R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

★ToーDoチーム学習

【受験2年目の教科書③】超速合格への国語力UP / TAC正答率A~Eランク

採点係46名の直筆=「1次」4択を使って国語を伸ばす

①あの誤答箇所は試験委員にとっての「ここぞ」であり、②誤文に注目すると重要知識から順に身に付き、③実務や情報発信で使い倒すと知識&国語がWで上達へ。(100字)

知識⇔国語のどちらから伸ばすか悩むあなたに朗報。「1次」を使う一石二鳥で同時に伸ばすコツと効果を紹介します。

2次お勉強などしてんじゃねーよ!主催側は1次推し
①2次の2割ガチャ化を強引に進め初学有利を打ち出すのは、②今のビジネス課題解決=スピード重視の波に乗り、③1次7科目の教育効果を最大化する狙いと思われる。(100字)
ベテふぞが国語に弱い理由は、答を覚えるお勉強
①採点係好みの国語力UPにはその直筆に学ぶのが一番で、②点差の開く正答率C=国語ひっかけと分かり、③そのバツを自分の言葉でマルに直す知識&国語が顕著に伸びる。(100字)
事例が極端に難化した2次。見方によっては超易化
①80分で解けない設定の事例Ⅰ~Ⅲは根拠の使い残しOKで、②与件文全てを目を皿にして探し回る必要はなく、③1次で国語力、2次でコミュ力を鍛えるとひたすらモテる。(100字)

与件根拠ひたすら回収業とからかわれるベテ&ふぞアレの真逆を加点対象にするなら、「1次」嘘つき4択で国語を鍛えるのがベストと決まります。

今日のまとめ

Q
「1次」4択を一定以上のペースでやりこんで500点を軽く超え、そこで鍛えた知識&国語で「2次」をあっさり当選。それがイマのガチ勢
A

2年連続1,600名超え採用を実現し、これからの診断士は大航海ならぬ大採用時代へ。もちろん先手を打って一番乗りするのが一番儲かります

■■ここからテンプレ■■

-★ToーDoチーム学習

PAGE TOP