この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【4択国語でバツマルドリル】超正統派の「1次」対策

見違える様なホワイトサイトへ

のれんバトンを一掃次第、ネイリストの顔より下品な言葉遣いを改め、業界一真面目な正統派学習サイトを目指すと宣言。

そりゃ「2次」で使える知識は、「1次」出題済の範囲内。業界一真面目に体系的な知識を覚えてくれば、あのみっともない丸パクリ、同友館ステマはWで要らない子な。

そう、あの前年たまたま合格自慢をパクらされたら、受かる試験も8割ショボンに。では今日は、「2次」くじ引きを苦にしない、超正統派の「1次」対策を紹介します。

4択国語でバツマルドリル【超正統派の「1次」対策】

呼んだか?

バッドばつ丸

いたずら好きで、あまのじゃくなペンギンの男のコ。好きな食べ物は、銀座の高級お寿司とポリパリラーメン。パパはギャングのボスで、ママはチョー教育ママ。悪役スターのブロマイドを集めている。将来の夢は、社長になること。ひねくれ者に見えるけど本当はイイヤツ?
誕生日:4月1日(エイプリルフール)
出典:サンリオ

こらこら、当サイトにペンギンはオイラで十分。準レギュラーの座は、わ、わったなさいからな。

教えよう。これが4択国語でバツマルドリル

1⃣まず過去問3回転で正解を暗記(例:情報)
2⃣残り誤答3択のバツをマルに直す(例:運営)
3⃣誤答選択肢のクセを5つに分類(例:経営)
4⃣難関「法務」を解くには辞書引き

さらに教えよう、バツマルドリルの期待効果&模倣困難性

国語のクセから、バツ箇所特定が容易
②慣れると一目見て2択に絞れる
③最後の2択を吟味し、ズバズバ当てる
④勝負勘を掴み、周囲の苦手を自分はスッキリ
⑤1文3センテンス100字の因→果を磨く
「2次」与件文のひっかけ箇所を看破
❼のれんのパクリは禁止済=模倣困難性も

いいか野郎共。国語のクセ=選択肢の間違い箇所は①主語②目的語③述語④形容詞⑤長文因果ズレの5つに絞れる。

「2次」の死命を制す「想定読み」。鍛えるパターンは5つだけ

①主語(用語入れ替え)
②目的語(用語入れ替え)
③述語(結論あべこべ)
④形容詞エラー
⑤長文の因→果ズレ

えっへん。ひたすらぼんやり皿回し⇔国語のクセを「想定して読む」。これが「2次」与件を80分で解くスピード感が、うっすのろなのれんバトン⇔デジタルシフトで全く異なる根拠です。

このパターン分けの発祥は「まとめシート」ですが、5年分×6科目を全て解いたのは当サイトがオリジナル。当然のれんバトンのパクリは禁止であり、おっきな模倣困難性を生み出します

確かに「1次」選択肢とは、採点係のオトウサンが好む「1文3センテンス100字の因→果」で作る文章そのもの
バツマル→国語力UP→「2次」確実卒業と気づくか否か。それが当カンファ⇔のれんバトンの決定的な違いです。(100字)

へぇ。あらゆる文を3センテンス&100字で書き殴る試験評論歴12年のクソベテが言うならきっとそう。そして国語力ゼロ以下なあの長文合格自慢と違い、要するに正解を選ぶよりバツを探して落とせば済むだけの話です。(98字)

そこでのれんバトンのパクリを蹴落とすために、バツマルドリルをどう活かす? 上記1⃣~4⃣の手順に慣れるため、選択肢の科目別特徴に注目します。

選択肢の科目別特徴~ここを意識するとスコアが伸びる

1⃣【情報】過去問3回転で正解を暗記
「情報」は、アルファベット3文字を中心とした用語の暗記。
・試しに3回解くと、一番簡単に正解を覚えるので、バツマルドリルの最初に最適です。

他の情報系資格に比べ、基礎知識が問われて取り組み易い。かつデジタルシフト時代にマストの、重要知識な。

2⃣【運営】残り誤答3択のバツをマルに直す
「運営」は、原則JISの用語定義から作問される。
・そのため、2~3選択肢の間で主語や目的語を入れ替えるパターンが多く、バツをマルに直す学習の効果が高い。

「運営」を単なる暗記と勘違いするのが、のれんバトン=過去問暗記バカ。そうでなく、暗記のはっるかその先、①レイヤー体系化力 ②応用当てはめ力を鍛えます。

3⃣【経営】誤答選択肢のクセを5つに分解。
・作問制約上、間違い3択を作るには、①まず正解選択肢を作り、②次にどこかを変える。
・するとその間違い箇所は、主語・述語・目的語・形容詞・「文章の因→果」のいずれかに。
・「文章の因→果」=「2次」にマストの国語力。
「戦略論」「組織論」でこの国語力を鍛えておく。

国語力ゼロ以下のふぞ先輩は、「戦略論」「組織論」がWで苦手。自ら白状しているから、よーく読み込め。

国語力ゼロ以下の本人は確実にわかってないから蛇足を。作問係のオトウサン世代は「自分の文章が理解されない」ことを気にする。そこに「ちょっと何言ってるか・・」なんて漫才の決め台詞を書いた日にゃ、狙い撃たれて文句は言えない。

もしリンク先記事が黙って消されていたら、「ふぞろい」「ちょっと何言ってるか」で検索です。

4⃣難関「法務」を解くには辞書引き
「法務」出題範囲は海より広く、沼より深い。
・テキストで覚えた所は試験に出ない。
・そこで過去問を先に解き、出た所から覚える。
・そのスタイルを一言で示すと、辞書引き学習。

「会社法(設立~組織再編)」「産業財産権」の頻出知識を取れば60点に。だが「民法」は沼より深いから、取りたい奴はEBAに行け

今日のまとめ

へぇ、「1次」選択肢バツマルを鍛える→「2次」国語力UP直結か。でもこのクソサイト以外に、そんなデマを流す奴は一人もいねぇ。

そりゃそうだ。のれんバトン=薄っぺらいステマな長文ブログを一目見りゃ、あの国語センスがゼロ以下なこと位はまっる分かり。

違います。「2次」採点係=45名のオトウサンの仮定に立つと、彼ら自身が書いた文章に慣れる。国語力UPにはそれがいっちばんです。

そして当サイトがネットに先に書いた内容は、のれんバトンのパクリは全面禁止。奴らがパクれるゆとりもゼロ以下な。

ほう、240点ボーダーをうろうろするのれんバトンがパクれない?
そこを狙えば、今年の確実卒業はイタダキじゃないか。

そして、そこに気づいたあなたのために。当バツマルドリル=超正統派の詳細手順と期待効果は、1/14(木)21:00~の「1次」対策公開カンファで紹介予定です。

ふぞ発売で戦いスタート
これまでと違う勝負はここから
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP