★ToーDoチーム学習

【40分でA答案】ツナがる3がラッキーナンバー

「2次」の作問採点が毎年変わり、過去問の答を覚える勉強=OUTと全員気が付く。そこで初学⇔経験者を問わず、2023年「1次」を受ける予定の方は、 答を覚えない方の過去問集を7冊セット1万円強で入手しましょう。
■■テンプレここまで■■

お知らせ:今年の最新A答案〜10/22(土)最終公開セルフ模試

【喜びの声続出】ふぞろい・多面・切り口の並列列挙をやめたら、80分でAだった
ふぞろいでない最新A答案をみんなでカンニング
■採点係好みの因果を書いてA評価
■「企業診断」バックナンバーをお持ちなら、セルフ模試合流可
〃お持ちでない方も、模試答案「だけなら」共有化(※)
※違法コピーで事例を解くのは厳禁ですが、その答案=構文の使い方を参考にできます。

ふぞろい=8割落ちるなら、アレの逆やりゃ8割受かる。ホントかい?と目を疑う方は、こちらからお申込みです。

「企業診断」掲載事例を一緒に解いた、みんなの感想
本命:ふぞろいいじりの根拠マシマシ
対抗:超絶知識をあえて書かせてベテ落とし
本試験は、超絶知識〜マシマシで想定内に
主催・受験・スクールの3者が競う時、実は一番進化したのがスクール事例
①デジタル社会では与件企業を本試験並みに細かく描くのも簡単で、②事例Ⅰ~Ⅲ混在の傾向も反映し、③そう来たか・・と唸らせる超絶解答も登場。(100字)
スクール事例で再確認。使う3つの根拠は離して置かれる
①そりゃ与件を読んで使う設問を考えるから80分に間に合わず、②1問毎に使う根拠を3つずつ探す設問別マーカーが発達し、③並列列挙⇔因果の違いがスコアの差。(100字)

今日のまとめ

Q
そうか、一見異なる資源を3つ見つけて、ツナいでビジネス。だから与件の根拠は離して置かれる?
A

そしてVUCAや変化の時代に、一本足の経営や決め付けはリスクが高い。資源を3つ=鼎にすると、リスクを下げて答が一番安定します。

■■ここからテンプレ■■

-★ToーDoチーム学習

PAGE TOP