【To-Do】同等・対比・因果でグランドデザイン

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

試験の日程計画はバック★キャストで。秋試験までのteam学習
Q
そうか、ここのヘンテコ評論サイトがブチ上げた学習行動は、隣のヘタレは恐れをなしてパクってこない。これが持続的で模倣困難な試験における競争優位
A

そう、隣のヘタレにパクられた日にはたまらない。今やふぞ+パクリへの情報遮断は、業界中の常識です。

当サイトが真っ先に当てたといえば、「1次」=暗記で「2次」=国語の試験
このとき国語力=語彙=世代をまたぐコミュ力。そんな今や常識にサークル勢が乗り遅れるのは、ヘタクソ国語のノウハウベテが顔を真っ赤に否定してきたため。(100字)
「Ⅳ」難化への隣の油断+ふぞ発売延期で空いたslack時間
そんな千載一遇のチャンスを見逃す輩は何をさせても2割でコロコロ。そうでなく、+100時間でネット簿記2級の戦略優位を、ここから数話で具体的に解説します。
通学150~250h、ド苦学350hの2級を100hで合格へ?
その達成根拠が、①受験者数復活に向けたネット試験優遇 ②論点のベーシック回帰+スピード重視 ③4割近い高合格率。そこに「財務」知識のベースと学習習慣の強みをぶつける。(100字)
100hへの時短=ムダな動作や思考をカットするのがteam-ECRS
簿記2級の所要150~250hとは、毎日コツコツ仕訳を書かせて手と体で覚える勉強法。そでなく、経営分析=簿記のゴールからバックキャストできる診断士なら時短可能に。(100字)
そう、国語の上達=演繹三段論法を使うと仮説の幅がぐっと広がる
①虹=国語の試験と割り切ると、②スト優遇⇔ベテ冷遇が見て取れ、③素直な因果で100字を書けばA答案へ。それに「Ⅳ」の確実60点もセットでどうぞ。(100字)

今日のまとめ ~ふぞ発売遅延時代のグランド・デザイン

ベテがベテベテ落ちる理由は明確(後日言及)で、ふぞの真逆を選べば確実AAAAへ
そこで6月末からふぞ15で相互採点を計画したのに、何を血迷ったか1ヵ月納期遅延に。その空いた隙間時間を活かすのが、100h★チャレンジだ。(100字)
Q
ほう、ベテがベテベテ落ちる理由=七難八苦を近日公開? でもそれって数字に弱くて「Ⅳ」60点を取りこぼすからでは?
A

おぅ、英数国のどこかで苦手を作り、偏った鍛え方をするのがベテの失態。そうでなく、頭は固く視野が狭くなった姿勢を改め、バランスよく鍛える結果が確実AAAAな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます