この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【総まとめ暗記術④】低⇔高評価は地頭差

きちんと説明しようとするあまり、話が長くなる。話しながら、今自分はどこを説明しているのか、どこに向かっているのかわからなくなる。
(逆に)ビジネスの場面では、説明上手なだけで、「アタマがいい人」「仕事ができる人」という印象を持ってもらえます。

出典:東洋経済 地頭の良い人は「簡潔な説明」が上手すぎる

【業界最強暗記術④】低⇔高評価は地頭差

教わろう。世間の目で見る、地頭良し悪し

低評価=あたまがわるい高評価=地頭が良い
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1a.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1b.jpg
①結論がなく、自分視点❶「相手にどうして欲しいか」の視点
②話がいつ終わるかわからない❷メモを取りたくなる魔法の言葉
③話が時系列で、同じペースで話す❸難しい話を「たったの30秒」

ほう、あの長文ポエムおじさん⇔当サイトのスタイル差。「地頭の違い」で説明すれば、30秒も要らねぇな。

こらこら、「自分語り」「〃酔い」はのれんの始まり。あの寝言ポエムと一緒にされるのが嫌なら、「上には上が居る」程度は知っとけ。

枝葉を幹にし、暗記をイキイキ

そこで何でも引用で済ませるクソな手抜きサイトらしく。暗記術第④回はこのイラスト本来のオリジナル、きゃっしい様の元記事を引用します。

200%ミライスタイル 診断士採用試験

【きゃっしい特別編】試験までの期間に応じた暗記法 こんにちは。きゃっしいです。今回はこちらのサイトから「従来と一味違う暗…

❶試験までの期間に応じ暗記を変える
・まだ時間がある時→幹を鍛える
・直前期→枝葉を鍛える
❷暗記の基本~用語暗記を鍛える「情報」
幹とは:基本知識をconciseに周囲に伝える言葉
まだ時間がある内に、「情報」の基本知識をコトバで伝える練習をする。それが「1次」暗記強化+「2次」国語教科のWの効果になります。
❸幹:長期記憶化
・覚えたいキーワードが10個ある
・その10個で強引に短文を作る
・余裕があればくだらない挿絵も
❹枝葉:短期記憶の使い途
・実際の試験では、正答率CDの細かい所も出る
・これらをスコアUP用の枝葉知識は直前暗記で
・枝葉を活かすためにも、やはり先に幹を鍛える

今日のまとめ

こりゃ凄い。過去記事1つでトリプル効果

  1. 5~7月の暗記法をズバリ解説
  2. 地頭ブーム到来前にこの内容?
  3. 頭が良い人の文章は読み易い

さらに「地頭の良さ」3要件をフルコンプ

  1. 相手にどうして→暗記法は使い分け
  2. 魔法の言葉→枝葉と幹の使い分け
  3. 難しい話→1~2分でスラスラ読める

ねぇねぇ、のれん⇔このクソサイトは敵対関係。昔の知り合いとはいえ、なぜ迷惑顧みず今更引用?

そりゃ、「地頭3要件」をよっく嫁。地頭上手=説明上手だろ?

そして当試験の第一加点基準はキーワード。次に、第二基準は「地頭の良さ」だからです。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP