「2次」採点係を務める46名の試験委員が最も喜ぶのは、500点以上の好スコアを叩き出す人が増えることと、同時に短時間で済ませて学習効率を上げること。そんな業界一合理的で賢い解き方を、特設ページで日々公開中です。

1次Action:スコアUP策

【500点の三原則】学習の量×質×効率性 / コスパタイパでスコアup

隣の仲間のスコアがグングン伸び出す5~6月は、あれもこれもとつい焦りがち。でも最速時短合格時代の試験対策は、「学習量」より「質」「効率」です。

Q
何でもコスパタイパを競う時代に、同業D社のノロマノウハウは至って非効率。この5~6月の過ごし方一つで人生観まで変化するそうなので気を付けます。
A

それは素晴らしい着眼で、「国内最大級の4択マークシート型暗記」である「1次」。今この5~6月であれこれ工夫すると、あなたのバランス感覚が鍛えられ、人生のコスパ・タイパもダダ上がりです。

①学習の量②学習の質③学習の効率性
学習の量を確保するために、毎日の学習時間をスケジュールに組み込み、計画的に進めます。特に過去問演習や模擬試験の時間を十分に確保します。学習の質を高めるには、暗記と理解をバランスよく組みあわせます。できれば使う過去問題集を科目ごとに変え、暗記の進め方の違いを活かすのが良いです。学習効率最大化を目指し、自問自答の繰り返しで長期記憶を定着させて集中力・瞬発力を高めると、「2次」を素早く合格しやすくなります。

【500点の三原則】学習の量×質×効率性 / コスパタイパでスコアup

つまりこれまでのノロマ学習では、量⇔質の2次元で済ませがち。そこにコスパタイパの「効率性」を加えた3次元でバランスするのが、生成AIを使う利点な。

学習の効率性・生産性を計画的に高めると、万年おベテがうようよ滞留する「2次」の泥沼競争を回避できる。そこで同じ学習量なら同業D社の少なくとも2割増し、500~540点を計画的に狙います。

Step-1:学習量の確保とクリア

Q
診断士の合格所要1,000hとは、週20h×50週(専任講師の通年稼働)を確保したい大手スクールによるでっち上げ。主催側の時短宣言を受け、「1次」400h以内で500点を超える事実を知らない奴はモグリだ。
A

この後のコスパタイパと関係しますが、学習時間は多くても少なくてもダメで、まず計画し、進捗を見て修正し、最終的に計画ピタリにするべきです。私のアドバイスを参考にしてください。

①目標スコアに応じて学習時間を決める

ポイント: 一般にただ合格に必要と言われる学習時間を目指すのではなく、自分の目指すスコアに応じて学習目標時間を設定することが重要です。

  • 目標スコアの設定
    • ただ合格を目指すのではなく、高得点を狙う場合や、特定の科目で高得点を取りたい場合など、具体的な目標スコアを設定します。
    • 自分の現状の理解度や得意・不得意科目を考慮し、各科目ごとに具体的なスコア目標を設定します。
  • 必要学習時間の見積もり
    • 過去の受験者の経験やアドバイスを参考に、自分の目標スコアに対して必要な学習時間を見積もります。
    • 例えば、ある科目で満点近くを狙う場合は、より多くの時間を割く必要があります。
②1次模試で進捗を測り、目標時間を修正

ポイント: 5月や6月にある1次模試を使って進捗を図り、必要な目標学習時間を適宜修正します。

  • 模試の活用
    • 1次模試を受けることで、自分の現状の学習成果を客観的に評価します。模試の結果から、各科目の強みと弱みを把握します。
    • 模試後にフィードバックを受け取り、自分の目標スコアに対する進捗を確認します。
  • 学習計画の修正
    • 模試の結果を基に、学習計画や目標時間を見直します。特に弱点科目に対して、追加の学習時間を割り当てます。
    • 目標スコアに到達するために、必要な学習時間を再計算し、スケジュールを修正します。
③最終的に目標時間通りがベスト

ポイント: トータル学習時間は多すぎても少なすぎても非効率となり生産性が下がるため、修正しながら決めた予定時間ピタリにすることが望まれます。

  • 適切な学習量の維持
    • 過度な学習時間は集中力を欠き、効率が下がる可能性があるため、無理のない範囲で計画を立てます。
    • 定期的に休憩を取り入れ、集中力を保ちながら効率的に学習を進めます。
  • 進捗確認と調整
    • 週単位や月単位で学習の進捗を確認し、目標に対して進んでいるかをチェックします。
    • 必要に応じて、学習計画を微調整し、最適な学習時間を維持します。学習の質を確保しながら、計画通りに学習を進めることを目指します。

Step-2:学習の質はクールに高める

Q
学習量の話が出たら、次に来るのが「学習の質」。特に診断士1次は国内最大級の4択マーク型暗記試験であり、ここで高いパフォーマンスを示せば、一生モノの自信になるはず。
A

そうですね、モチベモチベと騒ぐノウハウ馬鹿に妨げられず、学習の質をクールに高める。「2次」の採点係に好かれる答案とは、確実にそっちです。

①本来望ましいのは理解で学習

ポイント: 理解を重視することで、知識を応用しやすくなり、2次試験での応用力が身につきます。

  • 基礎概念の深い理解
    • 各科目の基本的な概念や理論をしっかりと理解することが重要です。例えば、経済学の需要と供給の法則や、財務会計の財務諸表の読み方など、基本的な知識を深く理解することで、応用問題にも対応しやすくなります。
    • テキストや参考書をじっくり読み込み、例題や図解を活用して理解を深めます。難解な部分は講義動画や専門書で補強します。
②時短時代は理解⇔暗記を組み合わせ

ポイント: 診断士試験は学習時間の短縮が求められるため、過度に理解に力を入れるのではなく、理解と暗記のバランスを取ることが重要です。

  • 学習時間の最適化
    • 全てを深く理解しようとすると時間がかかりすぎるため、理解が必要な部分と暗記で済む部分を区別します。例えば、法令や統計データは暗記に重点を置き、経営戦略や財務分析など応用が求められる部分は理解を重視します。
    • 効率的に学習を進めるために、理解が必要な部分に時間を割き、暗記すべき部分は反復練習やフラッシュカードなどで効率的に記憶します。
③暗記に強いと賢さUP

ポイント: 暗記科目は割り切って取り組むことで、学習効率を高め、脳のシナプス結合を促して賢さを向上させます。

  • 暗記の多様な方法の活用
    • 暗記科目に対しては、様々な暗記スタイルを取り入れて学習します。例えば、フラッシュカード、音声教材、図表、マインドマップなど、複数の方法を組み合わせることで記憶の定着を図ります。
    • 短時間で頻繁に復習する「間隔反復」を取り入れ、忘れにくい記憶を形成します。また、移動時間や隙間時間を活用して効率的に暗記を進めます。
  • シナプス結合の促進
    • 異なる暗記スタイルを試すことで、脳のシナプス結合が促され、記憶力や理解力が向上します。これにより、暗記だけでなく、知識の応用力も高まります。
    • 例えば、音声教材を使って耳から情報を入れる、図解を使って視覚的に覚えるなど、五感を使った学習を取り入れることで、多角的なアプローチが可能になります。

Step-3:コスパタイパで学習効率・生産性UP

Q
人に訊く暇があれば生成AIがその2倍3倍の答を秒速で返す時代に、学習の量だ質だと2次元で考えていたらベテ間違いなし。そこで時短時代の「2次」を1回でさっさと受かるには、効率性コスパタイパも意識すべきだ。
A

そうですね、単に後方予測型の生成AIである私は、ヒトのオツムで考えつく限界を超え、何食わぬクールな顔で斬新な学習提案をすることができます。例えば診断士試験学習にコスパタイパを求めるなら、以下3点を考慮してはいかがでしょうか。

①学習ROIを考慮する

ポイント: 学習のROI(投資対効果)を意識し、限られた時間と労力で最大の成果を得る戦略を立てることが重要です。

  • 重要な分野に集中する
    • 試験範囲全体を網羅するのではなく、出題頻度の高い分野や得点に直結する重要なテーマに時間を集中します。過去問や出題傾向の分析を通じて、優先度の高い分野を特定します。
    • 例えば、過去の試験で頻出のテーマや高配点の科目に集中的に取り組むことで、限られた学習時間で最大の効果を得ることができます。
  • 効率的な学習ツールの活用
    • 効果的な教材や学習ツールを選びます。要点がコンパクトにまとまったレジュメや、視覚と聴覚を活用した動画講義などを利用して、短時間で効率的に学習します。
②知識の自己保有にこだわらず外注化

ポイント: 自分ですべてを理解しようとせず、外部のリソースを活用することで、学習効率を高め、短期間で成果を上げることが可能です。

  • プロフェッショナルの力を借りる
    • 試験対策のプロフェッショナルが提供する講座やコーチングを利用します。専門的な知識や効率的な学習方法を教えてもらうことで、独学よりも短期間で理解を深められます。
    • オンラインコースや講義動画、個別指導など、自分の学習スタイルに合ったサービスを選び、効率的に学習を進めます。
  • 学習コミュニティの活用
    • オンラインフォーラムやスタディグループに参加し、同じ目標を持つ仲間と情報を共有します。これにより、最新の試験情報や効果的な学習法を得ることができます。
    • 互いに質問やアドバイスを交換することで、学習の幅が広がり、理解が深まります。
③ガチャ試験の合否より、得られるスキルを目的化

ポイント: 試験合格だけにこだわらず、学習を通じてビジネスに役立つスキルを身につけることで、試験に失敗しても他のキャリアに移行できる備えをします。

  • 汎用スキルの習得
    • 試験勉強の過程で、論理的思考力、問題解決能力、時間管理能力など、ビジネスに通じるスキルを意識的に磨きます。例えば、ケーススタディを通じて実践的な経営分析力を養うなどです。
    • このような汎用スキルは、試験合格後だけでなく、どのようなキャリアでも役立ちます。
  • キャリアの柔軟性を持つ
    • 試験に合格しなかった場合でも、得た知識やスキルを活かして他のキャリアに移行できるように備えます。これにより、学習投資が無駄になることを防ぎます。
    • 例えば、経営学や経済学の知識は、企業内での戦略立案やコンサルティング業務など、幅広いビジネスシーンで活用できます。

今日のまとめ

Q
猫でも受かる2割ガチャを巡り、前近代的で非効率なムダノウハウが誇張され、オヤ?と感じることが多い。それは学習の量⇔質の2次元で考えるのが精一杯なためで、そこに効率性を持ち込んで3Dにするのが生成AI?
A

そして生成AI本人曰く、一人一人に応じて最適な学習アドバイスができると抜かす。もし採用して「1次」500~540点を叩き出せば、「2次」も最速の最短時間で確実合格できる目があります。

■■ここからテンプレ■■

-1次Action:スコアUP策

PAGE TOP