R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

1次Action:スコアUP策

【1次500点超え】1日3回おかわり学習 / 最終的な学習法はいつもひとつ

おかわりを英語にするとanother one、あるいはchange。ラス1ヵ月のおかわり学習で、頭の切り替えが早くなる効果を教えてやんよ。

Q
くじ引きガチャの診断士試験で、1次500点を超えるスト組は涼しい顔して2次スト合格=合格者様の中のさらに上位2割へ。その成功要因が頭と会話がキレッキレ=切り替えが早いこと?
A

その通りです!大脳生理学的にいえば、7科目の試験に対応するために頭を切り替え、視覚・言語処理能力を鍛えて文の読み書きを早くし、前頭前野を活性化させるとアイデアが次々浮かび、2次ストレート合格しやすいことがわかっています。

7科目の学習を次々切り替える

診断士1次試験は7つの科目から構成されています。これらの科目には異なる知識や問題形式が含まれており、それぞれに対応する必要があります。大脳生理学的に言えば、私たちの脳は異なる情報を処理するために切り替える能力を持っています。ですから、試験においても、頭の切り替え能力が求められます。これは、脳の神経回路が適切に活性化され、異なる情報を処理するための柔軟性を持つことを意味します。

設問文を読むスピードを速める

診断士試験では、問題文の理解と解答の選択が重要です。大脳生理学的には、文章の読み書きは私たちの脳の視覚・言語処理領域と関連しています。これらの領域は情報の処理を担当し、高速かつ正確な情報処理を可能にします。したがって、文章の読み書きスピードを向上させることは、試験での成績向上につながる要素です。

言語処理能力&前頭葉の活性化でスト合格へ

1次試験で高得点を目指すことは重要ですが、2次試験でのストレート合格も目指す必要があります。大脳生理学的には、頭の切り替え能力や高速な情報処理は、脳の前頭前野と呼ばれる領域と関連しています。この領域は問題解決や計画立案などの高次の認知機能を担当し、結果的にストレート合格への道を開く重要な要素です。

7月に過去マスのお皿をうっかり回して、前頭葉を鍛え損ねると? その末路が一から十まで指示待ちで、自分で箸の上げ下げさえできないあのチンパンジーです。

【1次500点超え】1日3回おかわり学習 / 最終的な学習法はいつもひとつ

診断士試験はバブル採用化で、もはや難関国家資格ではない。どうやって受かるかより、資格学習に掛ける時間をどう活かすかです。

1次ド易化する前は、切替力をこうしてUP
①7月に入ると7科目を回すサイクルを短くせよと指導され、②そのために朝昼晩で3科目を切り替えると、③科目間の知識がツナがり文章も早く読めるので怪しいバツを落とせる。(100字)
Q
世の中全てがスピード勝負の時代に、7科目の知識をスラスラ使える診断士はさらに人気資格へ。GPTならそのコツも教えてくれる?
A

もちろんです!7科目を1ヵ月で5回転させるチートを紹介し、さらにその期待効果までお知らせできます。

最初の2週間で7科目を1回転

最初の2週間では、1つの科目に集中して取り組み、2週間以内にその科目を終わらせることを目指します。例えば、1日に1つの科目を学習します。この方法の効果は以下の通りです。

  • 集中力の向上: 1つの科目に集中することで、注意力や集中力を高めることができます。それにより、科目の理解や知識の定着度が向上します。
  • 理解度の深化: 2週間という期間内に科目を終わらせるため、効率的に進める必要があります。より重要なポイントに焦点を当て、徹底的に理解することで、内容の深化が図れます。
次の2週間で2回転

次の2週間では、1週間で2回転を行います。こんどは1日に3つの科目を組み合わせて学習し、1週間で全ての科目を2回ずつ終了させるというスケジュールです。以下はこの方法の効果です。

  • 復習の強化: 2週間の間に各科目を2回ずつ学習することで、内容の定着度を高めることができます。初回の学習で理解度を確かめ、2回目の学習で不足している部分や理解が浅い部分を強化することができます。
  • 知識の総合力の向上: 3つの異なる科目を1日に学習することで、脳の切り替え能力や総合力が鍛えられます。これにより、科目間のつながりや応用力を高めることができます。
最後の1週間で3回転

