おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

1次Plan:学習計画

【2024最新】過去問で始める1次対策 / 今年がダメでも出直しチャンス

受験回数がベテ化するほど受からなくなる試験で、2024年のワンチャンに賭けるあなたに。自他が認める業界最新&最高点の1次の解き方を堂々公開です。

Q
作問採点が毎年変わる2次で、D社勢を筆頭にヘタレが右往左往するのは、1次の解き方が悪いから。たかが4択の1次で低次なノウハウ学習をするからそーなる?
A

月が替わって最初にツッコミ、いやぶっこみを入れるとは、なかなかやりますね。1次高得点の取り方はわかりきっているため、試験合格を目的化して手を抜くとD社になります。

猫でも狙える上位5%。今から週15hなら1次500点を越えて当然。

解き方① 学習計画の立案

最初に学習計画をしっかりと立てることは、学習の方針を確立し、目標に向かって進む上で非常に重要です。計画を細かく設定し、週ごとや日ごとに達成すべき目標を設けましょう。これにより、一つの大きな課題を小さなステップに分割して取り組むことができ、モチベーションも維持しやすくなります。また、進捗予実を測定することで、計画の調整や見直しが可能になります。自身の進捗を把握することで、焦りを感じずに着実に学習を進めることができます。

解き方② 過去問から始めて回転学習

過去問集は実際の試験の傾向や出題スタイルを理解するのに役立ちます。最初に適切な過去問集を選び、それを解くことで、試験の難易度や問題の種類に慣れることができます。3回解き直す回転学習を採用することで、最初に理解できなかった点やミスが次第に減少し、徐々に強化された知識が定着します。回転学習は反復学習の一形態であり、継続的な復習が理解を深め、記憶を強固にします。

解き方③ 不明点をテキストで押さえる「辞書引き学習」

過去問題集を解く際に分からない点や誤答した問題には、付箋やメモを活用しましょう。その後、テキストや参考書に戻って、不明点や誤答の理由を詳細に理解します。これにより、自分の薄弱な部分を特定し、そこを中心に学習を進めることができます。辞書引き学習は、単に問題を解くだけでなく、問題から学ぶことを重視したアプローチです。

【2024最新】過去問で始める1次対策 / 今年がダメでも出直しチャンス

あのヘンテコ2次を涼しい顔でスト合格する上位5%のコツは、自分の力でいろいろ試して次々捨てる。例の余計ばかりで非効率なD社ノウハウの1/5~1/6の労力で楽々500点超えな(当社比)。

解き方❶ 学習計画の立案

Q
長年のD社の右往左往振りの観察から得られた成果が、「1次」は答を覚えてスコアが上がる収穫逓増で、「2次」は覚えるほどスコアが下がる収穫逓減。この法則を活かし、「1次」対策を前倒しに進める一択に?
A

さっそく素晴らしい着眼です。わかりやすくすると、×ネットや動画のコンテンツを観て一々右往左往するのが間抜け。〇自分が選んだチョイスの正しさをその都度確かめ、前倒しを加速するのが上位5%です。

①学習マイルストーンの設定

週15時間の学習で600時間の目標を掲げ、4月末までに7科目を終わらせ、6月末までを直前期、残り5週を最直前期とします。各区切りで1次模試を実施し、学習到達度を模試結果で確認。この段階では、計画的な進捗管理を通じて学習スケジュールを明確にし、試験までの時間を効果的に活用します。

②模試を使って学習到達度をチェック

各区切りの1次模試で学習の進捗を確かめ、模試結果を綿密に分析。弱点を見つけ、不足している領域を特定します。模試を通じて、自身の理解度を客観的に把握し、学習計画の調整に役立てます。

③手応えを掴み前倒しを加速

模試結果を基に、特に弱点となった科目やポイントに焦点を当て、前倒しに学習を進めます。科目は相互に関連しており、前倒しに進めることで相乗的な収穫逓増を図ります。計画を前倒しに進め、最終的な直前期には復習と模試対策に集中。この段階では、緻密な学習計画に基づき、最適なタイミングでの学習を心がけます。

解き方❷ 過去問から始めて回転学習

Q
「1次」易化につれ、学習開始をむしろ12月や2月、3月に後ろ倒しし、「1次」学習期間を縮めて効率化する動きが加速。その最大のメリットは、最新5年分の過去問集から学習スタートできること。
A

一例として、TAC「企業経営理論」の最新2024年度向け過去問集は12/3発売予定。12月からの1次対策開始がベストとされる理由がここです。

①1次7科目をテキストから始めてしまうと範囲が膨大

1次試験の7科目は幅広く、テキストからの学習では出題範囲の広さに対応するのが難しくなります。そこで効果的な学習戦略を検討し、過去問から始めることで出題の傾向や重要ポイントを的確に把握し、無駄な暗記に手間取ることを防ぎます。

②直近5年の過去問は、当てさせたい・間違えさせたい箇所にフォーカス

過去問は4択形式であり、問題が当てさせる・間違えさせたいポイントに焦点を当てている傾向があります。これにより、学習者は出題者の意図を理解し、効率的に学習を進めることができます。特に過去問のひっかけ方のポイントを知ることで、4択マークの選択精度とスコアがダダ上がりする他、2次試験で求められる読解力を高める効果が知られています。

③過去問の3回転学習は、短期反復による知識定着に有効

1次知識の暗記は反復学習が有効であり、過去問集を3回転させることが目安とされています。過去問の反復学習を通じて、問題の構造や解法を深化させ、試験の状況に柔軟に対応できるようになります。このプロセスを通して、持続的な理解と記憶の定着が期待されます。

解き方❸ 不明点をテキストで押さえる「辞書引き学習」

Q
「1次」ド易化と同時に、その対策は過去問から始めることが上位5%の間では既に常識。するとテキストや通信講座の役目はどーなる?
A

そこも素晴らしい着眼で、まず過去問を解いて【学ぶ楽しさ】に気づいておくこと。ここを最初に超えるとテキストでも通信講座でも、【学ぶワクワク】がもう止まりません。

①過去問を解く楽しさに気づいた次に「辞書引き」

過去問を解くと、問題の文脈や答えを追求する中で、その続きの知識に興味を持つことがあります。過去問は知識の断片を提示するだけでなく、広範なトピックを触れることから、テキストに戻る「辞書引き学習」を通じて、解答に辿り着くプロセスが学ぶ楽しさをさらに実感することができます。

②テキスト利用の効果

最初に思いつくテキスト利用では、過去問で間違った箇所を中心に理解を深めることがポイントです。誤答から正答への過程を追い、その背後にある理論や知識をテキストで確認することで、理解度が向上し、学ぶ楽しさを感じることができます。

③格安系通信講座利用の効果

格安系の通信講座を利用すると、リーズナブルな価格で高品質の学習資料や講義を得ることができます。通信講座を通じて、専門的でわかりやすい解説が提供され、難解な内容も理解しやすくなります。これにより、学ぶ楽しさが増し、効率的かつコスト効果的な学習が可能となります。

今日のまとめ

Q
こう考えると、上位5%⇔D友館子飼いのボーダーラインサークルの決定的な差とは、【学ぶ楽さ】に気づくかどうか。そして試験対策として発信する情報の内容も、同じ人類と思えぬ真逆に変わる?
A

最新過去問を最初に解くと45~55点の範囲に
①原則4択の1次過去問は初めて解いてもそこそこ当たり、②解説やテキストに戻った後に解き直せば次々当たり、③最初の知識暗記で苦労することなく学ぶ楽しさに気づく。(100字)

【学ぶ楽しさ】を知る上位5%⇔過去問の答を嫌々覚えるD社信者の埋まらない格差。その違いが、試験対策を最初に始める【第一印象の差】にあることは、200%確実なのです。

4択「1次」を魔法のようにスラスラ解ける面白さを、出版D社にパクられてはたまらない。2024年確実スト合格につながる【1次DLセンター】のコンテンツは、パクリ禁止の当サイト独占公開です。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-1次Plan:学習計画

PAGE TOP