指定ワードを100字に並べる国語ゲー【心静かに明鏡止水】

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。
この試験で、’隣より良い答案’は聞かれていない
理由は、①情報が四通八達する現代社会では自ら考える力が求められ、②素直な答案が開示スコアで評価され、③良い答案を書きたがる色と欲に採点係がバツ出しするため。(100字)

一発パクリは、なぜ1年365日隣のサイトにからかわれる? そりゃあの合格自慢はバッチバチの同質競争コモディティ。真逆をやるとガラ空きゾーンです。

指定ワードを100字に並べる国語ゲー【心静かに明鏡止水】

日曜劇場越えの、駆け引き・裏切り・国語ゲー
日曜劇場がヒットを飛ばす年は「2次」新作事例が大荒れし、特に「Ⅲ」は要注意。8,500人がそう身構える根拠は、明確すぎる前科があるためです。

このH29は、東京地区の万年ベテを立教大に招集し、①トイレお漏らし攻撃後出し採点Ⅲコンタミトラップと、主催側のやり放題。ベテ落としの歴史はこの年からな。

そしてベテ落としに自信をつけた採点係が、超買い手市場の今年は誰から落とす? その採点仮説が今年の決め手になります。

仮説:ふぞ+パクリの主張・誇張に、大ウケする主催側
その理由は、①試験委員一同で時流を読み、②「1次」「2次」作問を通じて方向性を示すのに、③試験合格が目的化したお子ちゃまたちが涙目で否定するから。(100字)
仮説:「2次」の国語は東大級?
試験が国語を重視する理由は、理数系ほか「考える力」の基礎になるため。①情報発信側には東大級が勢揃いし、②その良い点をすかさず盗めば、③ビジネスを勝ち抜く国語力も東大越えに。(100字)

今日のまとめ

仮説:デキる君⇔ヘタレサークルの主張は真逆
その理由が制約理論。①チームで行動するにはまず足並みを揃え、②力を均衡させて互いに競い合うとベストの力に。③合格自慢のふぞ+パクリを混ぜない工夫がマストです。(100字)
Q
ほぅ。合格実力に届くまではパクリも良いが、確実に卒業したけりゃアレはやめとけ。それが今年の最新仮説?
A

今週はその仮説を検証。まず事実として、パクリ⇔200の今週の記事は、同じ試験に挑む人類とは思えないほど真逆の内容です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。