この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【テストに暗記法】全5回 #1~#5

テストで暗記なんてめんど臭っ!

画像:暗記パン、大人になるとネットで買えます。

情報、法務に中小? コンサル志向のボクにそんな暗記科目は要らないよ、だからさっさと「2次」並行学習!

おやおや、そんなバランスを欠いた学習姿勢では、馬に蹴られて(試験委員の逆鱗に触れて)「1次」試験のドボンが確実。診断士「1次」の7科目にはビジネス素養を教える他に、分担してバランス良く頭を鍛える脳トレ効果があるんです。

つまりネット社会ではヒトの記憶力が退化に向かうため、逆に「暗記」を意識的に鍛えることで物事の理解力が高まる。要は「頭が良くなり」ます。

そして司法試験から社労士に至る他の文系国家資格に負けず劣らず、現役診断士は暗記を苦にしない。それは「テストの暗記法」が確立しているからです。ではシリーズでどうぞ。

【テストに暗記法】全5回 #1~#5

上記リンクは2017年6月当時の内容ですが、好評または最新の情報があれば逐次更新する予定です。ご期待ください。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP