経営分析苦手回避のメリット:第2~4問まで全て得意化

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。


1⃣必ず最初に経営分析~ルーティン化するまでしっかり

牛や猫でも原則満点の、経営分析をなぜ毎年出題? ふぞベテのれんが一生知らないことをズバリ書くと、簿記(=財務諸表を作る)スキルが不要な当資格において、経営分析(=財務諸表を診ること)が、ほぼ同等の教育効果があるからです。

さらに、経営分析では必ず、収益性(PL)→効率性(PL×BS)→安全性(BS)の順に指標を選ぶ。そうする理由を、個別計算問題+ポエムの第2~3問とのつながりで、確認します。

2⃣収益性(PL)→第2問CVP分析のつながり

ここで第1問の損益計算書をじっと見直す。
売上高
売上原価 ←※
売上総利益
販売管理費 ←※
営業利益
営業外損益
経常利益
画像:矢寿ひろおイラストブログ

だから第1問は経営分析がマストで問われ、収益性は必ず当てさせる。そこが理解でつながると、CVP分析もラックラクです。

【第2問対策】スッキリ1級CVP

CVPの前提には原価計算の知識があり、応用すると事業部の業績評価もできる。診断士にありがちな自己流CVPを避け、理論を強化したい方にはマストと言える良書です。

3⃣効率性(PL×BS)→第3問NPVのつながり

「Ⅳ」第3問ではなぜ必ずNPVが問われ、診断士の主食はなぜ助成金? それは国家的経済政策上、企業に借金させ、設備投資を促すことがマストだからだ。

そこで、①その設備投資はホントに儲かるか、②失敗するとどんなリスクがあるかを真顔で検証。そう考えると、NPVの学習にも熱が入ります。

【第3問対策】スッキリ1級 NPV

イケカコと同じ範囲をCVPとNPVに分けたらこうなった。計算問題に多少の簿記知識が要るのはイケカコと同じですが、解説とテキストの分かりやすさは別格です。

4⃣安全性(BS)→第4問ファイナンスのつながり

最近の第4問は、連結会計ほか謎のポエムが多いが、本来ここはファイナンス知識の指定席。
具体的には、今ここで借金をしても問題ないか、負債比率や固定比率をチェックしておく。
画像:HUFFPOST

企業の立場で言えば、晴れてるときに傘を貸し、雨が降ると取り上げるのが金融機関。甘い言葉にゃ騙されるな。

金融機関の立場で言えば、ホラは吹くけどケツが締まらぬ丼勘定なのが経営者。親切心で貸してる訳では、ありません。

そこでポエム対策なら、「1次」過去問の範囲を学び直し。貸付実務のセンで行くなら、第1問に戻ってCF計算書をしっかり作ります。

【第1問対策】スッキリ1級CF計算書

診断士総出で「重要!」「難しい!」と勘違いするCF計算書は、簿記1級では単なる足し算・引き算で一瞬で解いてしまう。診断士にありがちな自己流を避け、CF計算書の正しい作り方が身に付きます。

今日のまとめ

そう。①試験に受かろう、②周囲より+10点取ろう、③普段と違う実力以上をやろうとするから緊張しまくり、ツルツルスベって今年もドボン。

それより、「財務」「会計」を通じて大切なのは、数字のつながり
経営分析を得意にすると、CVPやNPVにつながり、ファイナンスを経由して、第1問CF計算書に再び戻る。

うん。このつながりが分かると、日曜夜の半沢直樹以上に、次に「Ⅳ」を解くのが待ち遠しくなります。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。