ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

業界一真面目な正統派学習サイト【カテゴリさくいん】

とある知識のindex

画像:ミドリオンラインストア

おい野郎共。同友館ステマのれんバトン⇔デジタルシフトの仲はなぜ悪い。目を瞑って10個は列挙できるな?

えっへん。その最大の理由は知識を引き出す速度の違い。全痴低ノウ⇐低速と見下してあげるのに、「ボク達全員仲良し合格者様!」とすぐ足を引っ張りたがるためです。

そこで、同友館ノウハウを神と崇めるのれんバトンを今年で一掃するには、知識を引き出す速度の違いで。当サイトの【カテゴリさくいん】の使い方を紹介します。

業界一真面目な正統派学習サイト【カテゴリさくいん】

前提:引き出す速度の違いは、知識の「もくじ化」

同友館ステマ(旧弊のれんバトン)デジタルシフト
【主力ツール】
過去問完全マスター
【主力ツール】
TACスピテキ・ポケテキ
過去問を論点順に掲載年度別問題集×論点タテ解き
ひたすら過去問皿回しまず3回転で正解を暗記
次もひたすら皿回し誤答3択のバツをマルに
「法務」対策は後回し「法務」を解くには辞書引き
最後もひたすら皿回し誤答選択肢のクセを5つに分類
過去問掲載順に知識が並ぶ自作の「もくじ」で知識が並ぶ

過去問が最初から論点順に並ぶため、論点→知識体系に引き直す力が極端に退化。それがのれんバトンのステマブログ=「うすっぺら」「情弱」認定される最大の理由な。

12年前の古典で恐縮ながら、当サイトの自作チャートはDLフリー。イマドキこんなの作るゆとりは居ないが、知識のモレ・ダブリは全くない。

自作論点チャート1日目(2009年)
自作論点チャート2日目(2009年)

そう。2~3年で一新する「2次」ノウハウに比べ、「1次」7科目の知識セオリーは不老不死。11+23匹が束になっても勝てない理由もまっる分かりなのです。

1⃣スキルセット:最初に科目別のセオリーを

「1次」知識セオリー
経済学財務経営運営法務情報中小
「2次」事例対策
事例Ⅰ事例Ⅱ事例Ⅲ事例Ⅳ

個人運営サイトの強みは、ふっるい記事を消せるコト。かつ各記事限定1カテゴリなので、モレダブリが一切ない、ギョーカイ最強のスキルセットが揃います。

そう。試験評論歴12年目のクソベテにしては、最新・先端の記事を品揃え。それは意外と地味にコツコツ、古い記事を消したりリニューアルしているためです。

2⃣マインドセット:次に「1次」「2次」対策の心構えを

「1次」対策カテゴリ
Plan:学習計画Do:学習実行Check:効果測定Action:スコアUP策
「2次」対策カテゴリ
顧客(答案)自社(知識)競合(判断)協力(連携)

ほう。「1次」はPDCA、「2次」は4Cのフレームワーク? のれんバトン叩きが特技と思われガチだが、正当派学習サイトを自称するのも案外ガチな。

3⃣ツールセット:最注目カテゴリ~アンチふぞろい

3,000円のふぞ一冊でコロコロ2割受かる試験。そこで確実5割の卒業を目指すなら、同友館ステマ=のれんバトンの主張を良く観察し、全面的にその逆をやることです。

マインド・スキル・ツールセットとカタカナを投げつけられた位で、ふぞ先輩の様に一々ヲタヲタしない。漢字に直せば、心・技・体です。

画像:pinterest

今日のまとめ

くっ、それにしても「業界一真面目な正統派学習サイト」? こりゃくそろい先輩も裸足で逃げ出す盛りっぷりな。

そうでもないぞ。世の中は原則フレームワークとそれを引き出す「さくいん」で出来ている。
・それは時に、漢和辞典の「さくいん
・またある時は知識の「もくじ」
・それを組み合わせ、当てはめるのが当試験における要求事項だ

とっころが、これまでのカコに出た漢字の書き順を一から教えたがる。それがのれんバトンの合格自慢?

違います。難しい漢字を見たら冠や旁に分解し、意味から理解し「組み合わせ」て「当てはめ」る。それがこれからのデジタルシフトにマストの学習スタイルです。

そう、診断士を名乗る上でのマストとは、「これまで」より「これから」。その時、同友館ステマ=のれんバトンが勝手にパクらないよう、自称正当派サイトのカコ記事を体系的に振り返る。それで案外役に立ったりします。(100字)

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP