今年の7月は暑くなりそうだ、そして暗記で頭がアツくなりそうだ? その心の準備ができたあなたのために、業界一クールな1次の解き方を7/4から連載開始です。

自分のオツムを熱くするより、隣の滑った転んだをからかう方が試験の準備はクールに進む。熱帯化が進む21世紀の試験対策に、これはもう期待しかありません。

★ToーDoチーム学習

【公開セルフ模試】上位5%のスマート答案 / 80分でA答案のデジタル化

上位5%同士で手を組む利点は、普段のビジネススタイルを持ち込むと、それがそっくり相乗効果に。その合言葉は、余計なコトをハナからやらない【スマートさ】です。

Q
よせばよいのに「もがく!」「あがく!」を連呼して、そのたまたま合格を自らゲロした同友館勢。そんな間抜け面を晒すと、職場の後輩にバカにされない?
A

そこそこ企業でも若手の離職が問題化するのは、デジタルネイティブと呼ばれる彼らには、そのもがく!あがく!の精神論がバカらしいから。そして余計なコトをやらない【スマートさ】が好感されます。

①デジタル時代の競争激化

現代はデジタル時代として知られ、市場は以前よりも競争が激化しています。新興企業が次々と登場し、既存の企業もデジタル変革を迫られています。この競争の激化は、どれだけスマートにビジネスを展開できるかが生死を分ける要因となっています。競争相手を凌駕するためには、デジタル技術を活用し、情報を最大限に活かす必要があります。

②情報の取捨選択がカギ

情報の洪水の中で、真に価値のある情報を見つけ出す能力が勝負のカギです。情報過多の状況では、無駄な情報に時間を費やすことは、競争の激化において致命的な失敗につながります。情報の取捨選択は、競争相手よりも優れた情報にアクセスし、それを活用して戦略的な意思決定を行うために不可欠なスキルです。

③スマートに捉えて生産性UP

情報を適切に取捨選択し、デジタル技術を駆使することで、生産性を飛躍的に向上させることができます。スマートなアプローチは、無駄な作業を削減し、重要な仕事に集中する手段として機能します。生産性の向上は、競争相手に差をつけ、ビジネスの成果を最大化する重要な要素です。

【公開セルフ模試】上位5%のスマート答案 / 80分でA答案のデジタル化

試験の世間の共通点を使う
もしスト合格狙いなら、①生成AIにデジタル答案を先に作らせて型を知り、②与件のマシマシ根拠は使い残しOKと判断すれば、③同友館の古いノウハウに戸惑うことなく80分でA答案を十分書ける。(100字)

官庁側の思惑は合格者数をひたすら増やし、試験委員の思惑は受験者を増やしてマイ学問を拡販。両者の思惑が一致すると1次重視+2次学習量時短の一択になり、スト合格率がひたすら上がります。

スト合格率の増加=試験より世間
主催官庁+試験委員の思惑が一致すると、ベテ専スクールのお寒いノウハウは一掃され、世間のセンスで試験を解くのが有利になるのは当然。

①デジタル時代の競争激化

Q
こんなクソガチャ試験をスマートにさっさと卒業するには、アナログ→デジタルへの転換がマスト以上。世間で進むデジタル化のコツを教えて。
A

そうですね。では今デキる、モテると言われる、デジタルな働き方のコツを3点紹介します。

①デジタルツールを積極活用

デジタル時代においては、デジタルツールを積極的に活用することが不可欠です。クラウドベースのプロジェクト管理、ビデオ会議、データ分析ツールなど、デジタルツールを駆使して業務を効率化し、情報を共有・保存しましょう。

②コミュ力UPでアイデア浮上

デジタル環境においては、リモートコミュニケーションが活性化します。異なる場所にいるチームメンバーやパートナーとリアルタイムでコミュニケーションを取り、アイデアを共有しやすくなります。コラボレーションを強化して新しいアイデアを生み出しましょう。

③アイデアはデジタル上で即実行

デジタル時代にはアイデアの実行が迅速に可能です。デジタルプラットフォームやツールを使用してプロトタイプを迅速に開発し、市場でテストできます。デジタル化により、アイデアから実行までのスピードが飛躍的に向上します。

②情報の取捨選択がカギ

Q
変化でVUCAな時代には、まずやってみるアジャイル⇔9,000人の負け残りを選ぶD社のキーワード戦略の2択ができる。ではなぜ上位5%は、9,000人の入門書であるふぞをからかう?
A

それはお受験マーケットの市場特性にあり、上位5%のスマートなコツ(イノベーター)⇔同友館ノウハウ(万年フォロワー戦略のマジョリティ)では、後者の寝言が発信される量が圧倒的に多くなるためです。

①アジャイル重視でまずやってみる

浮かんだアイデアの実行においては、アジャイルなアプローチが有用です。アジャイル開発は、小さなステップで試行し、フィードバックを受けて迅速に修正する方法です。これにより、アイデアを具体化し、問題点を特定しやすくなります。失敗しても早期に学び、次のステップに進むことができます。

②ノウハウの真贋を見分ける目利きを

アイデアの取捨選択では、成功確率の高いものから優先的に取り組むことが重要です。データや市場調査を通じて、実行可能性や需要のあるアイデアを特定しましょう。目利きが優れたアイデアを優先的に選び、リソースを集中的に投入します。

③上位5%のコツを掴むと、D社ノウハウは全不要

アジャイルなアプローチは、失敗を許容し、改善に向けた柔軟性を提供します。そして成功するためには、最初にどのアイデアを試すかの目利きが重要になります。正しいアイデアを最初に見つけるために、情報のスクリーニングプロセスの精度を高めましょう。具体的には、上位5%が80分でA評価を書く時には余計や無駄な動作がほとんどなく、出版D社が吐き散らかす寝言ノウハウがいかに不要で無駄かを実感することができます。

③スマートに捉えて生産性UP

Q
試験も世間もデジタル化→情報の取捨選択でスピードUP。すると最後に来るのはスマート思考で労働生産性の向上?
A

これまでの大量消費社会においては、年端もいかないおこちゃま合格者を年24匹集めて年1万円の小遣いでブラック労働させる、同友館のような使い捨て戦略もアリでした。しかしこれからは、スマートに試験に受かり、D社と比較にならない価値を生み出す、トップパフォーマー層が増えると考えられます。

①スマートを目指すと無駄が減る

スマートな働き方を意識することは、無駄な活動やリソースの浪費を減少させます。デジタルツールを活用し、情報の取捨選択を徹底的に行うことで、効率的にタスクを遂行し、無駄な時間やエネルギーを節約します。

②試験も無駄を減らしてスマートに

スマートな学習法を採用することで、試験学習においても無駄を減らすことができます。重要な情報を的確に収集し、焦点を絞った学習を行います。これにより、時間の効率性が向上し、効果的な学習が可能となります。

③新たな価値を生み出すトップパフォーマー層

スマートな働き方や学習を実践し、トップパフォーマーが試験に合格し、新しいアイデアを実行することで、国内全体の労働生産性が向上します。診断士試験のあの難しすぎる事例いは、トップ層の効率性を高めることで、新たなイノベーションを促進し、経済全体にプラスの影響を与える狙いもあるのでしょう。

今日のまとめ

Q
ふぞ16でうっかりもがく!あがく!の本音を連呼し、底辺合格者の名を欲しいままにする同友館勢。その古臭いウンコノウハウをうっかり掴まされないのが、今年で一番モテるスマート合格?
A

難関国家資格⇔スマートどちらが好み?
①もがく!あがく!を連呼して難関資格合格を2割で勝ち取る手はあるが、②その盛った似顔絵+精神論は職場で嫌われ、③デジタル×スピード=スマートが普通に世間で好まれる。(100字)

明日から募集開始の【全国公開セルフ模試】では、上位5%のスマート答案が見放題に。そして80分でA答案のデジタル化を猛スピードで加速します。

■■ここからテンプレ■■

-★ToーDoチーム学習

PAGE TOP