R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

1次Check:効果測定

【TAC模試祭り】成功体験を捨てて謙虚に / G格自慢を4分割

アンラーニング=思い込みを捨てよう、は結構よく聞く。AIの力で4分割したポートフォリオを使い、具体的に納得します。

Q
スクールが衰退してド苦学が増えると、隣と比べた自分のポジショニングが初めてわかるチャンスがTAC模試。で、アンラーニングが望ましいとは、どういうことさ?
A

ボク達合格者は全員仲間!と主張する間抜けと、4分割で考える意見は常に対立します。4分割する場合、勘違い→情弱→思い込みの順に悪化するため、そこでアンラーニングすることで競争優位が実現します。

Step1 勘違い (柔軟性高、情報量少)

短期的な誤解や誤った解釈が生じる状態です。情報の不足や誤った情報に基づいており、正確な理解が欠けています。

ある国家試験に合格した人が、自身の経験に基づいて誤った情報を発信することがあります。たとえば、その人が試験の一部分だけを重点的に勉強し、たまたまその部分が出題されて合格したと主張する場合があります。しかし、この情報は偶然の結果に基づく勘違いであり、他の受験生にとっては誤ったガイドとなる可能性があります。

Step2 情弱 (柔軟性低、情報量少)

信頼性の低い情報に惑わされる傾向や、正確な知識を欠く状態です。情報の選別や信頼性の評価が難しく、思考の柔軟性が制限されることがあります。

平均的な受験者は勘違いの次に、過去問の答を覚えてオツムが固くなる情弱に陥るリスクがあります。彼らはその勘違いを信じ込み、正確な情報にアクセスするスキルや知識を欠いています。その結果、思考の柔軟性が損なわれ、他の有益な情報や学習の機会を見落とすことがあります。

Step3 思い込み(柔軟性低、情報量大)

自身の信念や予想に基づいて新しい情報を受け入れることを妨げる状態です。固定観念や偏見にとらわれ、柔軟な思考が制約されることがあります。

同じレベルの受験者同士で傷を舐めあって情報量が増えると、情弱を脱して自分自身で考えずにネット上の情報を鵜呑みにする思い込みが起きることがあります。たとえば、ある特定の教材や学習法が受験に効果的だという情報を見つけ、それに依存することになります。そしてこの思い込みの段階では、他の有益な教材や学習方法を考慮せず、80分間の合格自慢をうっかりゲロする傾向があります。

Step4 アンラーニング (柔軟性高、情報量大)

既存の信念や思考パターンを見直し、学び直すプロセスを指します。自己成長と改善を追求し、思考の柔軟性を取り戻すことが目指されます。

最終的に、大量ノウハウの保有が思考の柔軟性を妨げていると気づくことがアンラーニングの状態です。自分自身の経験や過去の成功に固執していることに気づき、新しいアプローチや視点を探求する必要性を認識しましょう。この気づきにより柔軟な思考を取り戻し、より最新で効果的な学習方法や戦略に乗り換えることができます。

【TAC模試祭り】成功体験を捨てて謙虚に / G格自慢を4分割

Q
そしてこの試験では、出題範囲の広い「1次」でこそ視野が広がるが、範囲が限られる「2次」を受け続けてしまうリスクが高い。するとただでさえ少なくなってきた脳ミソが余計に固くなり、おベテがループの悲劇が起きる。
A

その通りです!そこで、TAC模試で自分のポジショニングを確認し、思い込みノウハウの危険を察して、そこからアンラーニングをしましょう。

①官僚制タテ組織の崩壊

過去の価値観や情報の独占に頼ったタテな官僚制が崩壊し、情報の自由な流れと柔軟な意思決定が求められる新たな時代が到来しました。これは、個々の才能やアイデアが輝き、オープンでダイナミックな組織文化が育まれるチャンスです。

②VUCAな変化でノウハウ無効化

VUCAの時代は、まるでスリリングなアドベンチャーのようです。既存のノウハウや固定概念が無効化され、新たな知識やスキルを積極的に学び、未知の領域にチャレンジすることが求められます。この挑戦こそが、限りない可能性と成長の扉を開く鍵です。

③持続的成長の実現にはアンラーニング (古い成功体験、ノウハウを蹴飛ばす)

アンラーニングとは、冒険心と探求心をくすぐる魅力的な旅です。古い思考の糸を解きほぐし、自由な発想と柔軟な思考で未知の領域を探索します。そこから生まれるのは持続的なイノベーションの魔法。常に驚きと創造性に満ちた未来を創り出すことができるのです。

Q
たかが1次模試を受けただけで、えらくトクした気分に。そこで「事例Ⅰ」の世界で組織のフラット化が進み、互恵対等なヨコネットワークが重視されるようになった理由を教えて。
A

デジタルにネットワーク化が進む社会では、情報へのアクセスと意思決定のスピードが向上します。そしてより柔軟な組織が構築されるようになった理由は、以下の3段階で説明されます。

情報の分散化とアクセス可能性の増加

デジタルな情報化の進展により、情報の収集・共有・伝達が容易になりました。従来の官僚制タテ組織では、情報が上層部や特定の部門に集中しており、情報へのアクセスが制限されていました。しかし、情報の分散化とアクセス可能性の増加により、組織内の個々のメンバーがより多くの情報にアクセスできるようになりました。

柔軟な意思決定と意思決定権の分散

情報の分散化により、意思決定の権限や責任が従来の上層部にのみ集中するのではなく、組織内の各レベルや個人にも与えられるようになりました。情報へのアクセスが広がったことで、意思決定における柔軟性が増し、より迅速かつ効果的な意思決定が可能になりました。

柔軟で協調的な組織文化の形成

情報の分散化と意思決定権の分散により、従来のタテな組織文化が変化しました。情報を共有し、個々のメンバーが自己責任を持ち、柔軟にコラボレーションすることが求められるようになりました。組織内のコミュニケーションと協力が増えることで、より柔軟で協調的な組織文化が形成されました。

Q
当試験のおベテのように、古いノウハウをうっかり掴むと変化の時流に取り残されて茹で蛙に。その原因が頭がすっかり固くなった、情弱&思い込み?
A

変化の激しい国家試験を、ノウハウで合格できると誤って思い込むと、以下3つの損失が起きます。そうでなく自身のスキルや知識を常に見直し、変化に対応できる柔軟性を持つことが重要です。

変化に対する無気力

古いノウハウに固執してしまうことで、新たなトレンドや技術の変化に対する無気力な状態に陥ります。周囲が進化し続ける中で、自身のスキルや知識が陳腐化してしまい、競争力が低下します。この段階では、自身の成長意欲や学習意欲が低下し、変化に対する適応性が欠如します。

効率性と効果の低下

古いノウハウに執着することで、効率性と効果が低下します。新たなツールや手法の登場により、効率的な作業や効果的な戦略が求められる中で、古いノウハウにこだわることで適切なアプローチができなくなります。結果として、競争力のあるビジネスや試験対策ができず、周囲から取り残される可能性が高まります。

革新と成長の機会の喪失

古いノウハウに固執することで、革新と成長の機会を逃してしまいます。変化に対応し、新たなアイデアや方法を取り入れることで、ビジネスや試験の分野での成長や競争力の向上が可能です。しかし、古いノウハウに縛られることで、革新的なアイデアや新たなチャンスを見逃してしまい、自身の成長が停滞してしまいます。

Q
過去マスで「1次」の答を覚えるにつれ頭が固くなり、そこに余計なネット情報が加わるとキーワード一神教のふぞろい信者に。思い込みのデメリットは、16年間連続イノベーション要素ゼロなこと。
A

アンラーニングが注目され、持続的な成果を生み出すことができる。その理由は、学習と成長を続けながら持続的なイノベーションを追求することで、個人や組織の競争力を強化できるためです。

既存の古いノウハウをアンラーニング

アンラーニングの最初の段階は、既存の常識を否定してみることです。この段階では、自身の固定概念や思考パターンに気付き、それらを疑問視することが重要です。自分自身に対して客観的に見つめ直し、過去の学びや経験にとらわれず、新たな視点やアプローチを受け入れる意識改革が行われます。

学習と成長のプロセス

次の段階は、学習と成長のプロセスです。アンラーニングを通じて、新たな知識やスキルを獲得し、自己の能力を向上させることが求められます。この段階では、柔軟な学習姿勢を持ち、自己啓発の機会を積極的に探求します。新しい情報やトレンドに対して敏感であり、自己の成長のために積極的に取り組むことが重要です。

持続的イノベーションと成果の創出

最終段階は、持続的なイノベーションと成果の創出です。アンラーニングを通じて培った柔軟な思考と新たな知識を活かし、創造的なアイデアや新たな方法を生み出します。持続的な成長を達成するために、自己の能力や経験を活かしながらも、常に変化に対応し、新たな価値を創造することが重要です。

今日のまとめ

Q
「1次」ド易化で学習開始が後ろに倒れ、6月末TAC模試を【本番として】受ければ高得点になるのは当たり前。そこで「謙虚になれ」とは何のこと?
A

「1次」500点⇔「2次」確実スト合格は残念ながら直結しない。確実スト合格するには自分のスコアを鼻に掛けず、なぜ隣の間抜けが情弱なのかをよく知ることです。

■■ここからテンプレ■■

-1次Check:効果測定

PAGE TOP