この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【テストに暗記法】#3 周囲がやってる暗記法

Q:周囲がどう暗記してるか気になる?

A:気にしなくて良いけど、知っておくと便利。

「1次」=マークシート型知識試験とは、要は知っているか知らないか=暗記。もちろんそれ以外の要素もあるけど、覚えないことには始まらない。

それでね。そのタイプを大別すると、たったの3通り。

診断士「1次」とは、既に長い方で1年、短い方でも4~6か月は勉強しており、今の自分の暗記の仕方こそマイベスト。

  • 今更変える必要はなく、
  • 自分と周囲のやり方がなぜ違ったかだけを振り返り。

ではまず、上記3タイプの方それぞれに参考になるベストリンクを紹介。

1⃣テキストINPUT型

テキストの不明点に付箋。わかれば剥がす学習法は王道。

【暗記科目】付箋活用と情報集約

2⃣過去問INPUT型

同じことを過去問でもやって良い。過去問から理解を増やす。

過去問題集は徹底的に汚しちゃいましょ

3⃣自作ツール型

初級編:ミスノート。どこをつぶすか効率UP。

【1次試験】間違いノート導入のメリット・デメリットを考える

中級編:自作のまとめ表。表を自作するほど知識がスッキリ。

【独学者向け?】経営法務のアウトプット

上級編:体感型暗記法

“全身学習”が早期定着を助ける!

ではなぜ今更、こんな暗記の話? それはね。「1次」は変えない方が良いけれど、

「2次」で見直すチャンスがあるから。

具体的には、「2次」は今更暗記を問う訳でないので、3⃣自作ツールの出番はまずない。この時、

1⃣テキストINPUT型
→解答手順をまず教わり、次に過去問でOUTPUT・・となりやすい。

2⃣過去問INPUT型
→過去問にまずトライ。次に作り方を考える。

別にどちらが良い・悪いではないのですけど。開示得点つき再現答案がネットでバンバン出回り、全国5,000人がそっくり人並み70点答案を書く力を競うのが今の当試験。

「8月ロケットスタート」なんておおらかなペースでスト合格できたのは過去。自分の「1次」の成功体験を持ち込む前に、1年先行組が何をやって逃げ切りを図っているか位は想像しないと、今の試験はなかなか勝てない。

今日のまとめ

「1次」は結局最後は暗記試験。スコアの高低とは、地頭云々より、自分が選んだ暗記スタイルのパフォーマンスを示します。

周囲に比べ優位であれば、「2次」にそのまま持ち込んで良いし、
劣位にあれば、「2次」で見直し逆転チャンス。

自分の目先の暗記に限らず、周囲のお手並みも拝見しておく。その周囲を見渡す余裕が、「2次」でもプラスの効果を生みます。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP