【To-Do】ガクチカ~100字で磨く国語力

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

Q
就活=社会人への第一印象は、自分のミライを占う一大事に。学生⇔企業側を問わず、多少盛ってくる程度は暗黙OK?
A

古臭いアナクロ、おっと違ったアナログなこれまでの経験則などクソの役にも立たない。当試験の世代別当選率を見て、肝に銘じとけ。

面接で見る基準とは、①最初に中身、②次にその表現力だ
就活する学生数はこの先ずっと先細りであり、景気変動こそあれど売り手市場が原則に。すると学生時代の注力こそバイトル君でもその表現力次第で積極採用へ。(100字)
採用選考には100字が最適。100字×5問の歴史を築いた「事例Ⅰ」
100字×5問定着の理由は恐らく、採点のしやすさ。80字・150字になると答案も作りにくいが、採点はもっとやりにくい模様。そして100字=3~4文の因果も定着へ。(100字)
100字の基本は情報密度=字数を意識し余計を削る
モチベ→意欲、コラボ→協働に。漢字の語彙力が最初のマストで、文尾はである調で締める。そして多めに書いて削る習慣を付けると、修飾語が最初に取れて客観的な表現に。(100字)
共感されるビジネス文章も、基本は同じ
好まれる文章は勤務環境によって変わり、一番の役立たずが中小白書に代表されるお役所言葉。アレは言葉遊びにお熱なだけで、イマ好まれるのはビジネスチャットのキレキレ文章へ。(100字)

今日のまとめ

ふぞろいは毎朝隣にからかわれ、ヘタクソ国語はよりクソに
ふぞ信者のニーズはゆとりが2割で受かるノウハウなのに、自分語りばかりがメインで猫も踏まない。さらに新作ふぞ15のおふざけ次第で9,000人からクレーム殺到に。(100字)
Q
筆記系試験の第一採点基準=キーワードには猫も賛成。だがキーワード数>マス目の時代に、キーワードの1つや2つが漏れるのを気にするお莫迦は80分で時間切れ?
A

学生全員★キラキラとは限らず、陰キャも多少は採用される。そこでどこまで盛って良いかの国語力も、忘れずに磨きを掛けます。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます