R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

★As-Is競争

【祝1,555名合格】壮絶難化4事例による抽選結果 / 申込&合格者の高齢化に歯止めかからず

クジを見事に引き当てた診断士。そして【誰と手を組むか】で成果がガラリと変わる士業では、公式統計で【誰が受かったか】を知るのが最初の一歩です。

公式統計❶ 申込&合格平均年齢の推移

正確な数値は公表されないので、(例)40~49歳→中央値44.5歳と仮定して平均年齢を算出します。

Q
年齢を見てどう思う?
A

申込&合格平均年齢がいずれも40歳overになる、窓際オジ御用達の国家資格として有名になる

40歳を超えてもまだ若手と認めてもらえる、これからのリスキリングの有望資格になる

公式統計❷ 世代別合格率の推移

高齢化一途のベテふぞ排除での当サイトの善戦むなしく、20~30歳代の合格率=微減、40~50歳代の合格率微増の、期待と真逆の結果に終わったな。

Q
凶悪4事例を揃えたR5二次での50代、60代の健闘はそのまま褒めて良い。しかしこの競争上の本当の問題は、「1次」「2次」ともに20~30歳代の受験人数が増えていないこと。
A

窓際の50歳代、転職志向の40歳代の受け皿資格として、この世代の受験申込数は今後も増加する。

タテ組織ピラミッド構造の下部を支える(?)20~30歳代の受験申込減は、業界側の情報発信に問題がありそう。

公式統計❸ 「2次」申し込み&合格者数の推移

そして診断士採用数は、実需を明らかに超える1,600名バブルを3年連続見事に達成。つまり【合格させてから本当の競争】のミライを先取りしました。

そしていろんなミライを次々当てると言われる当サイト
それには生成AIの粗製乱造だけでなく、ビジネス書を時々使ってネタにする。その中から、2024年にぜひ意識したい2冊を紹介します。

詰め込みを避けて好感される文章へ
①ふぞろいがひらがな→漢字に言い換えて詰め詰め技術を競う隣で、②あえてひらがな多用で読みやすさを訴求するのがビジネス文で、③冗長表現を削ることで好感される文章になる。(100字)
デジタルの時流は先読み可能
①ここで紹介する「DXの教科書」は見開き2ページを1トピックとし、②豊富な図解で何が変化したか一目でわかるので、③知りたい所を辞書として使えば誰でも先端デジタル人材に追いつける。(100字)

R5試験全体を通じて、申込&合格年齢上昇に歯止めはかからなかった。しかしビジネスチャットで好感されれる短文力、デジタル時流の先読みを40~50歳代のオジサン層にもたらしたとすれば、当試験のリスキリング力は世間に誇れるものがありそうです。

今日紹介した「DXの教科書」は2022年10月初版発行。ミライとは一般に3~5年先を読むので、2024年を迎えた今年でも、まだまだ使える期待があります。

2023/2/2の予言内容をそのまま再録~昨年のミライはどこまで的中?

参考:2023/2/2のオリジナル記事

試験の要求:これまで→これから
①世のベンチャー系経営者が目の色を変えるのは、②日本経済の失われた30年=悪い所はほぼ出尽くしたので、③旧弊を捨てラディカルを選ぶと先行市場を総取りできるチャンスがあるため。(100字)
試験の要求:ド苦学ぼっち→ネットワーク化
①診断士は他士業との相乗効果が高いネットワーク資格であり、②試験対策もド苦学ぼっち→ネットワーク学習にシフトし、③部門の壁を楽々超えるコミュ強人材が続々登場へ。(100字)
試験の要求:常識を疑え〜与件は常にトンデモ初見
①日本経済の苦境を憂慮する試験委員は作問採点を毎年変えるので、②これまでの常識=非常識になる感覚が備わり、③自分の所属集団の組織風土につい変化を与えたくなる。(100字)
試験の要求:旧弊技術はリプレース
ディスラプション(1次未出)とは破壊的イノベを指し、②既存業者より異業界や新規参入が主役を務め、③変化を好み部門の壁を平気で乗り越え常識を疑う診断士の活躍の場が広がる。(100字)
■■ここからテンプレ■■

-★As-Is競争

PAGE TOP