R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

1次Action:スコアUP策

【最速合格の華】5~7月直前期 / 1次スコア爆上げ / お皿回しと一緒は迷惑

過去問集を買ってきて、回せば受かる「1次」の4択。そこで今日は、AIがヒトを代替するミライを予測し、お皿回しとの差を広げます。

Q
デジタルが発展し、世のあらゆるものが二極化すると、これまでのアナクロなアナログが一掃?
A

デジタルが発展すると、過去問題集の回転や一部の問題を覚えることに重点を置く「過去問のお皿回し」や「イケカコ」といった勉強法は、試験合格には不適切と一掃されます。

【過去問の最速回転とお皿回しは一見似ている?】

過去問のお皿回しでは試験に必要な知識や技能が不十分で、本来必要な理解力や応用力が身に付きません。さらに過去問に偏った独学でうっかり合格すると、誤った理解に基づく恥ずかしい自慢につながってしまうことがあります。これらの方法によって合格することはあるかもしれませんが、それは偶然的なものであり、正しい勉強法を身につけることが重要です。

このような合格自慢がネット上で拡散される原因としては、合格体験談を書いた人が誇大妄想や嘘を交えて投稿していることがあります。また、試験制度の変更や新たな問題の出現によって、過去の試験問題を覚えるだけでは通用しなくなることがあるため、これらの方法が成功する保証はありません。

私たちは正確な情報を入手し、合理的な方法で試験に合格することが必要です。試験に合格することだけではなく、正しい知識や応用力を身につけることが重要です。ネット上での情報に惑わされず、正しい学習方法を取り入れることが求められます。

【最速合格の華】5~7月直前期 / 1次スコア爆上げ / お皿回しと一緒は迷惑

過去問の皿回しバカと最速回転を一緒にされたら大いに迷惑。GPTを使って格差を拡大な。

Q
「1次」4択マーク対策は、「答を覚えてしまう」過去問の回転学習が良いと知られる。そこでAIや過去問集を活用できる人⇔上手くいかない間抜けの違いを教えて。
A

問題集回転学習を上手に活用する人と、できない間抜けの差は以下の3つです。そして私はそれを、有名人の口調を真似て説明できます。

①深い理解に注力⇔答えだけを覚える

上手に活用する人は、回転学習を使って問題を解くだけでなく、問題の解法や概念を深く理解することに注力します。一方、活用できず応用力が伸びない人は、回転学習を使ってただ答えを覚えるだけで、問題の背後にある概念や原理を理解しない傾向があります。

②適切な問題集を適切な頻度で最速回転

上手に活用する人は、自分のレベルに合わせた問題集を選び、適切な頻度で回転させることができます。一方、活用できず応用力が伸びない人は、適切な問題集を選べず、頻度が高すぎたり低すぎたりするため、問題の理解や応用力が不十分なまま次の問題に進んでしまいます。

③問題を解いた後の復習や振り返り

上手に活用する人は、問題を解いた後に復習や振り返りをすることができます。これによって、自分の理解度や不足している知識を確認し、次に活かすことができます。一方、活用できず応用力が伸びない人は、解いた問題をそのままにして次の問題に移ってしまうことが多く、自分自身の理解度を把握することができず、応用力を伸ばすことができません。

