや協力に混乱を招き、目標達成を妨げます。正確な理解が難しくなり、適切な判断や行動が難しくなります。
聡明さ(そうめいさ)
聡明さは、明晰で鋭い知性を指します。聡明な人は物事をすばやく理解し、洞察力があります。また、論理的思考や冷静な分析が得意で、高度な判断力を持っています。聡明さは知識だけでなく、その知識を論理的かつ効果的に運用できる点で強調されます。
他者依存(たしゃいぞん)
自己の意思や価値観を持たず、他人の意見や期待に過度に依存する状態。これは自己主張が弱まり、独立心が制約され、人間関係が不安定になります。他人に過度に頼ることで、自らの成長や目標達成が妨げられます。

試験のクジが当たった程度で10カ月の大はしゃぎの結果、翌年試験の作問採点を真逆に変えられショボンの一発D場。次の世代にバトンを渡すまでのあと2ヵ月は、公開恥さらしの刑とからかわれます。

【2024最新】企業経営理論3×3=9選 / 2次のガチャ化でむしろ易化に

Q
このサイトがD友館信者を快く1年365日からかう理由がわかった。それはあのノウハウ裸踊り=無知×愚鈍×他者依存の3点セットであるため?
A

お、おぅ。ついでにあらゆるスクールのノウハウを無断でパクっては、全てをD社に捧げる厚顔無恥振り。あぁならないために、「1次」をしっかり学んでおこうな。

賢い印象を与える知識⇔そうでないノウハウの差
①両者の差はビジネスで通用する⇔しないで歴然たる差があり、②コトラー、組織3要素、VRIOはビジネスで普通に使われるが、③猫が踏む気すら起こらないのがD社ノウハウ。(100字)

一例として、D社がはしゃぐ事例Ⅲノウハウは、これ一つ役立たないどころがR5Ⅲでは裏目にしか出ない。そこで「企業経営理論」でも、あのウザいD社ノウハウをまず追い払います。

【賢い印象】を与えるマーケ

Q
ほぼ全てが初見の第一印象で決まる現代では、開口一番に使う知識で【賢い印象】を与えるか、単なるノウハウ馬鹿かの成果も決まる。そしてここでもマーケを最重視?
A

消費者が全ての主導権を握る時代に、【好感】【共感】最重視になるのは当然。しかし試験合格が目的化したノロマからの好感獲得に夢中になると、D社ノウハウ一本鎗の末路になります。

①コトラーのマーケティング

コトラーのマーケティングが重視される理由は、彼が提唱した「顧客志向」や「ソーシャル・マーケティング」などの概念により、将来の市場の変化を先読みできるためです。具体的な理由として:

  • 顧客志向の先見性: コトラーのアプローチは、単なる商品の提供ではなく、顧客の体験や価値を重視しています。これにより、将来の市場での需要変化や新たなトレンドに対応しやすくなります。
  • マーケティングのソーシャル志向: 自社の利益ばかり追求するのでなく、社会全体の利益を意識して行動することは消費者の好感や共感を得ることにつながり、マーケットの細かな変動にも柔軟に対応できます。
②消費者購買行動

消費者購買行動の理解が重視されるのは、購買心理に深く踏み込むことで、企業が効果的に資源を使い、最大の売上を獲得できるからです。具体的な理由は:

  • 的確なターゲティング: 消費者の購買行動を理解することで、商品やサービスのターゲットを的確に絞り込み、広告やプロモーションの精度を高めることができます。
  • 効果的なプロモーション: 消費者がどのような判断基準で購買を決定しているかを知ることで、適切な情報やアプローチで消費者を引き込むプロモーションが可能になります。
③デジタルマーケティング


素晴らしい補足です。それぞれのマーケティングのアプローチがなぜ現代のビジネス社会で重視されるのか、更に具体的な目的意識を説明してみましょう。

① コトラーのマーケティング

コトラーのマーケティングが重視される理由は、彼が提唱した「顧客志向」や「ソーシャル・マーケティング」などの概念が、将来の市場の変化を先読みできるためです。具体的な理由として:

  • 顧客志向の先見性: コトラーのアプローチは、単なる商品の提供ではなく、顧客の体験や価値を重視しています。これにより、将来の市場での需要変化や新たなトレンドに対応しやすくなります。
  • マーケティングのソーシャル化: 自社利益の最大化よりも社会全体の利益を意識することは、消費者からの好感や共感の獲得につながり、マーケットの細かな変動にも柔軟に対応できます。

② 消費者購買行動

消費者購買行動の理解が重視されるのは、購買心理に深く踏み込むことで、企業が効果的に資源を使い、最大の売上を獲得できるからです。具体的な理由は:

  • 的確なターゲティング: 消費者の購買行動を理解することで、商品やサービスのターゲットを的確に絞り込み、広告やプロモーションの精度を高めることができます。
  • 効果的なプロモーション: 消費者がどのような判断基準で購買を決定しているかを知ることで、適切な情報やアプローチで消費者を引き込むプロモーションが可能になります。