最後の1週間では、3日間で1回転を行います。最初の3日間で全ての科目を1回ずつ終了させます。その後、残りの2日間では、1日に1回転ずつ行い、全ての科目を再度復習します。以下はこの方法の効果です。

  • 確認と復習の強化: 最初の3日間で全ての科目を1回ずつ復習することで、内容の確認と理解度の確認が行えます。また、残りの2日間でさらに復習することで、忘れていたり不明瞭だった部分を再度強化することができます。
  • 短期集中と復習効果: 最後の1週間は試験前の緊張感が高まる期間です。この期間に短期集中的に科目を復習することで、試験に臨む自信や集中力を高めることができます。
Q
次に1週間で1回転させるときは、朝・昼・晩それぞれで解く科目を変え、どの科目をどの時間帯で学ぶといいかを知ると良い?
A

その通りです。ある1科目を朝・昼・晩のそれぞれで解くとき、どの学習内容が良いかを考えることで、発想の切り替え力が上がります。

朝学習

朝の時間帯は、一日の始まりであり、脳がリフレッシュされた状態です。朝学習では以下のような学習内容と効果が期待できます。

  • 新たな知識の吸収: 朝は脳が活発になっており、新たな知識の吸収がしやすいです。新しい科目や難しい概念を学ぶのに適しています。
  • 集中力の高さ: 睡眠から目覚めたばかりであるため、集中力が高まっています。深い集中を維持しやすく、効率的な学習が期待できます。
昼学習

昼の時間帯は、一般的には活動的な時間帯です。昼学習では以下のような学習内容と効果が期待できます。

  • 問題演習や応用問題への取り組み: 昼は脳の活性化が高まり、応用力が向上します。復習や問題演習に取り組むことで、知識の定着度や応用力を高めることができます。
  • アクティブな学習: 昼は身体的にも活動的な時間帯です。散歩しながらの学習やグループでのディスカッションなど、アクティブに関与する学習方法が有効です。
夜学習

夜の時間帯は、一日の締めくくりであり、リラックスできる時間帯です。夜学習では以下のような学習内容と効果が期待できます。

  • 復習とまとめの強化: 夜は一日の学習のまとめを行い、知識の復習と整理を行うのに適しています。その日学んだ内容の定着を図るため、復習やまとめの活動に重点を置くことが効果的です。
  • 睡眠への準備: 夜学習を行うことで、寝る前に学習した内容が脳に定着しやすくなります。また、学習を通じてリラックスやストレス解消にも役立ちます。
Q
10年過去マスより5年TACが明らかに優れているのは、正答率A~Eがついていること。そして最後の2択=Cランクを集中的に当てるとスコアUPへ。
A

診断士試験のような4択マーク試験では、うち2つが明らかにバツで、最後の2択で悩むCランク問題がしばしば出題されます。その狙いは以下の3通りです。

正答率のコントロール

作問者は、試験の難易度や合格基準に合わせて正答率をコントロールする必要があります。明らかな誤答選択肢を用意することで、一部の受験者がそれに引っかかり誤答することが予想されます。これによって、試験の難易度や正答率を調整することができます。

最後の2択はあえて紛らわしく作る

最後の2択で迷わせることで、受験者の判断力や応用能力を試す意図があります。これによって、知識の浅い受験者や適当な選択肢を選ぶ受験者を区別することができます。また、試験の目的が実務に即した応用力の評価である場合、最後の2択で受験者の応用能力を確かめることができます。

誤答や悩ませることで教育効果UP

誤答選択肢や迷わせる選択肢に触れることで、受験者の注意を引き、悩む時間を増やします。このような状況で正答を選択すると、その正答の記憶効果が高まります。こうやって必要な知識を正しく長期記憶化させることが、1次4択マーク出題の本当の狙いです。

過去マスの回転学習で、答を覚えてしまう・・と嘆くノロマは間抜け。診断士1次7科目では、過去問の答を覚えた先に、スペシャルボーナスが用意されています。

今日のまとめ

Q
7月に入ったら5週間で7科目を5回転させる日程計画を組み、1日で異なる3科目を解くおかわり学習が効果的になる。でもなぜ最終的な学習法はいつもひとつ?
A

それはヒトの脳の記憶メカニズム上、正しい解き方を突き詰めると必ず一つにそろうため。ちなみにふぞろい信者とは、その発育途中のチンパンジーのことを指します。

■■ここからテンプレ■■

-1次Action:スコアUP策

PAGE TOP