【ふぞろい15お漏らし祭り】年1回の試験に備えてキレイな国語

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■

オセロに勝つなら四隅を取るのが基本で、勝ちパターンの探求も一巡
そのとき四隅の一つ=ヘタレ自慢の底辺ノウハウを捨てる手もある。それが①過去問ファクト→②嘘つきバツマル→③最新先端の国語とツナぐ、200%なstyleです。(100字)
Q
ねぇ、ヘタレ系のサークル先輩が全員そろってぶっこく「過去問こそが大事!」その第一歩から疑ってかかるとは、こりゃベテらしく用心深いね?
A

こらこら、評論ベテ⇔合格目的化したクソベテは似てるが違う。その違いをA→B、B→Cな100字の因果で説明します。

過去問が大事!? ではなぜ10数年分の答を覚えるベテから落とす?
その最大理由はベテ化で与件が「読めてくる」所に仕掛ける「こじらせ」トラップ。過去問の答を覚えるしかノウがないベテを誤答誘導するなど朝飯前に。(100字)
サークル勢の判断ミスは、1次作問係45名=2次採点係の事実見逃し
ネットやSNSをパクるしかノウがないのがサークル勢。そうでなく1次誤答選択肢を使い、主語・目的語・述語・形容詞・3文節因果を見抜けば国語も上達。(100字)
時流のニーズはきれいな国語。サークル勢がお留守のうちに「国語の試験化」を推進
最初に注目したのがガクチカ=学生時代に力を入れる100字の書き方。その第一歩が長めに書いて短く削る。つまり手書きを止めること。

今日のまとめ

花の色は 移りにけりな いたづらに 我身世にふる ながめせしまに
“小野小町は在原業平(ありわらのなりひら)のことが好きでしたが、業平はそのことに気づきませんでした。 この和歌はそのことを嘆いてつくった和歌だと言われています”
出典:百人一首の風景
Q
小野小町の一首を現代語訳すると「なぜこれだけ恋焦がれる試験で8割落とす?採点係のバカヤロー!」 ただそう主張したけりゃヘタレな口語調を一切やめ、ブログ位はキレイな「ですます調」に。
A

おぅ、ベテを見事に撃ち落とす腕から見て、試験ブログは採点係の監視下に。そこに口語調でブログを書くと狙い撃たれるから気をつけよーぜ。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。