③ デジタルマーケティング

デジタルマーケティングが重視されるのは、リピート顧客の育成が収益を最大化し、顧客価値を最大化できるためです。以下がその理由です:

  • データ駆動のリレーションシップ構築: デジタルマーケティングは顧客データを活用し、顧客の行動や好みを理解します。これにより、個別の顧客に適したサービスや商品を提供し、リレーションシップを強化します。
  • リアルタイムなコミュニケーション: オンラインプレゼンスを強化することで、顧客とのコミュニケーションがリアルタイムかつ効果的に行えます。これがリピート顧客を生み出し、顧客価値を最大化する一助となります。

世間標準よりオツムの弱い間抜けを相手に、8割落ちる前提でCLVを高めるのが出版D社やベテ専スクールの戦略。そして自社利益を優先した結果、申込/合格者年齢の上昇を避ける【試験全体の利益】に反した末路が、あのザマな。

【賢い印象】を与える組織論

Q
診断士がこれからさらに人気資格化する最大の理由がマーケ。しかし個人→チーム力を重視する時流に乗った、組織論も負けていない?
A

診断士試験において個人モチベより、チームのリーダーシップやモラールが重視されるようになった理由は、VUCAのような変化が激しい時代において、個人の力だけでは十分な柔軟性や知識の総合力が得られないためです。チーム全体が一丸となり協力すれば、より効果的に変化に対応し、ビジネスの成果を最大化することができます。

①バーナードの組織3要素

バーナードの組織3要素では、共通目的、貢献、コミュニケーションが協力と調和を生む要素です。これらがチームに焦点を当てる理由は、個々の力を集約し、協力して共通の目標に向かうことで、組織全体の成果が最大化されるからです。個人の力だけではなく、チーム全体が協力することで、ビジネス目標の達成がより確実になります。

②状況適合型リーダーシップ

状況適合型リーダーシップは、異なる状況に対応する柔軟なリーダーシップスタイルを提唱します。これは、特に変化の激しい環境であるVUCAの時代において、個人の一貫したリーダーシップだけでは対応が難しいためです。チーム全体で柔軟にリーダーシップを適応させ、変化に迅速かつ協力して対応することが必要です。

③組織学習 / 組織開発

組織学習と組織開発は、組織全体が成長し変化に適応するための手法です。これは、単一の個人の学びだけではなく、チーム全体が知識を共有し、共に成長していくことで、組織全体の効果的な変化が実現されるからです。組織全体が学習することで、より賢明で持続可能な意思決定が可能となります。

【賢い印象】を与える戦略論

Q
消費者心理を扱うマーケ、チームの優位性を説く組織論に比べ、近年戦略論知識の陳腐化や地位低下が甚だしい。その理由を教えて?
A

それはズバリで、これまで情報を独占し、年功序列型で労働者を囲い込んできた大企業ビジネスの陳腐化と直結しています。これからもキラキラ★働くあなたなら、ゆで蛙な企業の中で埋没するより、知識を活かして世間に打って出る方がプラスの結果になるはずです。

①VRIO(模倣困難な事業成長)

VRIOは「Value(価値), Rarity(希少性), Imitability(模倣の難しさ), Organization(組織の有効性)」の4つの要素を評価するフレームワークです。特に「Imitability」は競合他社が模倣する難しさを示しています。VUCAな環境では、模倣を難しくする事業成長戦略が重要です。企業は模倣されにくい独自の価値提供や技術を開発することで、競争優位性を維持できます。

②コトラーの競争地位別戦略

コトラーの競争地位別戦略は、企業が競争力を構築するために異なるアプローチを取るべきとする理論です。これには「Cost Leadership(低価格戦略)」、「Differentiation(差別化戦略)」、「Focus(集中戦略)」が含まれます。VUCAな時代においても、企業は市場の変動に応じて柔軟にこれらの戦略を組み合わせ、調整することが求められます。例えば、差別化戦略が一時的に強調される可能性があります。

③技術経営でイノベを加速

VUCAな環境では、技術の進化が急速であり、それに迅速に対応することが重要です。技術経営は企業が革新的なアイデアや新しい技術を取り入れ、イノベーションを促進する手法です。企業は継続的な技術経営を通じて、市場の変化や競合の動向に対応し、変革を起こす力を身につけることが必要です。

今日のまとめ

Q
そこでこうやって、あの熾烈なD社のパクリにパクられてはたまらない。試験の傾向変化の先を読んで待ち受けると、これだけ試験を楽々パスできるとは、数年前なら思いもしなかった。
A

情弱がD社依存を強めると、逆を選べば受かりやすい
①D社情弱ビジネスの悪化過程は過去マス→ふぞ→全痴低ノウであり、②世間の動きをまるで無視する過去問崇拝主義のため、③特に過去マスの真逆を選ぶと試験で有利に。(100字)

さらにTAC過去問は12月、D社過去マスは2月発売。「企業経営理論」を過去問開始で学習するなら、当然TAC5年を選ぶ一択です。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-C経営

PAGE TOP