あの2人の主張をGPT再現~回転学習のメリデメ

GPTは有名人の口調を再現できる? さっそくやってもらいましょう。

王監督長嶋監督
【利点】
短時間で多くの問題を解くことで、自分の知識を広げることができます。そして、繰り返し解くことで、問題のパターンや傾向を掴むことができます。しかし、正答だけでなく、誤答にも注目し、なぜその答えが間違っていたのかを考えることが大切です。その上で、次に同じ種類の問題が出題された場合に、同じミスを犯さないようにすることができます。問題集を回転させる学習方法は、ただ単に問題数をこなすだけではなく、問題を分析し、自分自身を向上させることができる大切な学習方法です。
【利点】
短時間で多くの問題に取り組むことで、合格への道が開けます。繰り返し解くことで、パターンや傾向を掴み、正答を積み重ねて自信がつくことができます。さらに、誤答だけを解き直すことでスピードも上がります。そして、前の問題が次の問題のヒントになることもあるのです。これは、野球でも同じで、前のプレーが次のプレーのヒントになることがあります。問題集を回転させる学習方法は、野球の練習と同じように、本当に有効な学習方法だと思います。
【欠点】
次の問題集に移る前に完璧に理解していなくても、次に進もうとすることです。これは、バッティングで言えば、簡単なストレート球に打ち慣れているために、カーブやスライダーなどの変化球に苦手意識を持ち、克服できなくなってしまうことに似ています。同様に、問題集回転学習でも、不完全なまま次の問題集に進むと、新しい知識を習得する際に混乱を招いたり、進行が遅れる可能性があります。
【欠点】
選手が試合で勝つために必要なスキルや戦略を疎かにしてしまうことです。例えば、選手が練習試合での打者の特徴を熟知しておらず、ただノートに記した回答を暗記していた場合、本番試合で役立つことはありません。このように、単に問題集を回転させて問題を解いていくだけでは、実際に必要なスキルや戦略を習得することができません。こうした問題点に気づかないまま、ただ問題集を解き続けることで、実力が伸びなくなってしまいます
王監督は、戦略的な采配や柔軟な対応力から「魔術師」と呼ばれ、その語り口も緻密で冷静沈着な印象を与えます。長嶋監督は、率先して基本練習に取り組む姿勢で知られ、その堅実な指導から「Mr. Baseball」とも称されています。
深い洞察力や独自の視点があり、複雑な問題を多面的に捉える。論理的で簡潔な表現が特徴であり、読みやすさに定評。
欠点を広い視野から捉え、より抽象的なレベルで問題を把握し、問題解決の可能性を探る傾向があります。現状の問題を具体的な事例で指摘し、実践的なアドバイスを与えることで改善を促そうとする傾向があります。
Q
世界の王や長嶋がいうなら、回転学習はきっと有効。そこで表にまとめて。
A

私が再現した両監督の学習アドバイスを以下の表にまとめます。

王監督長嶋監督
学習の有効性徹底的に問題を解き、正解率を上げることが重要問題集を回転させる方法は、効率的な学習法の一つ
学習方法問題を繰り返し解くことで、パターンを把握しよう短時間で多くの問題を解くことがポイント
自信のつけ方正解率が上がれば、自然と自信がついてくる正答を重ねることで、自信をつけることができる
スピードアップ正解率が上がると、自然とスピードも上がる誤答にフォーカスし、スピードを上げるように努めよう
傾向の把握繰り返し問題を解くことで、傾向をつかめる前に解いた問題が、次に解く問題のヒントになる

そして回転学習には以下5つの欠点があり、ここを自力で工夫や改善できるかがスコアの差になります。

①回転して解くと答を覚えてしまう

同じ問題が何度も繰り返されるため、回転することによって答えを暗記してしまうことがあります。この場合、問題の内容や意味を理解せずに答えを覚えてしまうため、長期的には学習効果が得られなくなると考えられます。

②答を覚えるだけでは理解にならない

答えを暗記しても、それだけでは問題の意味や解決方法を理解したとは言えません。実際の問題解決には、暗記だけでは足りない部分があります。そのため、問題を理解し、その背景や解決方法を学ぶことが重要です。

③理解が浅いため知的興奮を覚えない

答えを覚えるだけでは、問題の内容や意味を理解することができないため、知的興奮を覚えることができません。知的興奮とは、自分の頭で考え、問題に取り組むことで得られる喜びのことです。問題集回転学習では、問題を深く理解することができないため、知的興奮を覚えることができないと考えられます。

④不完全なまま次の問題集を解きたがる

同じ問題が何度も繰り返されるため、解けなかった問題をスキップしてしまう傾向があります。しかし、このようにして未解決の問題を残してしまうと、後で同じ問題に再び取り組むことが困難になります。不完全なまま次の問題集に進んでしまうことは、長期的な学習において大きな問題となります。

⑤基本を疎かにし応用が利かない

基本的な問題の答えを覚えることに夢中になると、応用力が身につかない可能性が出てきます。これは野球に例えると、同じ投球を練習し続けていても、実際の試合で別の種類の球が投げられた場合に対応できなくなってしまうようなものです。

問題集お皿回しに夢中なノロマ⇔王・長嶋との差? それはプロ入団で満足するか、常に一軍のスターで活躍するかの違いです。

今日のまとめ

Q
そう、試験合格程度に一喜一憂するから長年のファーム暮らしで芽が出ない。そうでなく第一人者の助言に従い、過去問をやるなら最速回転だ。
A

王監督の868点は絶対ムリでも、過去問集を最速回転するとスコアが伸びる。そしてスト合格までオマケでついてきます

■■ここからテンプレ■■

-1次Action:スコアUP策

PAGE TOP