【slack会員募集】長時間勉強したのに低評価

採点係視点では、事例のノウハウ・パターン化・決めつけ行為はOUT

英語:結論と語順の意識でアサーティブ
数学:デジタルにファクトを捉える
国語:わかりやすい国語で伝え、難しい与件も読みこなす
★採点係好みの加点=これからのビジネスで活躍する人材

ふぞ15発売延期で、総合バトルのベテ冷遇が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

■■テンプレここまで■■

受験経験者対象のslack会員は3/7受付終了で、現在27名。好評にお応えし、今日と次の内容紹介が終わり次第もう一度告知な。

当記事はYouTubeでも配信中
ふぞろい!おそろい!みんな来い!
試験当落がコロコロくじと化し、昨年時点で合格実力十分なのに、なぜか10月再試験に回されたあなた。ネットやSNSに合格の喜び溢れる上に、合格までの所要時間が年々縮まり、焦る一方?(100字)
画像:東洋経済 「頑張っているのに評価されない」嘆く人
Q
いや、たまスト君とは①地頭が良く ②国語の語彙やセンスに溢れ、③SNSでキラキラ★輝き情報発信力が高い。加齢・低ノウ・センスゼロのオイラにゃ、スクール30万円お布施するしか手がないね?
A

こらこら。それでもお布施したいなら、せめて「1次」「2次」両方を教えるスクールへ。「2次」ベテ化を避ける工夫が窺えます。

【slack会員募集】時間を掛けて良いのは、正しい知識の長期記憶化

表面上の受験テクニックやノウハウでなく、正解知識やその使い方を教えてくれるのが良識系スクール。ただフルセットでのお布施は30万円覚悟の上な。

2022年流行その①:TBC抽象化ブロックシート
「2次」採点が受験テクニックやノウハウを嫌い、知識重視と知られると、最初に殺到するのがブロックシート。本番で余計な知識を書いてしまうリスクを避ければ、効果大です。(100字)
2022年流行その②:EBA100字訓練
知識の次に問われるのが、採点係を納得させる国語力での読みやすさ。刺激が足りず飽きやすい点を除けば、EBA100字訓練がベストチョイスになるのは自然です。

両校ともに「1次」知識前提で教える良識系スクール。ただ信者層=ベテであり、あの超絶すぎる知識は必要ゼロです。

2022年流行その③:200%バツマルドリル
「1次」過去問5年分とは、「2次」採点係45名が教えたい知識の結晶に。過去問回せば猫でも受かる「1次」易化時代では、2年目の学び直しで与件の行間を読む国語力を磨きます。(100字)

秋の新作事例が問うのは、受験テクニック・ノウハウの蓄積でなく、初見のクエストに正しく答える瞬発的な現場対応力。ダラダラ勉強でなく、機敏な学習・学び直しが今年のマストな。

今日のまとめ

合格目的サークルの真逆:自分に役立つ、試験のツール化
当試験はベテ排除し、地頭たまたま優遇採用するので受験初年度はアレでOK。2年目はその真逆で、第一ボタンから掛け直さないと、まさかのふぞまっしぐらに。(100字)
Q
そうか、試験の当落は2割のくじだから、2年目ふぞで合格しないこともない。だがどのスクールも非キーワード・反ふぞろいを鮮明にする傍ら、今年もふぞまっしぐらが例の誘導館ステマ系
A

企業が求める人材像は、短時間で成果とアイデアを出せる奴。長時間勉強するから合格させて!では、誰も採用などせずせいぜいステマの刑です

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。
ベテはなぜ、毎年懲りずにベテベテ落ちる?その理由は、小難しく格調高い与件文の読み過ぎで、答案にまで難解でわかりにくい文章を書くため。