【To-Be】ふぞと真逆な国語の書き方

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

Q
ねぇねぇ、前年割れと思しき300枚少々の答案キーワード解析に、24匹もけしかけるふぞ。45名で9,000枚ノルマの採点係にすれば、お子ちゃま同然?
A

そう、良書「独学合格ナビ」にも、ふぞろいまがいな誤った表現あり。今日はそこのバツをマルに修正な。

難しい問題はぼやかす?~「独学合格ナビ」違和感No.1(P.98)

問題要求を把握しきれず、解答根拠も判然としない場合は、(中略)ついつい「えいや!」と断定して解答してしまいがちですが、(中略)断定したくなる気持ちをグッと踏みとどめ、抽象度を上げて対応することで、「△(部分点)」を狙いに行きます。

受験側の手口がネットでダダ漏れの時代、「答をぼやかす」と書くと採点係の悪印象に。「決めつけをしない」が正解です。

ふぞでも2割で受かる理由が、まずベテから落とす
9,000枚の採点経験を通じ、①過去問の答を覚えたベテを落とすには、②作問を変えて揺さぶり、③「決めつけさせる」と気づいた主催側。そこに気づかぬたまたま=ふぞ合格。(100字)
受験技術が向上し、点差がつくのは「助言問題」に限られてくる
このとき、
①★★★の加点を焦った「決めつけ」答案が、ベテだとバレて落とされる。
②事実→事実→推論の前半で部分点を貰う。推論を強調しないのがデキる君。
大量枚数をスピード採点すると気が付く、文の読みやすさ
それは【期待効果】では結論先出しが嬉しいが、【助言問題】でそう書かれるとひどくムカつく。理由は、助言=まだ知らないネタであり、頭ごなしでは反発招く。(100字)

イマ話題にするのは受験テクニックに非ず。相手の立場に合わせ語順・語法を変えるのは、コミュニケーションの基本の「キ」な。

今日のまとめ

ふぞろい15⇔隣の2つが、もはや同じ人類でないと言われる理由
ヘタレ口語調でふぞが9,000人の失笑を買うのは、文章で伝えようとするから。片やYouTubeの世界では、最後まで聴いてもらうために、丁寧な因→果をですます調で。(100字)
Q
ほう、支離滅裂な誇張と自慢で知られるふぞろいシリーズ。その文章のヘタクソさを狙い撃つとは、なかなかやるね?
A

そう、採点係にすれば、論説文の国語の書き方をわかってないのがふぞ。そこで情報発信力ゼロ以下=ある意味人畜無害と、2割コロコロ合格までは許容します。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます