おベテの暇つぶしの道具に使われ、世間の役立たずどころかノロマ扱いでしかない、診断士Ⅳ固有の電卓パチパチ勉。その真逆で「Ⅳ」CVP~NPVを猫でも得意化するのが、今回のGW特集5回シリーズ「マンガでわかる管理会計」です。

★ToーDoチーム学習

【先読み採点基準】特定スクール狙い撃ちで多様化 / お受験あるある×銘柄分散

万年おベテ→例の超絶校と、試験に特化しようとするから採点を変えて狙い撃たれる。そこで視点を入れ替え、ウチは【試験より世間】重視で行きます。

Q
そりゃ生成AIの時代に、手書き100字のマスを書かせる設定自体が、時代錯誤で間違いそのもの。
A

そもそも論として、その指摘はアリでしょう。あの100字手書きがおベテの原因と主催側が考えている場合、2次対策は、【短期×分散×瞬発】が有利と思われます。

①短期学習

短期間で集中的に取り組むことによって、限られた時間内で効率的にスキルや知識を習得することができます。特定の目標を迅速に達成するために有効です。資格試験の場合、限られた日数や期間内で準備をすることで、スケジュールの調整や集中力を保つことがしやすくなります。

②分散学習

投資の分散は、リスクを複数の資産や市場に分散させることで、全体のリスクを軽減しようとするものです。これにより、一つの投資先が悪影響を受けても他の投資先がリスクを相殺することができます。資格試験においても、異なる科目やトピックに均等に時間を割り当てることで、バランスの取れた知識を身につけることができます。

③瞬発学習

瞬発学習は、迅速に新しい情報やスキルを吸収し、その知識を即座に活用する能力を指します。これは急な状況への適応力や、短期的な目標達成に有効です。資格試験においても、効果的な学習戦略を用いて短期間で必要な知識を吸収し、試験に合格することが可能です。

【先読み採点基準】特定スクール狙い撃ちで多様化 / お受験あるある×銘柄分散

この試験の主催者は、自称ノウハウ・超絶スクール・お受験サークルを問題視している可能性が高い。そこでいつもの通り、ベテとふぞのわかっていない合格自慢の真逆に分散投資な。

デジタル前の情弱銘柄~お受験あるある5選
①試験合格が目的化して100字手書きに夢中になると、②スクール通学⇔ぼっちド苦学を問わず視野が狭くなり、③どのスクールの模試でも上位を占める練習場キングなベテも出現。 (100字)

このデジタル時代に、バイトル講師がキーワードでヘタクソ採点するTAC模試の結果を1ヵ月も待ちぼうけしてどーする? 試験の時流はさっさとその先を行きます。

お受験あるある~伝統的5銘柄

Q
とはいえ何が最新で、どれが古いかを知らないと、銘柄選びは難しい。結局何をやってもコロコロ2割と笑われる、伝統的な方の5銘柄を教えて。
A

はい。どのみちコロコロ2割で8割落ちることがわかっている試験では、古い方の伝統的銘柄に依存しても2割で受かります。そこで以下に示す留意点に気を付けましょう。

①試験合格こそが目的!

このタイプの受験生は、合格のみを目指すあまり、試験に出題される知識やスキルの実用性や実務への応用に焦点を当てません。さらに合格のために無理な勉強を続けることで、心身の健康やバランスを損ねる姿もしばしば見かけます。

②100字マス目の手書きに夢中

このタイプの受験生は、小さなオツムでやっと覚えた古くさいキーワードや手法に過度なこだわりを持ち、本質的な内容や論理的な表現よりも、答案に詰め込んだキーワードの数だけを追求する傾向があります。結果として、必要な情報を的確に伝えることよりも、日本語としての文章が破綻することがしばしば起きます。

③うっかりスクール通学

このタイプの受験生は、高額なスクールの授業料を支払い、スクールに依存する一方で、自主的な学習や自己管理の能力を養うことができない場合があります。過度な期待と依存により、結果的に自己成長や自己研鑽の機会を失う可能性があります。

④コミュ障がぼっちでド苦学

このタイプの受験生は、孤立して努力を続ける一方で、人間関係やコミュニケーション能力を無視することで、将来の実務で必要となる人間関係構築やチームワークのスキルを欠く可能性があります。

⑤模試は常に上位のおベテ勉

このタイプの受験生は、模試のスコアを目標とし、そのために無理な勉強を続ける一方で、自身の弱点や成長の余地を見落とすことがあります。結果的に、得意分野に偏った知識やスキルしか身につけない可能性があります。

ここで最も避けたいのは、模試常連のおベテ勉。仮に試験に受かっても使い道の一つもなく、受験生のみなさん!相手のマウントが精一杯に。

分散候補の新作5銘柄

Q
一方で、合格発表前の再現答案晒しで裸踊りをした超絶校が、採点基準を変えて狙って落とされ、姿を消したとの都市伝説まで。おっかないから、欠陥SNSは使わないのが吉?
A

当試験ではフィルターバブルによるオツムよわよわ効果を予て警告しています。SNS依存の間抜けが増えたと思うとぞっとしますが、そうでない分散銘柄もちゃんとあります。

①クソな国語の2割ガチャ

あのヘンテコ試験はどうせ2割のガチャと割り切ることで、試験の難易度や科目に対する過度なストレスを排除し、自身の得意分野や強みを活かして対策を進めることができます。国語の難易度を見極めることで、全事例で平均的な好スコアを獲得できるため、バランスの取れた合格が可能になります。

②生成AIが5秒で代替

生成AIが5秒で書ける答案を遥かに下回る100字の手書きにムキになることを避け、AIやテクノロジーの進化を活用して学習戦略を構築しましょう。AIによるテキストの生成支援と、人間の洞察力や判断力を組み合わせることで、より高度な解析を行い試験にアプローチすることが可能になります。

③試験より世間

試験で視野が狭くなると人生いろいろ損だとわかってきたため、試験の枠を超えて最新のビジネスや社会動向を学び、専門知識を現実世界に結びつける動きが高まっています。試験の内容にとらわれず、幅広い情報を取り入れることで、より実践的な視点を持ちながら試験に臨みます。

④ド苦学よりネットワーク

一人でド苦学するよりも、他の受験生や専門家とのネットワークを活用することへの注目が高まっています。情報共有や相互サポートを通じて、新たなアイデアや切り口を得ることで、効率的な学習を実現するでしょう。

⑤模試は新作事例入手の場

スクール模試は試験の準備として捉えつつも、模試の結果を分析し、不足している分野や知識の特定に活かします。有料の新作事例を活用することで、過去問に偏重することなくより実践的な学習を行い、安定確実な試験合格の助けになります。

今日のまとめ

Q
生成AIの時代に入ると、キラキラ★情報発信する側⇔受け入れて流される間抜けの二極化がさらに進むはず?
A

80分で解けない事例が求める時短
①年1回の試験より世間が遥か先を行く時代では、②試験はせめて時代錯誤のノウハウを避ける様に作問採点するため、③お受験あるあるを採用するか真逆に動くかはその人のセンス次第に。(100字)

この試験で過去問ばかりにムキになる間抜けは、総じて頭が固くて視野が狭い。そこでその真逆で採点基準の先読みを進めます。

■■ここからテンプレ■■

ベテやふぞが過去問の答を必死に覚えてその小さなオツムを固くする隣で、柔軟な話題にさっと答えてタイムマネジメント力をダダ上げする【過去問RTA】。世間の誰も気づかぬ内に、今年R6の「2次」対策は既に春爛漫の満開モードです。

-★ToーDoチーム学習

PAGE TOP